東京外装メンテナンス協同組合

外装のトータルメンテナンスはTECにお任せください

全体表示

[ リスト ]

RESTORATION
〜ちんちん電車で行こう!〜
〇はじめに
皆さま、コンニチハ!
梅雨ですねぇ〜、湿度がハンパない!おまけに仕事も予定が狂っちゃう('c_` )
予定が詰まると困りますよね。嘗て、「窓ふき殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の二日も降ればいい。」とウマいこと言った人がいましたが、本当に雨には悩まされます。
でもね、そこは一つ余裕をもって仕事しないとね。焦って、事故に発展したら大変ですものね。
Hit and breakじゃなくて、Carefully and safelyで行きたいものです。
 
 
ということでいきなり本題なのですが、皆様もご存じの通り、今年に入ってから都内でガラス清掃中に墜落死亡災害が3件も発生しています。
これはいったいどうしたことかと?単なる偶然では済まされないわけで…、まさに緊急事態ととらえなければなりません。
 
それにしても、特別教育がスタートしたのにそして各社では、調査記録表や作業計画書の充実も図ったり、安全に関してはシステム上向上しているハズなのに……何故?
理屈上は災害が減少してしかるべし、しかし、決してその傾向にはないわけで、
そこには何か理由があるのでしょうか?
僕らのイクイップメントは以前から比べれば進化、進歩しているし、ある意味 落ちたくても落ちることができないくらい劇的な進歩をしている。
が、しかし、悲劇が繰り返されているのはどうしてなんだろう???
 
作業計画を作成して、これで良いのだ!と思っても、それが果たして良いものなのか否か?一体だれが判断するのか?ジャッジは誰が…?
また、従前より安全に関する手順資料なんかも作成しているのに、そして品質の向上を行っているにも関わらず、これらの労力は受注価格に反映されているのでしょうか……?
 
 
○仕事への取組み
災害の一つのファクターとして、あくまで一つなのだけど、僕らには余裕がないのではないでしょうか?
ロープの取り付けに関しても,常にひと手間加えるべきだし、作業環境、いうなれば、作業インフラの構築は僕らにとって必要不可欠です。
ムリな作業を行わないためにも、各社がしっかりとした環境基盤を作業者に提供できなければ、災害はついてまわると思うのです。
ヒューマンエラーは、ほとんどが社内のシステムエラーを要因とすることが多くあると思うのです。
そして、決して急がない慌てないこと!
急いでやれ!安全にやれ!事故をおこすな!!と相反することをすべてやるなんて無理でしょ。
あれ?と思ったときは一旦立ち止まる、そして考える。
疑問や不安に思ったときは、手をとめて、今やっていることを振り返る。通信手段としてトランシーバの導入などで、わからないことがあった時には逐一ホウレンソウです。
でもね、それらのことを勘案すれば、いくら自由競争といえども、受注単価も高くしなければやっていけませんよね。
 

〇ちんちん電車
僕の街には2両編成のちんちん電車が走っています。ずいぶん昔からみんなをのせて走っています。
車両こそ現代風にかわったけど、時に人が走るよりゆっくり走っています。
 
 
イメージ 1
 
                                                                                                     写真はイメージです。
 
この電車で災害が発生したことなど聞いたことはありません。たしかに車両の不具合で一時運航見合わせなんてことはあっても、人身災害なんて記憶にありません。
何故?ってゆっくりだから、
あまりにゆっくり走ってくれるので、飛び込み自殺なんてあろうはずもありません!だって飛び込んでも死ねないですしね。
人が持つ能力の許容範囲を超えず、ゆっくりとそして確実に人々を運びます。
 
僕ら、どこかで急いでいませんか?余裕はありますか?
教育は当然のことながら必要でしょう。だけど、いくら有資格者でも、ゆっくりとそしてじっくりとできる環境があってのことではないでしょうか?
 
 
〇まとめ
TECとしては、ここで声を上げるべきだし、そのことが変革のきっかけになるのではないか?と思うのです。
少なくとも、TECメンバーの企業に従事している作業者だけでも災害から守ることが急務なんです。(できれば業界全体の作業従事者を守りたいけど…)
 
そんなこんなで、今期組合には急遽「安全研究委員会」が設置されました。
できたてホヤホヤの委員会ですが、災害の原因究明〜再発防止を研究し、組合員、賛助会員とともに話し合う場を設けていきます。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 


                                                                                           写真はイメージです。


 
というわけで、いきなりですが、今回はこれにて〜(__,)/~~
また2か月後にお会いしましょう。デハデハ(^o^)/

Don'tmissit                           
これらも災害ファクター、再発防止についても究めていくTECにご期待ください。


                           
                                                                                                 
イメージ 12東京外装メンテナンス協同組合 





                                                                                                      (投稿者M.H)
 







閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事