東京外装メンテナンス協同組合

外装のトータルメンテナンスはTECにお任せください

全体表示

[ リスト ]

 
               専用特殊養生材の製作と設置
 
今回は、建物管理会社様より「新築現場で窓ガラス清掃時にロープの接触箇所を壊す恐れがあるので、何か方法はないか?」とのご相談を受け、専用の特殊養生材の製作・設置と作業実施をした事例をご紹介します。
                                       
 
(1)屋上ルーバーフェンス養生材設置
 
イメージ 1
                     ①屋上ルーバーの状況
                    アルミ製のルーバーで、H鋼の位置より高く補強材も入っていない
                     為、ロープ等の荷重がかかると破損させてしまう。
 
 
イメージ 2
                     ②単管を組み、ルーバー養生を設置


イメージ 8



イメージ 5
               ③作業実施
              ルーバーに干渉すること無くロープ作業にて窓ガラス清掃を実施
 
 
(2)出窓屋根のステンレス部養生材製作

イメージ 6
                     ①出窓屋根のステンレス部状況
               出窓屋根に設置のステンレス部は接着施工で、出幅50mmの
                      庇形状、また先端がナイフエッジとなっており、巻き付け養生や
                      通常の角当て養生ではステンレスを破損させたり、ロープ切断の
                      可能性が有る。
                   
イメージ 7
                     ②屋根の形状を利用し角材とアルミ角当てを固定して専用の
                     養生材を製作
   
イメージ 4
 
 

イメージ 3
                     ③作業実施
 
今回のようにちょっとした工夫で作業はできますが、本来なら設計の段階で、付帯設備として専用養生設備等を設置すべきだと思います。メンテナンス設備まで考えて設計施工してある建物は非常に少ないのが現状です。

我らがTEC安全研究委員会の本多委員長が提唱する「人が落ちたくても落ちない作業環境」のためには、建物所有者様、建物管理者様に建物設備の安全環境を充実して頂くことを切に希望するばかりです。
 
 

東京外装メンテナンス協同組合
                                                         投稿者K.K
イメージ 7












 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事