工場萌え

[ リスト | 詳細 ]

夜の工場は光り輝く別世界。
最近は「工場萌え」なんていうブームがあるようですが、
本家に負けないような工場夜景写真をお届けしております。
記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

日本製紙石巻工場


イメージ 1
Olympus OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

日本製紙石巻工場は、東日本大震災後、驚異の復活を遂げた。
大規模な津波被害を受けて復活した数少ない事例の一つだ。

日本の出版用紙の4割、印刷・情報用紙の1割が生産される工場は24時間止まることはない。

イメージ 2
Olympus OM-D E-M1 + nokton 17.5mm f0.95

製紙工場はだいたいどこも大規模でモクモクと白い煙を出す煙突が特徴的だ。
石巻の海側の地区はほとんど何もなくなってしまったので、特にその存在感は圧倒的である。


イメージ 3
Olympus OM-D E-M1 + nokton 17.5mm f0.95

ここが止まれば、日本の経済活動が止まる。力強さを感じた。

同時に、周囲との温度感も感じる。

イメージ 5
Olympus OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

工場から離れると、残念ながら一面の「荒地」である。
東北の東海岸の至る所が同じ状況だが、
表面の見える瓦礫は少なくなっても、土台は残ったままの「荒地」だ。

イメージ 4
Olympus OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

そんな中でも残った空き家があったが、今年の2月に連続放火事件で燃やされてしまった。
すでに容疑者は逮捕されているが、自身も被災者だったそうだ。どういう心境なのだろうか。

工場と、土台の残る空き地と、残されたもの少々。

開く コメント(0)

いつもの場所・2

工場夜景の聖地、川崎・千鳥町ですが

イメージ 1

1MBを超える画像は勝手に縮小されるのか。

自分にとってはありがた迷惑な機能だな。

イメージ 2

縮小しても一枚で900kbくらいある写真を貼ったら、それで終わりだなー

うーむ。10GBに容量増やしたなら、そっちの容量も上げればいいのに、と素人は思う。

イメージ 3

メタリック感を出すには、カメラの設定と後工程にちょっとした工夫が必要だ。
大した工夫でもないけれども。

イメージ 4

トラックが走ると揺れる千鳥橋は相変わらずだが、
旧貨物線路の上にパイプラインが通って、若干見通しは悪くなった。

世の中、時間が経てば経つほど、便利になっているのか、
住みにくい世の中になっているのか、よくわからなくなってきた。

やれやれ。

開く コメント(0)

いつもの場所

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

しばらくぶりにきたら、線路沿いに高いフェンスができやがった。
ここもすっかり観光地みたいな感じで、今更だけれども。

イメージ 4

イメージ 5

少し病んでる時のほうが、写真はキレッキレになるな。

イメージ 6

数年ぶりだと、ブログが10GBまでOKになったり
いろいろ機能が追加されていたり、新鮮だが、
本人はあまり成長した気がしない。
学んだことは多いが、失ったものも多々。

本当に大切なものの価値は後から分かるもの。

開く コメント(4)

はー、ぱっとしない天気だなぁ。。。

そうそう、みちくさ学会の三回目の記事上がりました。
ガス灯を求めてぶらり旅(東京編・前編)〜ガスから始まった明るい世界(2)

ガス灯から始めて見ちゃったものの、それはそれで面白いのですが、
電灯の話もそろそろ・・・今ネタ集め中です。今日も行ってきます。
あと、「光の景観まちづくり」って本を読んだら、大阪に行ってみたくて仕方ありません。
(本当は三連休に行こうと思ってましたが・・・雪で・・・)
東京はすっかりカオスな夜景景観ですが、大阪は水辺の景観など、夜の景観作りに熱心に力を入れていて
撮るべき場所がたくさん・・・
何回か夜景展望台や、中之島には行きましたが、まだまだ巡り足らない・・・
大阪、ガス灯も多いので、合わせて行ってこようと思ってます。
大阪行くと、神戸もついでに・・・次の休みはいつだ!?
遠くてなぁ。東京からだと。
・・・こんなことをしていて、いつか幸せになれるんだろうか?とちょっとだけ思う今日この頃。
今はひたすら努力の日々です。時間が足らないくらいです。

みちくさ分のガス灯は紹介してしまったので、ネタに困った時の工場頼みで、
先日のつづきを。

イメージ 1

裏側にも行ってみますか。

イメージ 2

基本的には水銀灯オンリーの工場はそれほど好きじゃないんですけども。
ナトリウム灯が混ざった工場が好きです。

イメージ 3

メタリックな感じがたまらないですが、
観光地ではありませんので、人が誰もいません。

イメージ 4

写真の裏側には孤独な撮影者がいると思って頂ければ幸いです。

あと、若干ケミカルな匂いが・・・

デートコースには向かないと思います。

イメージ 5

千鳥橋から。

手前のパイプライン工事、やっと終わった。

イメージ 6

水蒸気もくもく。

近くから見てもいいですが、工場地帯の遠景もいい感じです。

イメージ 7

・・・あの鉄工所の高炉は一回近くで撮ってみたいものだ。
近づけなくてなぁ・・・

イメージ 8

反対側も。
こっちも近くまで行ける秘密のスポットがあるんだけど、歩いて行かないと行けないんだよなぁ。

イメージ 9

工場地帯には気が向いたら、あるいは
カワイイ女の子に「行ってきて!」って言われたら行く。

開く コメント(9)

バレンタインデー?
どうせ関係ないので、まぁ、ガス灯でも見てってください。

イメージ 1

これは裸火タイプのガス灯ですね。

・・・って、違うよ。

いや、まじめにこれもガス灯といえばガス灯だな。
余剰の可燃性ガスを燃やしているっていう。

そんなわけで、世の中で一番季節感とはかけ離れたものを。

イメージ 2

できれば工場なんて撮りに行きたくもないね。

他にやることもないしさ

イメージ 3

市営埠頭の線路使ってるのかなぁ。
少なくとも、タンク車はここには来なくなりました。

イメージ 4

寒いので、水蒸気がいつもより多めに出ております。

だから来てみたんですが。

イメージ 5

いつもと違う場所に立てば、いつもと違う写真が撮れる

イメージ 6

やたら明るく撮る人もいるけど、
私は夜らしく撮ります。つまり、夜とは明るい部分と暗い部分の陰影が織りなす世界であると。

イメージ 7

イメージ 8

千鳥町もすっかり観光地だけど、何度来てもいいものです。

イメージ 9

イメージ 10

見たければいつまでも続くが、どうします?

開く コメント(13)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事