工場萌え

[ リスト | 詳細 ]

夜の工場は光り輝く別世界。
最近は「工場萌え」なんていうブームがあるようですが、
本家に負けないような工場夜景写真をお届けしております。
記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 前のページ ]

さて、美しいバラもよいのですが、
180度方向性を転換し、工場地帯の写真をお届けします。・・・変わりすぎ?

イメージ 1
銀色の煙突群: Av F8.0 ISO200
Canon EOS5D + EF70-200mm F4L USM

銀色に輝く石油コンビナートの煙突を見るだけで、
萌えてしまうあなたは、間違いなく「工場萌え」の一員。
人工物だらけの世界にようこそ。

イメージ 2
煙突と鳥: Av F8.0 ISO100
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4 L USM

念のために言って置きますと、ここは工業地帯。観光地では全くありませんので、
観光気分で軽い気持ちで出かけると守衛さんに怒られます。
たとえどんな素敵な風景があっても、間違っても正面玄関なんか写さないほうがよいでしょう。

散歩のつもりで歩いて行くと、この広い工場地帯を相当の距離を歩く羽目になります。
本当は車で回るのがよいですが、ここは工場地帯。路駐していると目立ちますよ。
バスが走っていますから、バスを利用しましょう。

イメージ 3
飛行機: Av F13 ISO200
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4 L USM

そして何よりも、どこからか、素敵な香りが漂います。
今まで嗅いだことのないような香り・・・「ここでタバコを吸ったらやばいかも?」という香り。。。
横には聞いたことのない薬品が通るパイプラインが・・・
そんな香りが立ち込めた、埃高き工業地帯の魅力に一回でも執り付かれると、
「ああ、また川崎に行きたい」という、
常人的なセンスでは考えられないような気持ちになります。ああ、根岸にも行きたい。・・・

ここは川崎・浮島。多摩川を挟んで向こうは羽田空港。
離陸した飛行機が、次々にどこかの空へと飛んでいく。

通ったことはないですが、首都高神奈川6号川崎線(K6)からは、眼下に広がる工業地帯が素敵
・・・だと思います。多分。

イメージ 4
踏切付近の光景: Av F13 ISO200
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4 L USM

銀色に輝く煙突も素敵だけど、シルエットの煙突も素敵だ。
踏切があって、線路があっても、ここには、人が乗れる鉄道は来ない貨物線。
工業地帯には切っても切り離せない存在。

イメージ 5
シルエット: Av F8.0 ISO200
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4 L USM

右を見ても、左を見ても、
煙突とか、電線とか、
そんな無機質な風景。
無機質で機械的な風景の中に、何が見えるというのか?

イメージ 6
日を浴びる化学工場: Av F8.0 ISO200
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4 L USM

夕暮れ時の赤い光が、工場地帯を包み始める。
まもなく一日の終わりである。

イメージ 7
落日: Av F8.0 ISO200
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4 L USM

ものすごく天気がよいときに、工場地帯に来るとちょっとだけ後悔の念にとらわれる。
ふと、浮島じゃなく、晴海あたりから夕日を眺めて見てもよかった、と思った。

イメージ 8
殿町出入口付近の夕日:
Canon EOS 5D + EF50mm F1.4 USM

浮島を往復して、まもなく埋立地の入り口付近だ。
さすがに疲れた。歩き疲れたし、人工物だらけの世界に、ちょっと疲れた。

ふと、多摩川の土手まで出て見た。

イメージ 9
夕焼けの大師橋: Av F8.0 ISO200
Canon EOS 5D + EF50mm F1.4 USM

一日の終わりの空の色が見えた。



・・・このまま小島新田駅から帰ったら、怒られそうなので、へとへとでしたが
おまけで夜も・・・千鳥町まで歩いて行って見ました。夜は千鳥橋がいまのところ最高。

ではまたー
今日はよい天気ですが、先週末〜昨日までは天気がぱっとしなかったので、
ここのところ、ファイナルファンタジー12の中にいました・・・ひきこもり生活ですね。
しかし、これを続けていると、さすがに精神的にしんどくなってきましたので(どんなハマり方だよ?)、
相変わらず存在感の薄い主人公ヴァンを放って、帝都アルケイディスから、
現代日本に戻ろうと思います。
(ちょうどドラクロア研究所に入るところです・・・って、やったことない人にはわかりませんね)

さて、本題です。
やはり都会生活を送っていると、たまには大自然の中に実を置いてみたい、なんて思ったりするわけですよ。
乾季のギーザ草原のような原っぱでのんびりするもよし・・・っておい!抜け気ってねーぞ!
で、大自然を味わうために、ちょっと山まで行ってみました。

イメージ 1
奥多摩:
Canon EOS 5D

緑いっぱい!大自然の世界!?って・・・あれ?
・・・すいません。奥多摩まで自然を堪能しにいったのではなく、
右側に写っている奥多摩工業の工場を写しに来ました。

イメージ 2
:
Canon EOS 5D

奥多摩工業は、石灰石を加工する工場だと思いますが、詳しいことは知りません。
奥多摩の大自然の中に、ぶーーん、とうなりを上げて、工場が佇んでいます。

イメージ 3
:
Canon EOS 5D

鉱山系工場なので、石油系とは違い、まるで軍艦のような灰色基調の工場です。
あたかも奥多摩の自然の中に、突如現れる軍艦のような雰囲気。
上下左右のつながりがよくわからない複雑な構造は、見ていても飽きません。
・・・え?つまらない?飽きるとか以前に?工場マニアには結構人気スポットですよ?

イメージ 4
:
Canon EOS 5D

この「一体この中はどうなってんだろ?」という独特な世界観!
これこそが日常のファンタジー世界、工場の魅力です。
・・・
ってそんなー、「興味のない話の時のタモリ倶楽部を見る」ような目で見ないで!

イメージ 5
全体像:
Canon EOS 5D + EF17-40mm F4L USM

奥多摩の山の中腹に、周囲の景観との違和感なんかおかまいなしに、
その存在感を誇示する奥多摩工業なのであります。

イメージ 6
:
Canon EOS 5D

周囲は静かでよいところですよー。まさに春。
葉は青々と生い茂り、

イメージ 7
青葉と清流:
Canon EOS 5D

あちこちに咲く花々・・・

イメージ 8
これなんて花?:
Canon EOS 5D

こういう場所を、帰り際に、花々なんかを写しながら、
のんびり山を歩くというのもよいものです。

イメージ 9
奥多摩駅:
Canon EOS 5D + EF17-40mm F4L USM

さて、奥多摩駅まで戻ってきました。まるで山小屋のような駅舎ですね。
丸い郵便ポストがあったりして、のどかな雰囲気です。

というわけで、今回は、奥多摩の山の中にある、奥多摩工業の工場をご案内しました。
駅から山歩きの苦労があったというもの・・・駅に着いた頃に日が暮れてきました。

イメージ 10
駅から:
Canon EOS 5D + EF17-40mm F4L USM

って、めっちゃ近いやん!!思いっきり目の前やん!どこが「山歩き」だよ!?
・・・奥多摩工業へは奥多摩駅から徒歩で2分くらいですかね。
簡単に言えば駅前です。もっとも、奥多摩まで行くのが時間がかかりますが・・・

オチ考えながら、写真撮るのは大変・・・でもありません。いつもテキトーに撮っています。

ではまたー

開く トラックバック(1)

というわけで、夕焼け編に続き、夜景編を。

イメージ 1
千鳥橋より: 2005/11/20 18:25 Av F8.0 25" ISO100 EV-1.0
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

川崎は鶴見線沿線とか、工場・コンビナートだらけなんですが、千鳥町は、石油化学系プラントが多いです。
本当はJFEあたりも撮りたい・・・撮影ポイントも探してますが、
基本地図みた上で『歩き』なワタクシには限度がありすぎ(笑)・・・別に車の免許ないわけではありませんよ。

イメージ 2
人気のない千鳥町の歩道: 2005/11/20 17:16 Av F8.0 5" ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF35mm F2

人通りはほとんどありませんので、こんなところで襲われたら悲鳴なんか聞こえません。
もっとも、こんな人通りの少ないところで、襲ってくる人もほとんどいないでしょうが。。。
ただし、土日でも工場は止められませんので、働いている人の出入りは頻繁です。
・・・ので、たまたま通りがかって、急いで服装を整えたりしている車の中の君たち!・・・ホテル行け!(笑)

イメージ 3
冷却施設: 2005/11/20 17:23 Av F5.6 15" ISO100 EV-1.3
Canon EOS 5D + EF35mm F2

工場には、なんだかよく分からない機械がたくさんあり、
こんな設備がどうして必要なのかよくわかりませんが、
とにかく、煙突あり、配管あり・・・それらが複雑に絡み合っていて実に精巧な作り。。。

イメージ 4
煙突のあるプラント: 2005/11/20 17:26 Av F8.0 10" ISO100 EV+1.3
Canon EOS 5D + EF85mm F1.8 USM

工場夜景を上げると「ファイナルファンタジーみたいだ!」と必ずゴメントされるし、
前回ご紹介したときは、自分でもそう書きましたが、
よくわからない人のために簡単に説明すると、
「ファイナルファンタジー7」の神羅カンパニーにそっくりな雰囲気、だからだと(多分)。
ファイナルファンタジーも、ネットゲーム化してから、やったことありませんが・・・

イメージ 5
煙突: 2005/11/20 17:30 Av F5.6 15" ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF85mm F1.8 USM

非常に色んな色の照明がミックスされた場所なので、ホワイトバランスの設定が難しいですが、
いろいろ試して見て、結局『オート』が一番自然なのが腹立ちます。。。
個人的には「白色電灯」にしたときに出きる青い空が好きですが・・・

イメージ 6
壁の向こうのファンタジーな風景: 2005/11/20 17:39 Av F8.0 20" ISO100 EV+2.0
Canon EOS 5D + TS-E 24mm F3.5L

・・・工場街の端まで来てしまいました。元来た道を引き返します。

イメージ 7
千鳥町の端: 2005/11/20 17:48 Av F8.0 10" ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF85mm F1.8 USM

元来た道を戻りつつ・・・
ホワイトバランスをクリックモードにして、配管のシルバー感を強調してみると、
空が紫になったりして、とっても面白いわけですが・・・

イメージ 8
紫の工場: 2005/11/20 17:53 Av F8.0 15" ISO100
Canon EOS 5D + EF85mm F1.8 USM

ホワイトバランスを「白色電灯」にすると、その配管が緑色になって、
これはこれでいいなあ、と。。。デジカメだと出にくい、
フィルムの「タングステン用フィルム」で写したようなあの緑色に憧れていたりしますが・・・

イメージ 11
緑色の工場: 2005/11/20 17:57 Av F8.0 15" ISO100 EV-1.0
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

・・・てな感じで、色で遊んでいると飽きないどころか、結局どの色にしようか?
あれ、結局もともとの色はどんなだっけ?と迷ったりしますが。。。そんなときにはリセットボタン。

イメージ 9
貨物線の線路と車の軌跡: 2005/11/20 18:17 Av F8.0 30" ISO50 EV-1.0
Canon EOS 5D + EF85mm F1.8 USM

再び千鳥橋から撮るべく、戻ってきました。
最近は、6時を過ぎると真っ暗です。。。

イメージ 10
青い工場夜景: 2005/11/20 18:22 Av F8.0 20" ISO100 EV-1.0
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

川崎マリエンに行ってみたいと思っても、なかなか・・・「ここも十分キレイだしな〜」と
なかなか足を伸ばせませんが・・・いつか。

ではまたー

開く トラックバック(2)

川崎工場街の夕焼け

夕焼け・・・山の上、自宅のベランダ、海岸、街の中・・・
夕焼けは、どこで見てもキレイなものですが、
自分の中でお気に入りの場所のひとつ、
川崎の夜光にある千鳥橋からの夕景を。。。

イメージ 1
: 2005/11/20 16:46 Av F8.0 1/3 ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

ここからだと、川崎の工場街が一望できます。
歩いていくと15分くらいですが、京浜急行・大師線の小島新田駅から歩くか、川崎から頻繁にバスがあります。
三脚かついで歩いていったせいか、なんだか筋肉痛&ひどい肩こりです。。。

イメージ 2
: 2005/11/20 16:51 Av F8.0 1" ISO100 EV-1.0
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

夜景を撮りに来たので、夕焼けを見つつ、夜になるのを待ちながら。。。

イメージ 3
: 2005/11/20 16:52 Av F8.0 1/2 ISO100 EV-1.0
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

ただし、あまり空気がきれいな場所ではないのが、玉に瑕。。。
というか、微妙に薬品の香りが立ち込めている川崎の埋立地。

イメージ 4
:2005/11/20 16:53 Av F8.0 1" ISO100 EV-0.3
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

空の色が、次第次第に濃くなっていき、
シルエットで見えていたエントツが徐々に見えにくくなっていきます。

イメージ 5
:2005/11/20 16:55 Av F8.0 1" ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

よくある「夕景写真」っぽく、色を補正・・・
みなさんはどちらの方がお好きですかね?

イメージ 6
:2005/11/20 16:55 Av F8.0 1" ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF70-200mm F4L USM

もちろん、上の写真の方が見た目に近いですが・・・

なかなかいい夕焼けを見れたかな?
と、千鳥橋を離れ、夜の工場街に出かけてみましょう。

イメージ 7
:2005/11/20 17:08 Av F8.0 8" ISO100 EV-0.7
Canon EOS 5D + EF35mm F2

夜景編に続く。。。

工場街の日は暮れる

先週末、千葉(袖ヶ浦)の工場街はどんな感じかと思い、
とりあえず、夜景撮りの下見がてら、
内房線・長浦駅で降りて16号線をただひたすら歩いていってみました。
・・・車はないのか?

イメージ 1
絞り優先 F8.0 1/500 ISO100 EF70-200mm F4

イメージ 2
絞り優先 F13 1/200 ISO100 EF50mm F1.8

イメージ 3
絞り優先 F3.2 1/250 ISO100 EF50mm F1.8

イメージ 4
絞り優先 F4.0 1/200 ISO100 EF70-200mm F4

と、こんな感じの写真が好きな人はいらっしゃいますかね?

袖ヶ浦は、工場周辺が木で覆われてるので、ほとんど撮影ポイントがないですね。
ところどころ、線路脇や橋から見える程度。

結局長浦→五井まで歩いていきましたが、あまり収穫なかったかも。
まだまだ撮影ポイント捜索中です・・・

開く トラックバック(1)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事