ここから本文です
昭和の鉄道愛好家
記事を貯めて日時予約で投稿し、1日1回更新になるようにしていますが、記事が溜まったら2回更新する日もたまにあります。
5月の撮影です。
昨年、伊予鉄のダイヤモンドクロッシングを撮影し、その珍しさに感動しましたが、名古屋にもあるとのことで行ってみました。今回はそのダイジェスト版で、詳細は改めます。

イメージ 1

とりあえず名古屋臨海鉄道沿いをふらふらしていたらまさかの貨物列車通過。慌ててカバンからカメラを出すと名鉄2200系も接近。辛うじて2200系は写ってますし、一応これ、貨物列車通過中です…機関車から数量のみ貨物が積まれており、後ろの方はカラでした。JRFの文字とか見えますが言われないと気付きませんね。

イメージ 2

この青い機関車が先ほど見かけたやつでした。惜しかったです。

イメージ 3

さて、本題のダイヤモンドクロッシングはこんなところで、片方は朝夕のみ運用のある通勤路線の名鉄築港線、片や名古屋臨海鉄道の線路は主に廃車車両の搬出時に使われるとのことで、まずここを通過する列車を撮影するのは困難です。そう思うと何だか寂しいところです。

イメージ 4

その築港線、土日の夕方でしたが、4連の車内に客はゼロ。大江ー東名古屋港の板をぶら下げたステンレスの車両が何だか贅沢に感じますが、きっと平日は違った風景なんでしょうね。

イメージ 5

折角なので常滑線も撮影。

築港線・名古屋臨海鉄道周辺には使われてるのかどうかわからない線路が沢山あり、非常に興味深いエリアでした。

開くトラックバック(0)

ゴールデンウイークの撮影です。
撮影地はかしわ台〜海老名です。

イメージ 1

9000系ネイビーブルー。暗色だと撮影するの難しいです。

イメージ 2

8000系。先頭部はくの字型で、中央にライト配置と、独特の顔でしたが、これも9000系のようにリニューアルされると整形されてしまうのでしょうか。

イメージ 3

ここでのターゲットは7000系10連。ゴールデンウイーク限定での編成ということで、海老名寄りのアップ。10号車マークもこれで見納めでしょうか。

イメージ 4

初めて撮る20000系。ワルそうな顔が印象的です。決して嫌っている訳ではなく、好きな顔です。

イメージ 5

そして7000系を横から見ると、顔はもう少しくの字になってるかと思いましたが、意外と平たいんですね。

今思うと折角なので2両ずつブツブツと撮影すれば良かったです。

開くトラックバック(0)

ゴールデンウイークの撮影です。
撮影地は多摩川橋梁です。

イメージ 1

ケツ撃ちですが、貨物列車。短いです。

イメージ 2

臨時列車なのか、まだE257系も活躍していました。

イメージ 3

E353系も少し前は珍しくて狙ってましたが、流石にこれだけ見かけると有り難みが薄れます。

イメージ 4

連結部をアップで。

イメージ 5

EH-200の一号機。

この後、中央線の209系を撮影しに都内へ向かいました。

開くトラックバック(0)

5月の撮影です。
撮影地は江ノ電江ノ島駅を出てすぐに併用軌道となりますが、その入り口が龍口寺前交差点となります。

イメージ 1

ここは交通量が激しく、藤沢方面と江の島方面に向かう車が渋滞しがちです。その近くに記念のプレートがありました。

イメージ 2

この龍口寺前交差点のもう1つの名物が江ノ電モナカを販売している和菓子屋さんの扇屋。本物の江ノ電の車両が飾られてます。屋根にはパンタグラフもあります。店内には運転台の部品も沢山ありました。

イメージ 3

さて、この交差点はかなりカーブもきつく、ゆっくりと車両が通過します。やはり江ノ電といえばこの塗装、この顔。まだまだ元気な300形。

イメージ 4

車内も混雑しています。

この日は300形の運用を確認できたので、300形の折り返しに合わせて沿線をあちこち移動しました。

開くトラックバック(0)

ゴールデンウイークの撮影です。
撮影地はいずみ中央駅の湘南台寄りホーム端からです。

イメージ 1

上り列車はカーブが終わったところから下る形で入線してきます。8000系。

イメージ 2

この日は7000系10連が午前中にいずみ野線に入る運用でしたので、まずはいずみ中央駅で下り列車を撮影し、手軽にそのまま上り列車も撮ろうと考えたのが失敗でした。陽が長い季節の午前中とはいえ、建物の影がかかるので、これは失敗しましたが、もうゆめが丘に移動しても場所取りキツそうでしたので断行することに。

イメージ 3

ということで、影がかからないところでパチリ。ケツが切れますが、まぁ下ってきているので屋根は後ろまで見渡せ、長そうに見えるので良しとします。

その後、特にアナウンスを見かけませんが、どうなったのか気になります。このまま引退となるのでしょうか。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事