韓国語教室とるめんい川西

月3回 5,000円 入学金 1,000円 負担の少ない受講料で長く学習を続けて下さい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全361ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

これ読み始めたら眠れなってしまって…

鄭大均さんの自叙伝。
90年代後半に彗星のように現れたと先の記事に書きましたが、
1948年に日本の岩手で生まれ育ち、東京で大学時代を過ごした方です。
その様子は在日韓国人2世のイメージそのもの。
貧困・差別・民族意識の目覚め…

「う〜ん」と唸ってしまいます。冷静な語りが胸に入り込みます。
私は80年代に先輩に連れられて、民族団体の在日と知り合ったりもしたけど
鄭大均先生もそんなふうに活動してたんですね。
奨学金をもらってアメリカ留学したことを契機に
その後の人生を切り開いていく
いわば成功ストーリー。
アメリカ留学、14年にわたる韓国での日本語講師、この頃に伴侶も得て?
1995年に日本に帰国。
これを書かれた58歳の時には大学教授として
社会的地位も収入も配偶者も子息も手に入れてるから立派な「成功談」、ですよね。
2004年に日本に帰化。

波乱万丈。ドラマ化してほしい…。


『在日の耐えられない軽さ』(2006年)鄭大均 著  中公新書
https://www.amazon.co.jp/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%81%AE%E8%80%90%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E8%BB%BD%E3%81%95-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%84%AD-%E5%A4%A7%E5%9D%87/dp/4121018613

この方のお父さんは韓国から渡ってきた方(1世)。個性的な文筆家、活動家でもあったようです。
お母さんは日本人(岩手出身)です。東京で知り合い、戦争中に岩手に疎開してきたらしい。
お父さんは1960年に単身、韓国に帰国…。

妹さんは東京都の公務員だった鄭香均さんだそうです。
国籍条項訴訟で有名な方です。(外国籍の人が管理職になれないのはおかしいと訴えた裁判)
兄妹で考え方が正反対。こんなに違うとは…。

鄭大均さんは一貫して在日の「帰化」を勧める立場で
新しい在日の生き方を示しています。
アンチ左系。。
でもこの方の言いたいことは理解できます。
そうね、昔はこんなことを言ってくれる人はいなかった。

なお表題は有名な文学作品にひっかけた遊び心でつけたもので
深い意味はないそうです。

ちなみに個性的なお父さんは鄭然圭という方で1899年生まれ。(私のフィリピンで死んだ祖父と1歳違い)
お母さん(日本人)は2003年94歳で亡くなったそうなので、1909年まれ。
著者は1948年生まれで妹もいるので、昔にしては高齢出産ですね。


p,15にハンセン病患者回復村のことが載ってます。(私は87年88年夏に韓国忠光農場に行きました)
鄭大均先生との小さなつながりを見つけることができて嬉しいです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

これも日本統治時代の回想記。

『日韓併合期ベストエッセイ集』 ちくま文庫(2015年)鄭大均 編
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E9%9F%93%E4%BD%B5%E5%90%88%E6%9C%9F%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%A4%E9%9B%86-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%84%AD-%E5%A4%A7%E5%9D%87/dp/4480432825

面白いです。
よくまとめて下さいましたって感じ。
すごく勉強になります。

浅川巧氏、金素雲氏をはじめ、20人くらいの日韓著名人の、当時の話を抜粋して載せています。
子供時代の朝鮮、子供時代の日本、大人が見た当時の朝鮮。
生まれた年で見ると、
1868年の宇垣一成氏(第六代朝鮮総督)〜1932年の五木寛之氏(作家)まで。

項目ずつ整理されているので、「あ、この人の文章をもっと読みたい」と思ったらもう終わりです。
巻末出典を見て、全文を読んでみたいのも時々あります。

いろんな人の文章があるので、個性が感じられます。
書く人によってこんなに文の感じが違うんだな〜と。
まだ全部読んだわけじゃないけど、
今のところ、任文桓氏の文章に惹かれます。(知らなかった人でした)
朝鮮の小学校の様子、日本に渡って高等教育を受けるまでの様子… 

読みごたえのある文庫本なので、
(図書館で借りて来たけど)これは自分でも買っとこうかな?と値段を見たら1200円!
自分で買おうと思ったのは却下(笑)
巻末の出典一覧をメモしておくことにします。

編者は鄭大均さん。。。
この方は、90年代後半に彗星の如く現れました。
(初めて著作を見たのは『韓国のイメージ(戦後日本人の隣国観)』(1995)でした)
日本で朝鮮・韓国関連のことをしている人は当時、全員知ってると思ってたんですが、
この方は知らなかった。
見てみると、1948年生まれで、やっぱり韓国で長く住んでいた方でした。
日本生まれですが、ちょうど私が韓国語を始めた頃は韓国にいらっしゃったんです。
そして90年代に帰国された。
今は日本国籍を取られて、「てい・たいきん」と読ませていらっしゃるようです。

私は鄭大均先生のことはずっと気になっていました。
たぶん、考え方に共通点があると思います。
私は先生よりずっと穏健だろうし、実際まだよく分からないんですけどね。
これから研究させていただきます。

自虐史観という言葉がありますが、
昔は確かに行き過ぎた自虐があったのかもしれない、
その反動でハリを振り切ってしまって、バランスを取ろうとして
行き過ぎた表現を見ることがありますが
肝心なのはバランス…
その人に合ったバランスなのだと思います。

『日韓併合期ベストエッセイ集』ちくま文庫
お勧めです。
川西中央図書館で借りました。5月4日(木)までに返却する予定です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

良書です。
こんな本が読みたかった。
日本統治下で生きた方々へのインタビュー集。
ただこれは原本が英語です。
インタビュー対象が在米韓国人(1910年代〜1930年代生まれ 51名)です。
朝鮮半島で生まれ日本の統治下で暮らし、その後アメリカに移民した方の話です。

先に読んだ「朝鮮総督府の警察官僚の回想紀」では
現地人との接触話が全くなかった。(京城帝国大学時代の同級生は除く)
エリート官僚だったから、朝鮮人庶民と接することがなかったのでしょう。

そういう意味で、支配された側の、普通の人々の個人史は大変興味深かったです。
インタビューされる人が全員後年にアメリカに移住した、比較的裕福な人たちだとしても
朝鮮八道を網羅する出身地の方が日本の統治下でどのように暮らしていたかを
項目ごとに語ります。

一人の人のインタビューを全部まとめて編集していないので、
構成上あれっ同じ人?と思うことがありますが、まあ大丈夫。
一つ一つの記述が目に浮かぶようです。
行ったことがない平安南道、ハムギョン道、黄海道…。
いつか行けるようになるかな。
結構長距離移動してる人がいる。職を探して、あるいは刑事から逃げるため…。


原書が英語だからか、英→日の翻訳文だからか、文章が淡々としています。
それとも、日本や韓国から遠く離れた、アメリカという土地だからこそ
過去を客観的に語ることができるのかもしれません。






p、114
「あるものはこの機に乗じて浮かび上がった。
 彼らはおそらくどんな状況になってもそうしただろう。
 能力のある朝鮮人が、この植民地で、ほかにいったいどうすることができたというのだ?
 せっかくのチャンスを棒に振るか、徹底的に抵抗し、あげくの果てに、投獄されるか殺されるか。
 あるいは、日本に加担するか、道は限られていた。」(B・カミングス)


p、192
「日本の支配下にあった時代、私たちのように抵抗せずに
 ただ従っていた朝鮮人がどんなに多かったことでしょう。
 多くの人は、自らの意思ではなく、ほかに選択肢がないために従っていたのです。」





抵抗した人は死んでしまったから後日インタビューに答えることはできませんね。
あるいは独立運動してた人は、北で幹部になったそうです。
あるいは総督府元警察官僚の人の話では、戦後、韓国の代表者が独立運動をしていた人だったので、
「取締の対象だった者と交渉するなんてやってられん」と、
外務省(朝鮮担当)の仕事を辞めさせてもらった、という面白い記述が前にありました。




私ならどうしたかな…。
いくらインフラを整えてくれても、
やっぱり他民族に支配されるのは嫌だと思います。私ならね。
でも怖いから、従っていただろうな。
そして支配が長期化すると慣れてしまって
有利な条件になるよう行動したかもしれない。
ちょうどここに出てくる大勢の方と同じように。
最初は独立運動に賛同してるけど、1919年に多くの人が殺されたし
その後は警戒しますよね。




この本を読んで、どう解釈するかは自由です。
それでも、日本はいいこともしたーって言う人もいるでしょう。
そこからは考え方の違いになると思います。

誰かがああだこうだ書いてる本を読むより
当事者のインタビュー本を読むほうが遥かに有用です。

誤解を避けるために付け加えると、、
著者(アメリカ人)は、夫(在米韓国人)のお父さんが
楽しそうに子供時代の話をするのが不思議で(植民地の残虐なイメージとは違い)
本にまとめたのだそうです。なのでこの本は日本の告発本ではないんです。

教育に情熱を傾けていた日本人の先生も
拘置所で思想犯に一目置いてくれてた日本人職員も、
職務に忠実だった総督府のエリート警察官も、
みんな時代の中で一生懸命生きた人たちだと思います。



あす川西中央図書館に返却しますので
是非、読んでください。

『黒い傘の下で 日本植民地に生きた韓国人の声』ヒルディ・カン著  桑畑優香 訳
ブルース・インターアクションズ 発行 2006

こんな良い本が大手出版社でないというのも、なんか間違ってます。。。
あとタイトルが良くないかな。黒い傘は要らないんじゃないかと。


*韓国版(翻訳本)もあるようです。검은 우산 아래에서(2011年)
http://book.naver.com/bookdb/book_detail.nhn?bid=6684761

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

6年ぶりくらい。近くにこんなハイキング・コースがあって幸せ。桜は散って、落ち着いた人出がいいです。
見えるのは猪名川。川西はその右側(西側)。教室の建物も見えます。

♪아침 동산에 올라 작은 미소를 배운다.~

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

実家に行く途中で経由する和歌山県橋本市に「やっちょん広場」というファーマーズ・マーケットがあります。

「やっちょん」とは橋本の方言らしいです。隣町出身の私は知りませんでした。
(岩出にも「めっけもん広場」がありますけど、同じく農協系です)

http://www.ja-kihokukawakami.or.jp/yacchon/

広々した店内に農産物が豊富で安いです。
特にミカンは安いです。
お花も安かったです。

2階に食堂があります。
写真は日替わり(週替わり?)定食の煮込みハンバーグです。850円。
メインのおかずが結構ボリュームあります。
和歌山らしく梅干しはセルフサービスで食べ放題です。
カウンター席があるので、一人でも大丈夫。紀ノ川を眺めながら食べられます。

橋本駅から歩くには遠く、紀伊清水駅から歩くにも遠いです。
皆さん車でいらっしゃるみたいです。
私は車がないので、南海電鉄紀伊清水駅から歩きました。徒歩20分くらいですが
細い車道の脇を歩かなければならないので怖いです。
すぐ横の紀ノ川河川敷の歩道が整備されたら(工事中でした)行きやすくなるかな。

JR紀伊山田駅までは徒歩10分です。
昼間は一時間に一本しか電車が走っていません。
大阪から来るなら、南海電鉄紀伊清水駅で下車するのが良いです。
ちなみに紀伊清水駅には乗り越し精算機がありません。
インタフォーンで職員と会話、遠隔操作で精算できました。

車で行くのが一番ラクです。

最近よく帰りますが、和歌山の人って優しいですよ。
のんびりしてます。
山が美しいです。
紀ノ川ものんびり流れてます。

最近は京奈和が開通したり
真田幸村がドラマ放映されたり
高野山が1200年だったりでお客さんが増えてると思うんですけど
JR/南海 橋本駅前がさびれたままなのが少し残念です。  

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全361ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事