TOMbox

バイク修理に出しました

夏が終わって秋を見据えて

 三連休真ん中、7月15日にZOZOマリンに千葉県高校野球大会の二回戦を見に出かけてきた。今年の千葉県は東西に分かれており、先に予選が始まった東千葉も前日の二回戦からシード校が登場。テレビ中継を見た限りでは、それほど混雑していないように思えたので、第1試合から見に出かけたのだが……。

2015年ほどではなかっただろうが……


イメージ 1写真=ZOZOマリンに入場するための長蛇の列

 この日西千葉の第1試合は、ブラスバンド応援で人気のあるAシード習志野高校が初戦。多少は多いだろうと思っていたが想像以上だった。8時20分には幕張メッセの駐車場に到着していたので、シートノックもうまくすれば見られるだろうと思ったのは甘かった。すでにメッセの外周を半分回るほどに入場券を買う列が並んでいたのだ。ジリジリと照らす日差しと、なかなか進まない列。アナウンスが「入場者が入りきらないため試合開始を10分遅らせます」と知らせる事態に。

 これよりもすごい状況が3年前にあった。日曜の開催、甲子園出場4年ぶりの習志野と初出場がかかった専大松戸の決勝戦。続々と人がつめかけ、外野まで開放しているにもかかわらず、入場規制で球場外にまで人が溢れる事態になった。幸い、今回はまだ初戦ということもありなんとか席を確保することもできた。どうせ、習志野戦が終われば空いてくるのだから第二試合直前に来れば良かったと思う半分、どうせ入場料を払うならば二試合くらい見たい気持ち半分に負けたのだった。

イメージ 2写真=専大松戸応援席

 第二試合に悪夢が待っていた。高校野球の初戦は難しいとは聞いているが、本当にその難しさを思い知らされた。専大松戸はノーシード校の千葉商大附属高に先行され、慌ててピッチャーを背番号19から故障明けのエースナンバーにスイッチするも、後半更に点を重ねられて、Aシード(県によっては第1シード)でありながら初戦敗退。昨年秋大会の地区予選は勝ち残ったものの、本戦初戦で敗退していたのをいやでも思い出した。

 相手の千葉商大附属高は、おそらく徹底的に専大松戸攻略をしてきたいたのだがおそらくそれに対応できなかった結果なのだろう。まるで良い所無しに、ズルズルと負けてしまったのだから。願わくは、この次の世代にその悪循環を残さずまずは秋大会での活躍を期待したい。

その他の最新記事

すべて表示

秋季終了、春までお休み

2018/10/17(水) 午後 8:39

 今年最後の母校の野球応援に9月末日に出かけてきた。台風が九州に接近し、その影響で秋雨前線が活発化したため雨の予報の中、アクアラインを使って千葉県に向かった。この日の試合は3試合が予定されていて、母校は第3試合に東海大市原望洋との対戦だった ...すべて表示すべて表示

静かな海ほたる

2018/10/11(木) 午後 9:34

 ETCを利用することで安く東京湾を横断できるアクアラインは、春から秋にかけての週末、千葉方面に向けて午前中、午後は反対の川崎方面に向かう道路が渋滞をおこす。それによって途中にある休憩ポイントであるパーキングエリアの海ほたるは、いつも混雑。 ...すべて表示すべて表示

江戸川松戸フラワーライン

2018/10/4(木) 午前 8:38

 実家に行く時に通る河川敷脇の道路を走っていると、左斜め上にある堤防上のサイクリングロード脇に彼岸花が咲いていた。ちょうど晴れていて天気も良かったため、撮影したいと思ったが、道幅が狭くバイクとはいえ路上駐車は難しい。そこで思い出したのが、松 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事