全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

町営から市営に…


林道の〆といったら、やはり温泉。今回は福島県から国道400号を抜け、再び栃木県に
入った為、立ち寄り湯には事欠かない。ところが塩原温泉は立ち寄り湯の値段が高く、
1000円以上するところもある。山形の立ち寄り湯なら、二軒ハシゴできる値段だ。

そこで見つけたのが公営の日帰り入浴施設。国道400号は良く使うがいつの間にかできて
いた。市町村合併により塩原町営から那須塩原市営へと変わっていた。

入浴料は700円…やっぱり少々高く感じる。その分、脱衣所や浴場に広さがありまた、
脱衣所にはちょっとした休憩のできる椅子やテレビも置いてある。カランは10〜12台
あり脱衣所のかごの数に比べると少ない。スキー客が立ち寄った場合は、混雑するの
ではないだろうか?リンスインシャンプーとボディーソープは備え付け。

さて、肝心のお湯だが…まぁ、公共の施設だしどばどば湧出するような場所でもない
ので仕方ない。女湯の方は内湯はまだ多少のぬるぬる感があったが、露天風呂はまず
塩素臭が気になって仕方無かった。後から男湯の方を聞いたが、内湯も露天も塩素臭
とのことだった。

帰り道、塩原温泉街を避ける為に県道に逸れたのだが、そちらの方に「源泉かけ流し」
とののぼりを発見。次回機会があれば是非そちらを訪れてみたい。

ただ、ここの食堂が温泉街にあるお店が出店しているなどして、食事のバリエーションが
よさそうである。名物に「ふわふわオムライス」と言う文字を見て、お腹が空いて
いなかったのが残念だった。

 外観

塩原温泉華の湯
那須塩原市ホームページ内の紹介
住所:那須塩原市上塩原603
電話:0287-31-1058
開館時間:10時〜21時月曜日休(祝日の時は翌日が休)
入浴料:700円
泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(金録源泉)

(10月19日入浴)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事