PRYCE16写真日記

このブログも今やすっかり凸凹凸凹ブログに?(笑)

全体表示

[ リスト ]

722.逆宝塚(?)

イメージ 1


今日もまた先頭車両からLK号ウォッチング。
(先頭車両に乗っているのはいつもの事だが)

ほどなくしてすれ違った。
昨日とは異なる548編成であり、一昨日見たものと同一である。







イメージ 2


品川〜大崎間でもう一本。
こちらは昨日と同じ532編成。

ブレちまった…

なんだかだんだんヘタになっていってるな…








イメージ 3


放課後はこんな電車に乗ってお出かけ。
(更にブレてて、ひどい状態だが…)


ここまで見る限りはまるで電車ブログのようだ。
これが観劇記事だとはよもや誰も思うまい。








イメージ 4

劇場入口。

ポスターには色っぽい半裸のヒトが写っているが、実はこれ男性。男役も女役も男性が演じる、男性しかいない劇団なのだ。

宝塚を女のヒトがキャーキャー言いながら観るのは何となく理解出来なくもない事もなくないのだが、その逆は果たしてどうなのだろうか…と、期待(?)と不安で胸を高鳴らせるような事はない。なぜならこの劇団は以前にも観た事があるからだ。

それよりも「もんのっすごく長い」という印象の方が強く残っており、終電も心配だが、何よりも体調の方が心配だった。









幕が開くや(幕はなかったが)、舞台上にはおびただしい数の男女と思わしきヒト達が出現した。

女は皆細身で、長い髪を携え、胸には詰め物。すねも処理済みだ。遠目には言われなければ気付かないだろう。ちゃんとメイクもしているし、ヒゲが青々としているという事も無く、とにかく大変綺麗なのだが、しかしやはりどう贔屓目に見ても顔は「男」なのである。百歩譲って遠目にはなんとかなったとしても、一言喋れば、その涙ぐましいまでの努力が全て水泡に帰す。

しかし不思議な事に、僅か10分程ですっかり慣れてしまい、何も感じなくなってしまうのだ。これは前回もそうだった。それどころか後半、ヒロイン(?)が病に伏して苦しむ姿を見て、心のときめきのようなものすら感じてしまう程だ。女役を男が演じる理由や必然性については想像力の限界を超えているが、しいて挙げるならば、劇団内での色恋沙汰による闘争や分裂、挙句は劇団の崩壊の可能性を少しだけ減らす効果があるような気がするといった俗物的な事しか思い浮かばなかった。

豪華客船の中で謎の女に見つめられ、激しく怯える主人公。その謎がだんだんと解明されてゆく様は「エクウス」に通じる所があり、ナチス収容所での暗く辛い回想シーンが続くにもかかわらず、期待感はどんどん高まってゆく。笑いが起きたのは、子供が2人、やる気のない棒読み(のような演技?)ではしゃいで通り過ぎてゆくという部分だけで、楽しいお芝居が好きなボクは絶対に好きにはならないであろう演目なハズなのだが、なかなかどうして、随分と楽しめたようだった。

ただカーテンコールでは、やはり突如として現実に引き戻される事となる。
正直に言う。

かわいい女のヒトはかわいい女のヒトが演じ、綺麗な女のヒトは綺麗な女のヒトが演じる舞台の方がいいっ!






イメージ 6

分厚く読み応えのある(?)折込の中に、知人の共演者発見!
(注:ボクの知人がこの方と共演したという意味です。)

主役級のヒトであるにもかかわらず、知人は彼の事を「▼ホ」と評していた。いったいどこまで間に受けて良いのやら。ボクはちょっとファンだったりする。






イメージ 5


おっ、このヒトを御存知な方は多いハズ。
何しろココは某「四季スレ」に晒されているからな!

このヒトも知人の共演者だ。






イメージ 7

出た!一方的知人!
こういうヒトをスパンと見つけ出せる所がボクのすごい所だ。

赤毛のアンの御婦人だって、南十字星LKのアンサンブルだって見逃さないよ!(笑)

MM大阪時は見逃したが、まあこれは仕方ないだろう。




イメージ 8
これは…

10数年前、区の小さな地区会館で隣同士になった時に交流を持った劇団ではないか。その時の同志はそのままココに入ってしまい、今でも活躍している。ボクは別の劇団に拾ってもらい、その後色々なヒトのつながりを経て、今は四季ヲタだ。

川島芳子に関する2本立てのお話らしい。李香蘭を観て以来、淑子ちゃんよりも芳子ちゃんの方に興味があるのだ。



イメージ 9
そしてこんなものも混じっていた。
何だかちょっと新鮮。

これだけ見たヒトは、

 「えっ、四季って…CATSとかLKのあの四季???」

と、きょとんとする事だろう。
まあLKとは呼ばないと思うが。




イメージ 10
終演後、同行のお姐さま方と入ったイタリアン。ラストオーダーすれすれだった為、追加発注は不可。
しかしこの後、本日の主役級の俳優さんがやってくるとの事で、店に無理を言ってビールピッチャーを1つだけ追加させてもらった。こういう方と御一緒出来るというのが、知り合いの知り合いの強みだ。
結局話のほとんどがM頼さんによる駄目出しになってしまったが、でもまあお酒を飲みながら、観たばかりの舞台についてあれこれ語るというのもまた楽しみのひとつなのだ。




イメージ 11


東京モノレール天王洲アイル駅。

23時丁度の浜松町行きに乗る為に、一同より一足先に店を出た。
もっとも店が閉まるのも23時だが。

今日もまたいいお芝居を観て、素敵な方々と共においしいお酒が飲めてよかった。







イメージ 12
           「アイルはIsleで小島、島の意で、普通は固有名詞として使うのだそうです。」

     この何気ない豆知識(?)が、ボクが四季ヲタへ転落する引き金になったとはよもや誰も思うまい。


 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

れれれ? アベ某氏の出てるミュージカル、今年の夏に観たよ。

・・・とか、コメントすると、また「意外なところに食い付くサイドワインダーみたいなコメント」とか評されるのか(笑) 削除

2008/12/16(火) 午後 11:38 [ のマン@三代目 ] 返信する

のマン@サイドワインダーさん>…相変わらずすごすぎます!
という訳で、お久しぶりです。

ボクはルルドに出ていた知人が2年程前にM座で2度程▼べ氏と共演していたのを観ておりました。そんなすごい方を▼ホ呼ばわりする知人っていったい…

2008/12/16(火) 午後 11:57 PRYCE16 返信する

顔アイコン

ていうか、あたいの狭すぎる知識の中の、まさに針の先程のヒットゾーンをピンポイントに刺激する二代目の守備範囲こそが、すごすぎるのであります、敬礼! ピッ!! 削除

2008/12/17(水) 午前 1:27 [ のマン@三代目 ] 返信する

二度までは偶然だと思いますが、3回あっあらホンモノですね。
次は何だろう?当分四季が続くのですが…(笑)

2008/12/17(水) 午前 7:03 PRYCE16 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事