PRYCE16写真日記

このブログも今やすっかり凸凹凸凹ブログに?(笑)

全体表示

[ リスト ]

もて耐2011 決勝

イメージ 1
決勝日の朝。昨夜はこんな洒落た所に泊まっていたようだ。だが今朝は二日酔いと睡魔に襲われ朦朧としていた。何とか表向きは何事もないような顔をしつつ、実はかなりヤバイ状態だった。(写真提供Cさん)





イメージ 3
6時過ぎにはピットに到着。といってもバンガローもサーキット敷地内なのでほんの数分で到着。昨日同様、深い霧に包まれており、目と鼻の先にあるグランドスタンドもほとんど見えない。





イメージ 2
7時を回ってもまだこんな状態。昨日開催されていたレースは結局2レースのみで、あとは結局中止になってしまった。それは雨のせいではなく、この深い霧によるもの。今日は果たしてどうなるか。





イメージ 4
          7時から行われた再車検も無事に通り、ピット内はにわかに活気を帯びてくる。





イメージ 5
  8:27、目の前のピットロードをこんなスター選手が通過してゆく。ある意味特等席だ。背後は計時班の3人。





イメージ 6
  8:30、我々のもて耐号も出撃準備が整う。やっと全貌を見る事が出来た。それにしてもあまりに格好ヨイ!





イメージ 7
スターティンググリッドにバイクを止め、関係者も本コース上に出る事が出来る「グリッドウォーク」のひととき。42台目の車両は出走を取りやめたのかピットスタートなのか、グリッド上に姿がなかった。我々は他のチームに比べて異様なまでに人員が多いので、後ろに気兼ねする事無く存分に広がる事が出来たのは幸いだった。





イメージ 8
恒例の集合写真。だが良く見るとスタートライダーミーティングに参加中の為M氏の姿がない。もう少し別の時間にする事は出来なかったのか。そして写真を撮っただけでもう退去命令が出る。何だか妙に時間が短かった気がするのは気のせいか?(写真提供Mさん)





イメージ 9

ルマン式スタートに向けて身構えるスタートライダー。いつものおちゃらけ顔が消える。緊張の一瞬だ。

幸いにもサインボードエリアのフェンスの隙間に姿を捉える事が出来たが、脚立を使うべきだった。そもそもライダーが目の前からスタートするというのもすごい偶然であった。ブービーグリッドもまあまあ良かったのではないか。








イメージ 10

レースが始まってしまうと、残された人々はやる事があまりない。

やっとライブカメラに目をやる事が出来る。

左2枚はピットの様子を動画で伝える。右下はピットロード側を見据える静止画カメラ。30秒毎の更新だ。そして右上は移動用動画カメラの映像。どうやらグランドスタンドからNさんが中継を行っているようだ。






イメージ 11
Nさん発見!

もて耐名物、ピットからグランドスタンドをピンポイントで逆ストーカー撮影。

今年は光学ファインダー付きのPowerShotA590ISを忘れてしまい、CX3を使用した。起動速度が遅く、光学ファインダーもなく、防水でもない事もあり、いい写真はほとんど撮れなかったのだが、このようなオーバー1000mm領域での撮影では、手ぶれ補正機能を瞬時に切り替えられる為、良好な映像が得られる。





イメージ 12

8枚上の写真ではまだ名前の入っていなかったピット前看板に、いつの間にか4名の名が入っていた。

誰が誰だかは、V4クラブ員でも判らないヒトには判らないだろう。

当レポートはハンドルネームでなく、実名(のイニシャル)で書いているのだが、「Mさん」が2人いてややこしい。判るヒトだけが判ればいいという極めて投げやりなレポートである。





イメージ 13



出撃に備えて準備運動(?)するMさん。

第一ライダーであり、マシンオーナーであるほうのMさんだ。

ちなみに「MさんからMさん」というライダー交代はない。


    (だから何だ…)










イメージ 14
左上:今回世界に向けて(?)動画配信を行ったボクのスマフォ(?)IS01。1円で購入し、通信料を除けば月々の使用量は7円という破格契約となっている。そして肝心の通信の方は芋場のWiFiルーターを使用。こちらもかつてはUSBメモリータイプだったものを1円(か0円か)で機種変したもの。WiFi化して使い安さは格段に向上した。そんな1円コンビで動画配信を企て、車載カメラで試験を行っていた所、Nさんが賛同。新たにIS012台を投入して来た。つや消しシボアリの黒いIS01はまるで試作のモックのようで、格好イイんだか何だか微妙である。

右上:そんな動画映像に食いつくTさん宅のおこちゃま達。やや遅れて配信される為、自分らの取ったポーズを遅れて見れる所がおもしろいようだ。

左下:この食い入り様はすごい。そんなおこちゃまとパソコンと、ボクのIS01との3ショット。IS01を支えている安物三脚は、クイックシューのアダプターがない為、この後廃棄予定。最後の活躍となる。

右下:移動取材用のシステムを構えるNさん。動画配信と、高画質記録が同時に行えるような板金を自作。これはすごい。返す返すも、動画を見ているヒト達が10人程しかいないのが残念だ。





イメージ 15
雨なのと、光学ファインダーがない事で、もうすっかりやる気のない走行写真。手前のとんがった近代バイクに抜かれる所のようだが、マシンフォルムの美しさでは、我々やFZRやTZR等の旧車陣営にかなうものはないだろう。





イメージ 16
13時のピットイン直前の様子。いつもはボクがやっているストップボード出しを、ピットクルーライセンスのない者にレギュレーションすれすれの所でやらせてみた。ヤバくはないとは思うのだが、背後のオフィシャルの目がちょっと怖い。こんな事ならストップボードはゲスト達(特に女性達)にやらせて、自分はこの位置からピットストップの様子を撮影していれば良かった…after festival...





イメージ 1714時のピットインでは、遂にタイヤをレインからドライに履き替える。シフトペダルの正逆変更も重なり、全6回のピット作業でもっとも忙しい回となった。

昨年からか、ピット作業中に一度にマシンに触れるメカニックの人数に制限がなくなった為、ボクは新旧フロントタイヤの受け渡し役としてタイヤ交換作業にも携わった。
こんな作業をする為にチームメンバーに入れてもらったものの、初年度から「雇われ監督」という辛い(?)立場になってしまったが、苦節5年、遂にピット作業に携わる事が出来た。
(写真提供Cさん)





イメージ 18
 タイヤ受け渡しを終えた後のボクは用済みとなった為、本来のピットクルーカメラマンとしての任務を果たす。





イメージ 19
今年の展示車両は、第1ライダーMさんの公道用RC45。その横にはゲストとして自走で訪れたTさんのNC30が、赤絨毯こそ無いものの展示車両の如く並ぶ(やったのはボクだ!笑)。初年度と2年目はここにボクのNC30が並んでいたのももう過去の話だ。この後、BG誌の記者に写真を撮られていたようだ。今年もBG誌の取材をボクが受けた。ある事ある事を適当に答えた記事が載るかもしれない。もて耐チームに入ってからというもの、雑誌に載る事もインタビューを受ける事もすっかり当たり前となってしまい、今や何とも思わなくなってしまった。





イメージ 20
レース終了!42台出走中17位完走!マシンオーナーでありゴールライダーであるM氏とRC45の2ショットを、メカニック権限があるというどうでもいい理由により、スタンドを持って歩き出していた専属カメラマンからスタンドを剥奪し、スタンドを持ったメカニック以外は立ち入れない本コース上の車両保管場へ。特等席から最高のスナップ写真を撮る事に成功した。ブレてるけど…。余計な事をせず、専属カメラマンに任せておけば良かったのか…





イメージ 21
昨年の反省を生かして、今年はピットガレージの片付けに入る前にさっさと集合写真を撮る。昨年と違い、この時点まで残っていた全ての関係者が無事写真に写る事が出来た。ただ、肝心のRC45もて耐号が返って来なかったのが残念。果たしてどちらが良かったのか…(写真撮影Mさん)





イメージ 23


そんな様子を、ピット設営のライブカメラは、後方から静かにじっくりと確実に狙っていた。

これこそ、物言わぬ、最高のカメラマンだ!











イメージ 22
ピット設営も早かったものの、有り余る人員により撤去はもっと早かった。これからももてぎのピットに来る事はあるかもしれないが、これだけの大人数で、まるでワークスチームのような勢いで訪れる事はもうないだろう。5年間のもて耐活動はこれで終わりだ。何だか無性にさびしかったが、そんなセンチメンタルな気分に浸る間もなく、大量の輸送機材に恵まれた近年は、ピットの撤収は信じられないような速度で進んだ。






 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お疲れ様でしたm(__)m
東京では良いお天気で、決勝良かったな〜♪ なんて思っていたのに、本当に微妙な天候状況だったのですね。
何はともあれ、完走おめでとうございました。
そして、撮影もお疲れ様でしたm(__)m

2011/12/3(土) 午後 4:15 [ ひろ ] 返信する

顔アイコン

さすが専属レポーターですね(^ ^)v
当日のことがくっきりと思い出されます。
あ〜ライブカメラのショット…
何度も背伸びしてたのがばればれですね(@ @;)

2011/12/3(土) 午後 5:55 [ 茶姫 ] 返信する

顔アイコン

耐久レースやるのにレース以上の耐久移動しました!
香川からは遠かった!
往復1600キロはもっと楽にできる乗り物が良かったDeath

レースは本当にお疲れ様でした。
最後にレースは楽しく参加させていただきました。

2011/12/3(土) 午後 9:59 [ West ] 返信する

ひろさん>ありがとうございました。
まるで涙雨のように、ふりしきっていました。
(なので写真もあんまりありませんでした)
最後にまあまあいい順位になって良かったです。

2011/12/5(月) 午後 0:44 PRYCE16 返信する

茶姫さん>お疲れ様でした。
今年は走行写真もなく、かなり投げやりレポです。

後ろから首だけ出してるような方々を救済し、バランスよく配置させるべきでしたね(いつもはやってるのですが…)。

あ、写真を一部使わせていただきました。

2011/12/5(月) 午後 0:47 PRYCE16 返信する

westさん>お疲れ様でした。
遠路お疲れ様でした。

楽しんでいただけて何よりでした。

2011/12/5(月) 午後 0:47 PRYCE16 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事