PRYCE16写真日記

このブログも今やすっかり凸凹凸凹ブログに?(笑)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
猫屋敷。開演1時間前。だがいつもと違うのは、休日マチネという点。コントラストが高く、日陰部分はモニターで見ても真っ黒につぶれていたので、ココが画面上でやや明る目になる位に露出補正をかけた所、本当にやや明る目になってしまった。写った通りに写らないP7100のモニターは本当に腹立たしい。





イメージ 2
キャストボードがこの位置に移動してから初のマチネ公演。入口からの光を直に反射してまばゆいばかり。これもネオンの夜景と同様、思いっきりマイナス補正して撮ろう。ボクは仕損じた為、マイナスのガンマ補正を加えた。前回から変わったのはこの3人。





https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/28/tom_pryce16/folder/739714/img_739714_61271865_6?1324439235

イメージ 3夢の5-90席。目チカで前を横切ったのはヴィクか?ソング「♪冒険に〜は〜」での山中ランペは、舞台上を走る時からして勢いが違う。「飛距離」を出そう等という発想がそもそもなく、むしろ止りやすいようにとそろりそろりと滑ってくる。そして4-90席脇でダラダラと停止。伏せのように体を低くし、はるか彼方の何もない所を見つめている。そんな山中ランペを近すぎず遠すぎずで、しかも間には空気以外何もない状況で見る事が出来る。ランペヲタにとってはこの上もない素敵なひと時であるが、しかしやはりどうしてもロックオンされたい……………と熱い視線を送り続けていた所、「♪お前こそが、そうジェリクルCATS!」というという部分で目線だけでなく指までモロに指されてしまった。まあ100%目線を独占ではなかったが(そんな事もあった)、残りは他のヒトではなく虚空を睨み付けていた訳だし、ある意味では今回も100%独占したと言えなくもない。

ソング後半から光山タンブルにじわじわとロックオンされた。これもやはり角席ならではだ。せっかくなのでロックオン返しを続けていると、だんだん距離が近づいてくる。「ジェリクルCATSを知っているか!」のあたりでは相当苦しかった。やがてネーミングが始まると、恐怖のおまきジェミマがスロープをそろそろと降りてくるのが視界の片隅に見えた。かなり粘ったもの諦めておまきジェミマへと目線を動かすものの、わずか0.5程しかロックオンしてもらえなかった。もっと早く諦めれば良かった。その後和田バブがやって来て1.5席程隣にかなり長時間滞在し続ける。かなり小柄な事が良く判った。


1幕のハイライト(?)ボウル決めでは、ボクの45度前方。交差点のど真ん中で満足げにポーズを取っていた。先程のようにおこぼれのような目線を期待したが、それは叶わなかった。だがその後グリザが登場すると、椅子やボクの膝に当たりそうな位の位置に立ち、そのまま数秒間静止。普段見た事もないような角度から見上げる事となった。これもレアな体験か。その後タガーも、我々の目の前に仁王立ちする。こんな動きだっけ?


2幕、ひと悶着の後、1.5m程までやって来た坂田ディミ。残念ながらロックオンもなく、何やら面白い事をする事もなく戻って行った。ガスへの拍手強要シーンの秋夢ジェリロの弾けっぷりはなかなか良かった。グリドル登場時、飯田タガーが嬉しさの余り、微妙に進路を塞ぐ位置に立っていた洋マンゴについ蹴りを入れてしまった。これには流石にムッとしたようで、その後、後方からこっそり蹴り返していたのがおかしかった。

マキャナン待機の秋夢ジェリロは3回目だが、横浜My初日では、どのナンバーの時にどの猫が通路を通るかといったような見方はまだしていなかった(あの頃はまだまだ健全だったなぁ〜)、実質2度目。朴/岡村ジェリロとはまた質が異なる大柄なジェリロがすぐ横を通る。

ミストナンバーではまたもやタイミングを計り、1席後方付近でA席側に「ミストフェリーズだよ〜」と愛嬌をふりまいている所を、150度位体を捻ってじ〜っとテレパシーを送り、無事に笑顔をもらう事が出来た。その後まだしばらくその位置にいたので、再びガン見すると、舞台上で起こっている何かを見てあっとかえっとかうわっといった感じで表情をコロコロ変え、慌てて舞台に戻っいく所をこれまた超至近距離から見る事が出来た。いつもなら後ろ姿を見つめる時間が長いのだが、これも角席効果だ。

わずかまだ4回目の和田バブ。最初に見たバブデビュー時はかなりスリリングだった。わずか3週間だけ出た後、1年5ヶ月の時を経てこの夏に再登場した。その時もやはりスリリングだったのだが、前回はなかなかいいぞと思った。モンゼのような谷口のような喉の使い方がなくなり、本来のバブのような清らかに澄み渡る声に相当なって来た。メモリーでは「♪花のよおっ、に」といったような独特の区切りも見事にシンクロしていて、何だかすごく良かった。グリザを止めに行く時のスタートが遅れ、これじゃ間に合わんぞ!と別な所でヒヤヒヤした。

さていよいよ本日一番のお楽しみ「カテコ待機」である。これは前回この付近に座ったときに4-90席付近からかなりダイナミックにロックオンをかけられる事が判っていたので、結構余裕だ。廣本ヴィクは案の定、5-90席には目もくれずに後方へと向かう。そしてスロープを降りてきた山中ランペの目線は終始ボクに向けられる。それはまあ想定内なのでいいのだが、「キミ、一体何処まで来るつもりだい?」と心配したくなる程いつまでも歩き続けて…最終的にはボクの膝から10cm程の所までやって来たのだ。ネーミングの4足歩行がなくなり、山中ランペの近接下から目線にはもうお目にかかれないと思っていたのでこれはうれしい。しかも本編ではしない素のニコニコ顔だ。それも5秒位。ネーミングならもかく、カテコ待機で5秒は相当長い。今まで何度かこの席に座ったが、ランペに関してイイ思いをしたのは、ボール決めで王クンランペに下から目線で100%ロックオンを受けた位だった。以降、大□ランペには遭遇せず、他のランペもこの席に対しては非常に冷たかったが、最後に大変素晴らしい思い出が出来た。



握手会は、前回同様。まずは蝶野マキャが上手側からやって来た後、C席を時計回りに回る。C席最前を回った後に回転席サブセンターへ行くのでなければ、最初に5-90席から開始した方がスマートじゃないだろうか?それからかなりゆっくりと相ボンがやって来る。おそらく大丈夫だとは思うが、やはり心配。今回はアイコンタクトを取る余裕もあり。となりの方はボンのファンだったらしく、身を乗り出して両手でがっしりと握手し大喜びしていた。その後A席最前を終えたヴィクがやって来そうだったが、A席通路脇を南下していった。そして目の前にはタガー。握手する時間はないと見たのか、尻尾でものすごい速さでハイタッチ。ボクはあとちょっとの所で仕損じた。

一方のC席下手最前列はというと、まずはユキンボは安泰として、以前は季節外れの台風のように突如進路を変更してC席最前列を華麗にスルーしたおまきジェミマとも無事握手出来ただけでなく、更には永野ランパスとまでも握手出来たらしい。おそらくA席通路脇を終えた時に、A席最前にはタンブルがいた為に行き場を失ったのだろう。スキンボだけだったらごめん!(特に男子諸君!)と思っていたのだが、なかなか良かったではないか。








イメージ 5
終演後、本日同行したトンネルクラブの方々の一部と、「猫からのご挨拶」をイメージした記念撮影。西日が強烈で、階段部での撮影では直射がカメラに入る為断念。猫目を入れる事は出来なかった。1秒でも早く大急ぎで託児所へ向かった一家と、車で来た方が一緒に写る事が出来なかったのが残念。





イメージ 6
       仕方がないので、猫目を単体で。日中の猫目を見るのはおそらくこれで最後。





イメージ 7
    とりあえず桜木町方面へと移動開始。やはり同じく、昼間の猫屋敷側面を見るのはこれで最後。





イメージ 8
  反省会は関内の特殊居酒屋で!…と企てていたボクの目論見は無視され、三駅程歩いて到着したのは…





イメージ 9
        こんな場所だった。今年5月に中国デビューを果たしたボクには違和感のない光景。





イメージ 10
 恒例のウソ乾杯。グラスを左手で持っているヒトが異様に多い事に注目。右手には皆勿論カメラを持っている。





イメージ 11
出てきた料理の写真をどう撮るかで、ちょっとしたフォトコンが開催された。撮ったカメラを並べ、テーブルを回して一同品評する。中華料理店によくあるある回転テーブルがこのような用途に使われたのは、おそらく史上初なのではないか?





イメージ 12
フランスマンマのプログラムを回覧した所、今回唯一複数回見ている△さんは開口一番「キノッピーじゃない!」と。最初意味が判らなかったが、女子の被り物のふくらみは確かに少ないかもしれない。ボクがこの写真を見た時に思ったのは「男女比が逆」「ドナが隠れている位置がセンター付近からかなりずれている」だった。





イメージ 13
本日の反省会はこんな所だった。反省会中ボクは、本日初四季(膝上)観劇となったひょうちゃんに「1幕頭で猫がややこしい名前を色々教えてくれた時、ロックオンされた?山中ランペ超かわいかったでしょ?」等と、CATS初観で、しかもまだ片言な幼児に本気モードで絡んだ。これこそヲタクの真髄である。




イメージ 14





石川町駅の料金表と、同じく所要時間を記した路線図。

気になるのはやはり…(笑)
















イメージ 15
下り?というか南行というか…。ケツ打ちは、鉄道写真としては原則NGである。だが前照灯が煌々と輝くと色々と悪さをするので、時にはいいのかなとも思う。それはこれから乗る列車を撮った時に如実に現れ、使い物にならなくなったからである。




イメージ 4
トンネルクラブの猫屋敷観劇記録。2010年2月17日はごく一部のみ参加の非公式行事。これを見て驚くのは、ジェリロ、ヴィク、ミスト、スキンボ、ギル以外は今回全て初観という事。これだけキャストが違うと、流石にベツモノに見えるのではないだろうか?






この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

有難う御座いました!今回も素敵なキャッツでした。
どの猫かわかりませんが、ひょうちゃんにちょっかいかけて頂きました。
一番下の表、有難う御座います。こうやって見てみると、私もいろんな役者さんで観たんですね〜。仰るとおり、ひとつとして同じ印象を受けた回はありません。あの猫はあの役者さんがいい!と言えるほど“ツウ”になりたかったです。
今更ながら、えげつない席やタガー連れ去り席(連れ去られないが)に座ってみたかったなあと思います。自宅からこんなに近い劇場なんてもう有り得ないでしょうし!
また次回観劇もどうぞよろしくお願いします。 削除

2012/10/30(火) 午後 0:41 [ えみ ] 返信する

えみさん>お疲れ様でした。
2幕冒頭だと、張野マキャですね。

こんな表ひとつでも色々分析出来ますね!
年イチ頻度だと色々な役者さんで見れますが、月イチ頻度だとなかなかいつも同じで…(笑)

ま、ボクも横浜では結局4度のえげつない席と、回転するS席としないS席を1度づつ観た以外は全てC席でした。それ程C席が必要にして充分な席だったという事でしょう。大口カッサや大□ランペと握手したかったのはやまやまでしたが、その為だけに変なS席は流石にちょっと…

その点、五反田名物のジェリクルギャラリーはヲタには本当に魅力的な席でした!(←初CATSで前予で取り、その時の初握手が大口カッサ!!!!以後転落人生を歩むw!)


次回年末LK&忘年会は本当にやるのかな〜。
まあ最悪N村家とM村家とボクだけでもいいですけど…
流石にちょっとむなしいかな…orz

2012/10/31(水) 午前 0:45 PRYCE16 返信する

顔アイコン

詳しいことは分からないけれど(いつものことだけど)
今回のキャッツは「フレッシュ」な感じで好きでした。
しっぽふりふり席も楽しかったー!
(前に見たのは・・こなれた感があった気も。) 削除

2012/10/31(水) 午後 7:26 [ あつお ] 返信する

あつおさん>お疲れ様でした。

前回は…横浜開幕直後ですか?
あれから沢山のヒトがやめ、沢山のヒトがデビューしましたね。
確かに横浜初頭はベテラン揃いでした。

タガーのしっぽ、惜しかったですね。
C席最前列は、回転席最前列に次いで人気のある場所で、ボクもなかなか取れませんでした。前回も今回も(一部を除いて…スマン)皆さんに座ってもらえてよかったです。

2012/10/31(水) 午後 11:44 PRYCE16 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。
すんごく良い席でしたので、迫力が有りました。

自分は最初で最後の「横浜CAT」の観劇でしたので、見に行けて良かったですよ。
それに、「五反田CAT」以来の観劇でもあるんで…

今度は、また「夢夢」を見に行きたいですね。

2012/11/1(木) 午前 7:53 [ YUIchan ] 返信する

今回も良席の確保、有り難うございました!!!
毎回感謝しています。<(_ _)>
今回の席は四季観劇全てを通じて一番の良席だったと思います。
また集団観劇の他、1+1観劇や1+2観劇も宜しくお願いします。(・ω・)ノ
あと観劇だけじゃなくて、またレース観戦にも行きましょう!
まあもうシーズンオフなので、来シーズンになりますが。(^o^)ノ

2012/11/1(木) 午前 9:10 [ おむすび ] 返信する

顔アイコン

pさん、今回も良席で好評だったチケットありがとうございました。
チキショー!!!E.T嬢のタントは?アァ悲しすぎ。

広島にかけるしかないな!!!数週間後はよろしくです!

2012/11/2(金) 午後 8:33 [ pea*z*iq*o ] 返信する

ゆいちゃん>お疲れ様でした。
今回ゆいちゃんが座った席は、通称「大□ランペロックオン席」と呼んでいる席で、この席で4回程悶絶した事があります。今回ボクが座った席よりも実は好きです。

五反田CATS、懐かしいですね。あの頃は1階C席がまだ眼中になかった頃で…。まあCATSを上から拝めるのは今や貴重な体験です。

夢夢…なんかつい最近終わったばかりのような…(笑)

2012/11/3(土) 午前 1:03 PRYCE16 返信する

おむすびさん>お疲れ様でした。

おそらく皆さんは、四季のチケ取りなんて会員なら簡単なんだろ?と思われているでしょうが、猫屋敷のC席最前は、かなりのプラチナチケットです!ボクも座った事は数える程しかありません。

1+2観劇って…実際どうなんでしょう?
おむすびさんは良くても、お連れの方は…なんて事になってないでしょうか?

レース観戦は是非、大砲振り回しオフにしましょう。

2012/11/3(土) 午前 1:03 PRYCE16 返信する

やまのねこさん>今回の主役のまさかの欠席…orz。残念でした(笑)。
高倉タントは、その翌週に拝見する事が出来ました。

広島は…絶対いかないつもりです。大□ランペが出ても行かないつもりです。だって、CATSはただ見るだけではもはや何の意味もなく、お気に入り役者から超至近距離でロックオンされてこそなもので…

2012/11/3(土) 午前 1:03 PRYCE16 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事