PRYCE16写真日記

このブログも今やすっかり凸凹凸凹ブログに?(笑)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
自宅からわずか7km程の所にある道の駅で、昨夜の23時頃から車中宴会を行い、4時少し前に寝た。朝は車をノックする音で目覚めた。昔はスキー場の駐車場に夜中に着いた時には朝こうして起こされた(そして駐車場代を徴収された)。外に出て見ると、よく知ったバイクがずらりと並んでいた。V4クラブ主催の「いちご狩りツーリング」の集合場所(の、バイク用駐車スペースのまん前)に、何の参加表明もしないままこっそりと車を停めて待ち伏せしていたのだが、案の定バレたのだった。主催者曰く「予想していた」との事。





イメージ 2
    手前のバイクはボクのバイクに似ているが、ボクのものではない。よく見ればまったくの別物なRC30。





イメージ 3
バイクと車の混走は危険だし、先導者にとっては面極まりない事なので、本当は見送るだけにするつもりだったのだが、「付いてくるな!」とは言われなかったので、行ける所までいってみる事にした。昔は毎週のようにこんな写真を当ブログに載せていたが、2010年の秋を最後に集団ツーリングには(バイクでは)参加していない。





イメージ 4
     同士討ちが怖いので、車間距離を開けて走っていた所、カーブで全員の姿を写す事が出来た。、





イメージ 5
     第2集合場所の「道の駅思川」へ到着。ココでバイクは9台となる。





◎本日の参加車両
イメージ 6
     上段左より、えぬむらさん(RC46-2)、お下劣さん(CBR1000RR)、おむすびさん(RC30)
     中段、たーさまさん(RC36)、やまのねこさん(K1200R)、せるさん(NC30)
     下段、TOSHIさん(NC30)、ヨッシーさん(FORZA)、ゆきひささん(NC35)





イメージ 7
     及び、ボクPRYCE16(SG9F)、トレッキーさん(HIACE)の車参加組。





イメージ 8
出発準備風景を車の中から悠々と見守るものの、何となく寂しさを感じる。無性にバイクに乗りたくなって来た。





イメージ 9
     参加台数9台となると、かなり大掛かりなツーリングと言える。それについて行くのも結構大変だ。





イメージ 10
         で、やって来た昼食の店は、R4旧道沿いにあるこんな店。ボクは来るのは初めて。





イメージ 11
     ツワモノ達の席には、ホルモンのトリプルに大盛ごはんが並ぶ。





イメージ 12
一方こちらはトンネルクラブのテーブルは、まだごはんやみそ汁等が到着していないとはいえ地味そのものだ。かつては爆盛り店を荒らしまわるツーリングクラブだったというのに、その面影は今何処。隔世の感がある。





イメージ 13
ボクはというと、ホルモン(×1)定食に半ライスという最も小食な構成。食い終わった後に「あ〜ハラ減った」という位が丁度良い…等といった健康的な事を言うボクも、昔爆盛りツーリングに参加していた頃は平均以上の量を常に食っていたし、舞子後楽園スキー場の後楽園ゲレンデ内にある「レストランIIHO」のジャンボカレーをたいらげた後にまだ滑ったという事もあったのだから、やはり時代は変ったのだろう。





イメージ 14
  絶滅危惧種であるV4車が2/3となる6台も占めると、かなりの圧巻。本当にボクもバイクで参加したかった。





イメージ 15
   こういう道でこういう走り方をされると、車ではまったくついて行く事が出来なくなる。まあ仕方のない事だ。





イメージ 16
               ゴルフ場に挟まれた桜の木の下をゆく一行。





イメージ 17
     山の上の展望台で休憩。





イメージ 18
     関東平野の端と言われている大平山からの眺望。全般的に薄曇りで残念な天候だ。





イメージ 19
この先、いちご狩りへと向かう一行を見送る。いちごは勿論好きだが、やはり「もう少し食べたいな」という所でやめておきたいのだ。でないと見るのもイヤな状態に陥ってしまう。それにしても、車で参加し、いちご狩りに参加せずに帰るボクに、いちご狩りツーリングの参加者を名乗る資格は果たしてあるのだろうか。





イメージ 20
それから、ホルモン屋さんからは目と鼻の先だったこんな所へやって来た。大平山はまったく正反対の方向で、少々ロスをしたが、まあたいした距離ではない。





イメージ 21
特に時刻表や時計を気にして行動していた訳ではないのだが、到着するやわずか数分でSL列車がやって来た。





イメージ 22
出発に備えて投炭され、猛烈な煙を吐くC12。風向き悪く、煙の直撃を食らった。だが車やバイク好きのヒトがガソリンや排ガスの匂いを香ばしく思うのと同様、この煙もボクにとっては心地よいものだ。ただシンダーが目に入ると、あまりの痛さに一気にテンションが下がるので、それだけは注意した。





イメージ 23
本線走行中のSL、真岡駅々舎、SLキューロク館建屋、9600型SLと、4台のSLが並ぶ。9600は圧縮空気により自走可能な半動態保存機である。本来展示運転は14:30が最後なのだが、このSL4並びの為に再度庫外に出ていた9600は、その撤収時には、わずか数分コンプレッサーを回しただけで走行していた。汽笛の弱々しさからすると、罐圧は1気圧をはるかに切っていたのではないか。以前訪れた時には、ドレインが常時開いた状態で固着しており、加減弁を開けると、ドラフト音よりもドレインの音の方がはるかにやかましい状態だったが、その後どうやら可動するようになった模様。なのでこの超低圧走行も可能となったのではないか。





イメージ 24
それから、「羊の皮を被った狼」な森君の俊足を生かして、寺内駅に先回りして、C12の走行勇士を撮影した…





イメージ 25
というのは嘘で、いくらのんびり走るSL列車とはいえ、専用軌道(?)をノンストップで走られては、追いつくのは容易ではない。真岡や益子といった長時間停車する駅を超えない限り追いつくのはまず無理だ。上の写真は終点の下館まで行き、DE10に引かれて折り返してくる回送列車…ではなく、普通の営業列車(但し停車しない駅アり)の後ろ姿である。補機付きのSL列車程がっかりさせられるモノはないが、だがこうしてみれば、古き良き時代の懐かしいローカル線の客車客車に見えなくもない。次回の全検時には是非この50系客車を「赤2号」で出場させてほしいような気もする。少なくともDE10にはよく似合う事だろう。





イメージ 26
ひなびた雰囲気の残る折本駅。駅舎の屋根の上から背後の家屋の屋根が生えないように構図に気を配った。





      本日の参加者
◎V4クラブ(表明時コメント)
お下劣ヒロ(待ちに待った大型自動二輪公道デビュー!)
ヨッシー
ゆきひさ(バイクが仕上がればバイクで行きます。イチゴ狩りは不参加でお願いします。)
TOSHI(二輪で参加します、雨天時は四輪になります。)
せる(天気は問題なさそうですね。)
トレッキー(車で参加 大人1匹 子供2匹)
おむすび

◎トンネルクラブ
えぬむらさん夫妻
やまのねこさん夫妻
たーさま

&PRYCE16



皆様お疲れ様でした。
楽しいひと時をありがとうございました。



 

この記事に

閉じる コメント(2)

さてと、それでは復帰ツーリングに行くとしますか。
まずは「福吉」に行きましょう!
本気ですよ!(笑)

2014/3/29(土) 午後 4:27 [ おむすび ] 返信する

おむすびさん>お疲れ様でした。
昔なら甲府なんて庭みたいなものでしたが、今や日帰りは困難かも…
とりあえずは「やよい食堂」にしませんか?(笑)

2014/3/29(土) 午後 9:24 PRYCE16 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事