PRYCE16写真日記

このブログも今やすっかり凸凹凸凹ブログに?(笑)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
12:49、峰の原高原からR406を須坂方面に下り、旧長野電鉄渡内駅へとやって来た。屋代線廃止の数日前、当駅で終電まで酒盛りをしたのがつい昨日の事のように感じるが、あれからもう5年もの月日が経過した。駅舎を利用した学習塾がなくなり、駅名表示看板も外されててしまったが、現在も待合室として細々と使い続けられている。前回訪れた時からは変化ナシ。地震で倒壊しない限り、おそらく今後もこのままだろう。





イメージ 2
12:52、信濃川田駅。ココは激変していた。といっても駅舎や2000系A編成がどうにかなった訳ではない。ただ…





イメージ 3
3500系がなくなっていた。どうやら今年1月に解体されてしまったらしい。ココもすっかり寂しくなってしまった。


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-71-28/tom_pryce16/folder/1512048/07/63098507/img_17?1417052593
アングルは異なるが在りし日の姿。2014年10月13日。但し最後に確認したのは昨年9月27日





イメージ 4
R19、K31を経由して大糸線沿線に抜ける。15:05、JR西日本の管轄になって一駅目の中土駅へ。この付近の旧道は、線路のすぐそばまで迫る事が出来て、かなりの穴場スポットだ。





イメージ 5
15:41、平岩〜北小谷間の旧国道、現在の県道375号は2005年の水害で普通となっていた。それから20余年の時を経てようやく開通した…というか、平沼駅へゆく途中の道路標識に「当分の間通行止」と記されていたのが消えていたので喜んでぐねぐね道を登ってみたのだが…。開通はしたけど冬季は通行止めらしい。また夏にでも訪れるか。




イメージ 6
16:17、頚城大野駅。大糸線の西日本区間はこういった趣のある駅舎が数多く残り、その全てが無人駅であり、また駐車も容易なので、訪れやすい。





イメージ 7
17:32、糸魚川の展望台着。





イメージ 8
振り返ると、相変わらず凄惨な光景。





イメージ 9
18:50、梶屋敷駅で上り3098列車を迎え撃つものの、既に写真を撮れる状態ではない。





イメージ 10
糸魚川〜直江津間の絶景を、暗闇の中淡々と進む。もったいない。そして20:20、犀潟駅傍のいつもの駐車場へ。ちょっと銚子が悪かったので、市振〜越中宮崎間のあの駐車場は危険そうなので諦めた。





イメージ 11
20:50、上り4094列車。増感に次ぐ増感を重ねて、何かが写っている事だけは判るようになった。





イメージ 12
20:59、上り4090列車。これは…何?青後藤なのだろうか?(→EF510-513)





イメージ 13
23:09、下り3099列車をP7100の動画で撮影したものをキャプチャして更にトリミング。本当にただの記録だ。





イメージ 14
23:27、下り4071。少し離れて…というか走ったのだが間に合わなくてこの位置に。しかしこの方が少しはマシだ。





イメージ 15
24:22、下り71列車。動画再生した場合、この位置の方が迫力はある(踏切の音はうるさいが…)。だが動画をUPする元気がない…(笑)


XX.X XX.X
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事