PRYCE16写真日記

このブログも今やすっかり凸凹凸凹ブログに?(笑)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
10:57、 例によって大宮での所用の後、またもや埼玉新都心駅へ。早速桃太郎を捕獲。





イメージ 2
11:09、今度は金太郎。本当に退屈しない場所だが、なまじダイヤが判っていると、むしろ超忙しく、心が休まらない。何も知らずにぼけーっと待つ位が丁度良さそうな場所だ。





イメージ 3
11:35、南浦和から武蔵野線に乗り換え…





イメージ 4
12:51、西国分寺経由で八王子へ。そこから変な色のヨ233系に乗り、橋本で下車。





イメージ 5
12:54、「小田急?」と思われるような205系500番台に乗り換え、茅ヶ崎まで相模線全線制覇。





イメージ 6
14:10、茅ヶ崎から東海道本線に乗り換え、大船で下車。その目的はというと…





https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cb-4a/pryce16uop/folder/1582762/47/63840447/img_1_m?1489053721
鉄道マニアの間では有名な構内の駅蕎麦店に寄りたかったからだ。




https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-cb-4a/pryce16uop/folder/1582762/47/63840447/img_0_m?1489053721
本日の昼食。価格、麺やかきあげの質からして、「いろり庵きらく」の元祖のような感じだ。




イメージ 7
14:48、大船から東海道本線でもなく横須賀線でもなく、京浜東北線(正しくは根岸線)にわざわざ乗ったのは時間が余っていたからではなく(←それもあるが)、根岸駅にある製油所に出入りする貨物列車が見たかったからだ。





イメージ 8
16:02、そしてこんな所へやって来た。





イメージ 9
振り向けば奴がいる!(笑)





イメージ 10
16:37、こんな奴も到着。だが流石に寒くなって来たので早々に退散するものの、まだ2時間近く時間を潰さなくてはならない。世界貿易センタービルの地下で暖をとり(笑)、増上寺まで遠征したりして無駄に時間を潰してからやって来たのは…





イメージ 11
18:00、今年2回目のこんな所だ。まだ開演の30分前だが、地下鉄が止まって車内に閉じ込められた四季友の方の為にQRチケットを発券して受付に預け、オペラグラスを忘れたので借りたりといった通常のルーチン外の事をやっていたら、あっという間に時が過ぎた。そして近年では珍しく5分おし(数年前までは万年5分おし)だった為、友人は本当にギリギリで間に合った。







イメージ 12
本日の出演者。印は前回から変更になったヒト(聖歌隊はほぼ総入替なので印ナシ)。

2度目という事もあり、前回と違って全貌(ガーゴイルと町のヒトは2役。聖歌隊は2階最後列からはまったく見えない等)は判っているせいか、少しは話に集中出来た。曲はコーラスをふくめて圧倒的な迫力なのだが、そういう部分に限って歌詞が聞き取れない(これはオペラ座の怪人でも同様の状態となり、CDを購入するまで、何の話なのかまったく判らなかった)。また「美女と野獣」と「アイーダ」の悪い所取りのようなストーリーも、何処が見所なのか不明だ。格好悪い男がかわいい女の子にフラれる事など、日常にゴロゴロしている。そんなのを舞台で見せられてもより一層思い知らされるばかりだ。この作品のコアなファンの方に、この作品の魅力を是非教えてもらいたい(笑)。

前回から変更になったジャスミンは宮田さん。ソンダンの時に、シャドウランドを太極拳でやった事があったのだが、その時に鎖骨と腕筋のあまりの美しさにしびれてしまい、終演後のお見送り握手会は瞬時に探し出してその列に並んだ程で、今回もちょっと楽しみにしていた。踊れて歌えるヒトなので、その辺はまったく問題ないのだが、鎖骨等に関しては特に感動がなかった。太極拳というのがそれだけ筋肉を使うものだという事なのだろう。それとジャスミンの衣装に関しても少々物足りなかった。最近腹筋フェチなので、腹部は是非露出して欲しい所だ(笑)





イメージ 13
終演後、浜松町のモノレールビルの1階「串八珍」にて、今日もまた四季の師匠と。ここの所ずっと御一緒させていただいている。最後に一人で四季を観たのは一体いつだったか…(→この時)。雑談に話が咲いてしまった所、食い物の写真をすっかり撮り忘れてしまっていた。



帰宅後、よせばイイのに、アニメ版のノートルダムの鐘を観てしまった。保坂知寿さんのエスメラルダには相変わらずしびれまくりだ。ハッピーエンドとされているこのエンディングは、舞台版以上に酷い。いずれにせよ正直な所、好きな演目ではないようだ。だが別に否定はしないので、どなたかから魅力を教えてもらったらころっと大好き演目に変貌する可能性は充分に秘めている。

XX.X XX.X
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事