Tom's blog

”モノづくり”は楽しい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨年の1月に、浜松市のI氏より制作依頼のあった
Order Made Speaker Network Model I
の設計から製作の顛末を本blogに投稿したが、
今回は更にマニアックな
超弩級スピーカー・システム用ネットワークの
制作依頼がI氏より入った。

構成
WO:ALTEC 515B×2 + WE ミラフォニック・バッフル模造品
SQ:JBL 2440 + ALTEC 1505Bマルチセルラホーン模造品
TW:JBL 075
イメージ 1

更には、
前回のModel Iで消化しきれなかったI氏が所有する
大型オイルコンデンサーとトロイダル型コイル等を使用する
ことというクライアント・リクエスト。
イメージ 2
オイルコン:ロシア軍仕様品
 10uF φ49x95 4個
 4.7uF φ33x95 8個
 2.2uF φ33x55 2個
トロイダル・コイル:Jantzen Audio Denmark C-COIL
 2.2mH φ92x30 2個
アッテネーター:VISATON LC 95
 100W 2個

WE ミラフォニック・バッフル模造品は、
I氏の見栄え優先欲から、
I氏自ら図面を起こし、製作したもの。
音響的にはかなり曲者と見た。


まずは、WOとSQの素の特性の把握から・・・

簡易音響測定器PHONIC PAA2を使って
直前1mにおけるピンクノイズの周波数音圧特性を測定。

結果は以下の通り。
515-L
イメージ 3

515-R
イメージ 4

2440-L
イメージ 5

2440-R
イメージ 6

周波数音圧特性
イメージ 7

                WO:ALTEC 515B×2+WE ミラフォニック・バッフル模造品
                ・バッフル全面のフロントホーンの性格から100〜200Hzが盛り上がる。
                ・リア側の音の回り込みで300Hzにディップができる。
                SQ:JBL 2440+ALTEC 1505Bマルチセルラホーン模造品
                ・Rは理想的な特性。
                ・Lは630Hzにピークがあり、それ以上の周波数ではRに比べ5dB位低い。

両者共思っていた以上に曲者だ!
さてさてどうなる事やら・・・続く

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

浜松市のLCウェルネス「現役っ子クラブ」での
ハイパーソニック・スピーカー・コンサートの第25回目が
5月21日に開催されました。

今回は、「感動的な音楽の世界」と題し、
凄い演奏・心にしみる曲・優しい歌など、色々なジャンルの感動的な
映像音楽をお届けしましました。
イメージ 1


ちなみに、パンフレットに掲載された田舎の風景は、
2週間前に高知県幡多郡黒潮町馬荷で撮影した“由緒正しい田舎の風景”です。

プログラム
1 少女がリコーダーを吹いたら凄い演奏が よろこびの歌
2 クムリソラ 五島列島の島唄
3 エリック・クラプトン Tears In Heaven 
4 豪華アーティスト多数 We Are the World
5 天使の歌声の少女ブラジルの番組 愛は花 君はその種 
6 奇跡の歌声を持つ少年 You Raise Me Up
7 東京 丸の内で弾き逃げした結果 久石譲 Summer 
8 浜松駅ピアノ弾き逃げ なごり雪
9 Sweet Mama Dog You are so beautiful
10 三浦大知 平成天皇陛下作詞 皇后陛下作曲 歌声の響

イメージ 2

以下で述べるハイパーソニック効果に加え、
今回のテーマである感動的な要素や、
昔よく聴いた曲を聴くことで得られる懐かしさの要素などが
相乗的に脳に働きかけると思われる。

ハイパーソニック・スピーカー・コンサートは
Tom's labの無指向性スピーカーRP082と無指向性スーパーツィーターHM120による
ハイパーソニック・スピーカー・システムを使用して、
ハイパーソニック(非可聴音)を含む音楽を聴くことによる
脳活性効果や癒しの効果(ハイパーソニック効果)
を得るためのボランティアの出張コンサートです。
イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今回は、
見掛けによらず最新のオーディオ技術に造詣が深いじじい達が論説するハイレゾ・テクニックと、
若かりし頃聴いたノスタルジック・ミュージックの懐古談を肴に、
じじいのハイレゾ・ノスタルジック・無指向性・スピーカー・コンサート」が
4/18にTom's labで行われました。

メンバーは、以下のretiree3名と私(Tom)。
・毎日自転車で町中を散策しニュースな事象を皆に報告してくれる“チャリ徘徊じいさん”のAさん。
・愛犬の召使いを務める傍ら、庭の草花の育成に余念のない“街の花咲かじいさん”のYさん。
・アジアの寺院とおやじギャグをこよなく愛する“ダジャレ大好きアジアンじいさん”のNさん。
イメージ 1

今回のコンサートで使用した無指向性・スピーカー・システムは、
無指向性スピーカー:Tom's lab RP123
イメージ 2

    プログラムと評価
  (1)これぞハイレゾという曲
   ・ダイアナ・クラール ライク・サムワン・イン・ラヴ
    ハイレゾらしいきめ細かなマスタリングで気持ちいいね。(Tom)
  (2)Yさんが若い頃、オーディオに興味を持つ切っ掛けとなった曲
   ・Saint-Saens Symphony No.3 in C minor, Op.78 'Organ' - II. Poco adagio
    昔、世田谷で、この曲のパイプオルガンの低音が綺麗に再生されるスピーカーの音を聴いて、
    オーディオに取りつかれてしまった。(Yさん)
  (3)若かりし頃良く聴いた曲(Yさん推奨)
   ・庄野真代 飛んでイスタンブール
    40年位前の曲だけど、この曲のボーカルはいい音で録音されてるね。(Tom)
  (4)永遠の迷曲と名曲(Nさん推奨)
   ・セロニアス・モンク ラウンド・ミッドナイト
    この曲って、テンポも音程も何かおかしくない?(Yさん)
    楽想と演奏の時間の流れが超個性的だね(Nさん)
   ・P.フルニエ バッハの無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調
    このチェロの音はいい音してるね。(Yさん)
    この無指向性・スピーカーに合ってる。(Nさん)
   ・リコーダーのクラシック曲
    4人共、他の話題に夢中で、誰も真剣に聴いていない。
   (5)youtubeで見つけた楽しくて音の良い曲
   ・Peter Hollens The Ultimate Queen Medley (Acappella Style)
   ・Peter Hollens Bohemian Rhapsody ?
 
   最近では、youtubeでも高音質のフォーマットで投稿されているものが多くなった。(Aさん)

余談
“チャリ徘徊じいさん”のAさんが、
近所の野菜直売場で買ってきた大量のセロリを3人へのお土産として持ってきてくれた。
(後の衝立の上)
イメージ 3
 
ちなみに、4/2の前回のコンサートの時は、大量の人参を持ってきてくれた。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

浜松市のLCウェルネス「現役っ子クラブ」での
ハイパーソニック・スピーカー・コンサートの第24回目が
4月16日に開催されました。
イメージ 1

今回は、「子供たちが奏でる素晴らしい音楽の世界その2」と題し、
先回好評だった
超可愛くて癒される子供たちの天才的な音楽の世界の第2弾
をお届けしましました。
イメージ 2

プログラム
1 天才ピアニストEvan Le 4歳 トルコ行進曲
2 天才ピアニストEvan Le 6歳 美しい昔(ベトナムの楽曲)
3 天才ドラマーよよか 9歳 Stone Cold Crazy - Queen  
4 天才バイオリニストCHLOE CHUA 10歳 ビバルディー 四季 
5 天才歌姫Claire 5歳 PEACE IN CHRIST
6 天才歌姫Claire 5歳 The First Noel  
7 天才歌姫Claire 5歳 Light The World
8 天才歌姫Claire 3歳 Little Mermaid
9 天才歌姫Claire 3歳 Tangled Lantern Song  
10 天才歌姫Claire 3歳 Les Misérables(レ・ミゼラブル)  
11 天才歌姫Claire 6歳 Can't Help Falling In Love – Elvis
12 天才ドラマーよよか 8歳 ハッピー(オリジナル曲)

イメージ 3

ハイパーソニック・スピーカー・コンサートは
Tom's labの無指向性スピーカーRP082と無指向性スーパーツィーターHM120による
ハイパーソニック・スピーカー・システムを使用して、
ハイパーソニック(非可聴音)を含む音楽を聴くことによる
脳活性効果や癒しの効果(ハイパーソニック効果)
を得るためのボランティアの出張コンサートです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

クリスタル・ダイヤモンド・スピーカーBG031は、
キャビネットの中の吸音材の代わりに、
お気に入りのぬいぐるみや造花などを入れた、
オリジナルのスピーカー・システムを作ることが出来ます。

入れる物は、
キャビネットの間口から入れられる大きさの、
共振しないソフトな物が最適です。

吸音材としての調整を行い、
音響特性を測定・チェックして完成となります。

今回は、浜松市にお住まいの作家さんが作った
“吊るし雛”(*参照)を入れてみました。
イメージ 1
3匹のかわいいネズミが、
打ち出の小づちの上の米俵に
群がっています。

Bluetooth Power Amplifier BA082の上に乗せてみました。
イメージ 2
このシステムにスマートフォンがあれば音楽のある快適な生活が楽しめます。

*:吊るし雛とは、
2月上旬〜3月3日頃に縁起物・布飾りといった様々な小物を紐で吊るし、
それをスタンドなどに飾った物の事です。

吊るし雛に使用する布飾りは、
ちりめんなどの古布で綿などを覆い、
人形などの形に成形して縫い止めし、
更に必要に応じて刺繍などを施して完成します。

今回はこの布飾り部分を使用しました。
イメージ 3

吊るし雛と同じ風合いの“ツマミ細工”もいいですね。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事