めざせ!わらしべ長者

子供に手がかからなくなって、人生の新しいステージに来たような気がする。じゃあどうする?

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先週末、世間ではプレミアムフライデーだった金曜日の翌日の土曜日の話。
 
カミさんのたっての希望で、栃木県の佐野にある“いちごの国”へいちご狩りに出かけた。 天気も良く、絶好のイチゴ狩り日和だったんだけど、ただのいちご狩りではないんだな。なんと、スカイベリーの食べ放題。
スカイベリー、知ってる? 栃木発祥の甘くてでっかいやつね。

イメージ 1
 
自分は実物を見るまでスカイベリーが何だかよくわかっておらず、それほど期待感を高めなかったのが良かったのか、大人の男性でも、ひとくちでは食べられない程の大きさの真っ赤で甘〜いいちごをこれでもかと食べられて満足でした。 ていうか、食べ過ぎた。 ほんとにでっかいんだよ。 上玉なら1700円だって(ネット調べ)。
 
で、今回お知らせしたいのは、実はいちごではなく、道中たまたまあった“道の駅”で買っためずらしいもの。
自分とカミさんは頻繁に関東近郊へドライブに出かけるんだけど、行く先々の“道の駅”に寄っていくのが楽しみのひとつになっている。 その地域の地元のものは結構面白いし、時々予想以上に美味しいものに出会えるんだよね。
 
で、今回は栃木の“道の駅”に寄って地元の産物を見ていたら、魅力的なものと出会ってしまった。思わず買い物籠に放り込んだもの、それがこれ。

イメージ 2
 
「イナゴの佃煮」と「ざっこ煮」。
イナゴの佃煮は知ってると思うけど、ざっこ煮というのはモロコとかクチボソのしょうゆ煮らしい。 田んぼの横にあるような小川に棲む淡水魚だね。 田んぼにいるイナゴと合わせれば最強の田園風景が脳裏に浮かんでくるよね。 恐らく昔はイナゴも小魚もその辺でいくらでも捕れる食材だったんだと思う。 でもどっちもうちの近所じゃまず売ってない。今じゃ高級食品だよ。

まあ、予想通り家族の誰も興味を示さず(それどころか嫌悪感を示してた)、自分がビールのつまみにひとりで食べてます。佃煮だから日持ちするんで問題なし。 
ん〜、イナゴは歯ごたえが最高〜。 でも足が口に刺さる〜。 ざっこ煮はくっさーい。 でも美味しい〜。

ということで、“道の駅”、お勧めです。
今日はうれしいことがありました。 この世知辛い時代にめずらしいね。

アメリカ出張のとき、飛行機で預けたスーツケースの車輪が取れてしまって、航空会社へのクレームで修理へと相成ったことまで報告してあったけど、その修理が終わって本日、自宅までスーツケースが返送されてきた。

開けてみたらご覧の通り。

イメージ 1

とても綺麗に直ってました。 満足。

でね、それだけでもうれしい事には違いないんだけど、更にうれしいことがあった。

修理前の写真と今回の写真を見比べるとわかるんだけど、修理対象じゃない車輪のシルバーのホイールカバーが取れてしまっていたのに、新たに付けてくれたみたい。 ホイールカバーなので、本来の機能には影響ないんだけど、なんかその気遣いがうれしかった。

そして更に!
スーツケースの中の仕切り板を固定している金具が取れちゃってたのも新しく取り付けてくれたのだ!
今回の事故とはまったく関係ないのにね。

正直言って、修理するために宅急便で送った航空会社指定の修理屋さんは、リモワ純正じゃなかったので、あまり期待していなかったんだよね。 それなのにこの心遣い。 すばらしい。

ユナイテッド航空よ、この提携修理工場のファインプレーによって、顧客はいい気分になったぞ。
クレーム処理の理想だと思う。

これはいい勉強になった。 明日からの自分の仕事にも活かしていこう。
今日のタイトルは意味不明だ、という人が多いのではないかと。

簡単に説明すると、これまで利用したANA便の飛行距離の累計が50万マイルになったよ、ということなんだけど。
ライフタイム(LT)マイルは通常のマイルとは少し計算方法が違って、エコノミーとかビジネスとかに関係なく、単純に飛行機に乗って移動した距離になる。

で、50万マイル。 マイルではピンと来ないのでキロメートルに直すと、50万 x 1.6 = 約80万キロメートル。

どんなもんなんだろう、と思って調べてみた。

地球と月の距離は、38万4,400キロらしいので、ほぼ1往復。 うーん、実感が沸かないな。大した事無いような?
地球を1周すると4万キロらしいので、地球を20周。 うーん、まだまだ実感が...。
東京−サンフランシスコ間は8,200キロらしいので48往復。 おえっ、急に現実的になって気持ち悪くなる。 この前乗ったばっかりだし。
東京−台北間は2,100キロらしいので190往復。 ギャー、無理!

ANAではハーフミリオンを達成すると、記念にゴージャスなタグがもらえるんだな。 達成前後の記録がこんな感じ。

↓ビフォー
イメージ 1
↓アフター
イメージ 2
ちなみに、ANAだけでなく、スターアライアンスに加入している航空会社のLTマイルも加えると、ご覧の通り81万マイル(129万キロ)になって、東京−台北間を307往復なのだ! 死ぬ...。

でもね、本当にすごいのはこの話ではないのだ。
50万マイルっていうのはほんの序の口で、記念のタグが送られてくるだけだけど、100万マイルを達成するとミリオンマイラーと呼ばれ、色違いのタグに加えANAからいくつかの特権が与えられる。で、上には上がいるもんで、200万マイル、300万マイルの特典もそれぞれ設定されているのだ。 

いったいどんな人が? あり得ないだろう、と思うけれど実際にいるんでしょうね、尊敬します。 でも尊敬はしますが自分は嫌です。 もう不必要に飛行機に乗りたくないな。 同じ時間で移動できるなら車の方がいいかな。

パイロットがちゃっかりマイルを貯めてるんじゃないのか? 
前回のアメリカ出張でスーツケースの車輪がひとつ取れてしまった件の続報。

かつて家族で海外に駐在していたことと、仕事で海外・国内出張が多いことから、普通の人よりスーツケースの使用頻度が高いと思う。 だから少し値段は高いのだけれど、信頼性が高いことを期待してRIMOWAのスーツケース3種類を期間や目的地に応じて使い分けている。

今回のものは一番使用頻度が高いスーツケースで、車輪脱落の事故が過去に2回あり、今回で3回目。更に別のスーツケースでも1回あった。 他のメーカーのスーツケースを使用していないし、自分は出張の頻度が高いので正確な評価は出来ないのだけれど、個人的にはこの信頼性では満足できないな。 車輪は金属の軸でケース本体のプラスチック製の土台に固定される。 今回は、車輪に何らかの力が加わってプラスチックの土台が破損して車輪が軸ごと脱落してしまった。 まあ、車輪に強い力が加われば壊れるだろうな、と感じるデザインだ。

イメージ 1

でも、RIMOWAで良かったことは、これまで修理代を取られたことが無いのだ。 保障期間中はもちろん、そうでなくても修理費用が掛かったことがない。 どうしてだろう? 自分の場合、3個とも日本では購入しておらず、海外で購入。 修理依頼を受けた日本から見たら自分のところで購入していない製品の修理なのに。 購入時のブランド代に含まれているのかな?

で、前置きが長くなったけど今回の本題。 これまでは空港で破損に気がついてもRIMOWAの保障期間内だったり、同行者がいて急いでいたりして航空会社へのクレームとはせず、RIMOWAのサービスセンターに直接持ち込んで修理を依頼してきた。 
今回はひとりでの移動だったことや、スケジュールに追われていない状況だったので、良い経験だと思いクレームにしてみようと思ったのだ。

成田空港からサンフランシスコ経由でアメリカのある地方都市の空港への移動だった。サンフランシスコで一度荷物を受け取ったときには車輪は4個あったので、その後の地方都市までの国内線での事故である。到着した地方空港のBaggage Serviceに出向き、トラブルレポートを作成してもらった。 レポートを受け取り、出張はそのまま続行。

出張の工程もすべて終了し、帰路の成田空港に到着した際、ターンテーブルの脇にある該当航空会社のBaggage Serviceのカウンターへ。 そこで状況を説明し、作成してあったトラブルレポートを提出。 結果的には航空会社の費用で修理をして頂けることになった。 おお!

聞いた話によると、このような場合の重要なポイントは、1週間以内にクレームすることと、現地でのトラブルレポートを作成してあったことらしく、本来なら車輪の損傷は保障対象にはならないらしい。 RIMOWAの無償修理に加え、ここでもよく分からないけど無償修理の保障が受けられてラッキー。

着払いの宅急便の伝票と修理依頼の書類を渡され、自宅到着後に3輪の空のスーツケースを修理工場へ発送した。 これで無事に修理されて返ってくれば万事解決だな。 良い経験になった。

またしばらくこのスーツケースを使うことになりそうだけど、やっぱり壊れないのが一番なんだよね。 

どなたか信頼性の高いスーツケース知りませんか?
昨日の木曜日、無事にシンガポール出張から帰国して、今日、金曜日は休暇をとってあったのだ!
毎年使い切れずに大量に消えてしまう有給休暇を1日消化した。

この時期、週末にドライブへ行こうとすると渋滞で大変なので、天気も良かったので紅葉を見にカミさんと
ドライブへ行くことにした。 とはいえ、仕事は勝手に進んでいるので朝イチでメールと電話の案件を処理。 
さらに、万全を期してノートパソコンを車に積んで出発!! 嫌ですね、休みなのに。

今朝ネットで調べたところ、箱根がちょうど紅葉の見ごろだとのことなので、一路、東名高速を目指す。
途中のサービスエリアからの富士山。

イメージ 1

ところがさ、行ってみたら、まだ紅葉には早いような...。 もちろんかなり赤や黄色に色付いているので
キレイなんだけど、まだまだ緑も残っていて、ビミョーだ...。
なんだよ、これだったら日光に行ったほうがよかったじゃないか...。 貴重な平日休みなのに...。

これは、ランチを食べたラリック美術館。 平日なのに結構な数の人がいらっしゃいました。

イメージ 2

続いて「芦ノ湖スカイライン」からの富士山。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

で、上から見下ろす「芦ノ湖」。

イメージ 7

イメージ 8

なんだか、綺麗な紅葉の写真が無い...。 でも車で走っている途中にはそれなりの景色があったので、
まあまあ楽しめましたけどね。

おまけのわが愛車。 ちっちゃいけど気に入ってます。

イメージ 9


全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事