めざせ!わらしべ長者

子供に手がかからなくなって、人生の新しいステージに来たような気がする。じゃあどうする?

出張...

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ドラクエ5で悶絶中

先週初めから来週いっぱいまで、のべ2週間の出張中。 日本→台湾→シンガポール→台湾→日本の予定。
で、今日は真ん中の週末で、台湾にいてこれを書いてる。 本当は友達と接待じゃないゴルフの予定だったんだけど、突然都合が悪くなって延期。 ぽっかり2日間の暇ができちゃった。

で、暇つぶしにドラクエ5を購入。 1,800円。 すごく昔のゲームなんだけど、スマホ版として売ってる。
日本を出発する直前にダウンロードしてったんだけど、飛行機の中での暇つぶしにすごくいいね、これ。 
3時間ほどの日本→台湾はもとより、4時間以上かかる台湾-シンガポールのフライトもなんのその。 興味のある映画もなかったから、ずーーーっとやってた。 いいおっさんがゲームを一心不乱にやってるのも気味が悪いかなとも思うけどね。 
 
でね、自分が主人公になっているゲームのストーリーの中で、行きがかり上、翌朝には結婚相手を選ばなくてはいけない状態になった。 お相手の候補が二人いて、フローラとビアンカ。 当然、すごく悩むような設定になってる。

フローラは、お金持ちの家のお嬢さんで、控えめな性格でよく出来た女性。 幼少期に一度だけ自分と会ったときの事を実は覚えていて、「あの時の、、、」と、自分に好意を持っている。 ストーリー上、自分はフローラと結婚するために努力をしていた。

ビアンカは幼なじみで、活発な性格の美人。 自分とはいろいろな思い出を共有していて、口には出さないんだけど自分のことが好きなのが分かる。 でも自分がフローラと結婚する流れで努力をしている途中に再会。


ゲームの中では、今は決断する日の前日の夜中なんだけど、ふと目が覚めてビアンカと話をすると、「フローラと結婚してあげて」と言う。でもそれは本心じゃ..。
自分はそこで一度ゲームを中断。 悶絶中...悶絶中。

そんな自分はアホなのか?と思い、ネット上の情報を見てみた。
やはり「ドラクエ芸人のアメトーーク」などでも激論が交わされていた模様。
ネット上の書き込みでは、
「人としてビアンカだろ。 当時本当に恋をしていた。」
「フローラ選んだら友達に叩かれた。」
「ビアンカと紡いだ日々を無為にはできないだろう、何度やってもビアンカを選んでしまう。事前に今度こそフローラを選ぶと決意していてもだ。」
などと、ストーリー上、ビアンカに思い入れが強い人が多い印象。但し、
「普通にフローラの方が得。 お金に困らず、アイテムや技も良い。」
「生まれる子供の髪が青くなるからフローラ。」
というフローラ派も。

でも、
「フローラを選んで、後にビアンカに会ったらさみしそうに暮らしててトラウマになった。」
というのがあって、だめだ、ネットには情報が多すぎる、とこれ以上見るのをやめた。

どっちにしよっかな〜。 悩むな〜。 絶対に相手を変えて2回やっちゃうな〜。
1回目はビアンカ、2回目にフローラっていう人が多いんだろうな。
ただのゲームなのに。

おっさんをここまで悩ませて、これで1,800円は安いね。 やっぱりドラクエすごいわ。
今更だけど。

運の悪いアメリカ出張

あ〜、今回の出張はひどい目に会った。

これを書いている今はもうアメリカのシリコンバレーで有名なサンノゼ空港にいて、帰りの飛行機に乗るだけだし、自分の苦手な時差ぼけも解消されてリラックスした状態なんだけどね。

思い起こせば今週初めの成田空港出発から変な感じだった。
一緒の便に乗る予定の上司は、ある地方から国内線を使い羽田空港に着き、そのあと成田空港に移動してくる予定。 ところが、その国内線が遅れたらしく、アメリカ行きフライト出発時間の1時間半前はまだ羽田空港に。

自分が成田空港の航空会社の窓口に行って事情を説明。 「お願い、待っててちょうだい!」と可愛くリクエストしてみる。 ちなみに上司は羽田からリムジンバスで成田に向かっていた。予想到着時間は出発の15分前。 
薄情な自分は登場開始とともに飛行機に先に乗り込み、携帯から激励のメッセージを上司に送って到着を待つ。 幸い道路も空いていて、さらに機内持ち込みの荷物しかなかったため特に出発を待たせるようなこともなく、”無事に搭乗した”とのメッセージが来た。 ふぅ〜。 後で聞いたら、空港内をかなり走って汗だくで乗り込んだらしい。

で、サンフランシスコ空港に到着し、アメリカの国内線に乗り換える。ここで4時間の待ち時間をぐったりしながら過ごす。 これが結構つらい。 ようやく国内線に乗って数時間、最終目的地へ。 へろへろになりながらターンテーブルで預けたスーツケースを待つ。 お土産にスーツケースに入れた日本酒久保田(萬寿)x2本も割れることなく出てきたのはいいのだけれど、4個あるはずのスーツケースの車輪が1個無いじゃないか!
 
あ〜、またかよ。 ちなみにスーツケースはリモワなんだけど、これで3回目だぞ。 スーツケースが悪いのか空港での扱いが乱暴なのかわからんけど、車輪取れすぎ! 一応、空港のBaggage Serviceに行って事情を説明し、トラブルレポートを作成してもらう。 カウンターのいかついアメリカ人お兄さんから、「このスーツケースと交換することも出来るけど」と言われて見せてもらったら、安っぽい変なデザインの物だったので遠慮させてもらった。 3輪なので、バランスをとりながらなんとか移動。

それからレンタカーを借り、キーを受け取って外に出てみたら......笑っちゃうほど寒い〜〜。
気温はなんとマイナス16度。 外にいると数分で死にそうになる。 自分の人生で一番寒いところに来た。(もっと寒いところに住んでる人からすれば大した事無いのかもしれませんが...)
でも道路に雪は無く、車は普通に走れる。 ホテルにチェックイン。 アメリカンな食事を楽しんでその日は終了。いやあ、長い一日だった。 ここまでまだ月曜日ね。

順調に仕事をこなしたところまでは良かったけど、帰国に向けてサンノゼに移動する日の前日、こんな状態に。

イメージ 1

イメージ 2

写真のような状態なら車の運転は特に問題ないのだけれど、この後、夕方から雨に変わり、路面が凍ってツルツルに。 借りているレンタカーはマツダのセダンで当然のように普通のタイヤだし、四輪駆動でもない。
坂道で登れなくなる車が続出。 アンチロックブレーキが作動しまくってブレーキを踏んでも車が止まらない。 後ろから追突される恐怖が続く。 土地勘も無いところでこの状態、しかも明日飛行機に乗らないと予定通り帰れない。 外国でレンタカーで事故ったら面倒だし不安だよ〜。 

出発の日の朝、ホテルの駐車場は真っ黒ピカピカのアイススケート場のような状態。 部屋の窓から見ていたら、ホテルで人を乗せたタクシーが駐車場で立ち往生。 車から出てきた運転手が滑って転んで頭を打ち、動かなくなった。 乗っていた乗客が介抱して何とか生き返ったけど、死んだかと思ったぞ。 

意を決してホテルを出る。 幸い、ホテルは大通りに面していて、通りまで出れば除雪されている。タイヤを空転させながら、なんとか駐車場を脱出し、帰路につくことが出来た。ふぅぅ〜。

あまりの緊張感でレンタカーにガソリン入れるの忘れて返却しちゃったよ。レンタカー会社から割高なガソリン代を請求されるけど、余計な回り道はしたくなかったから、お金で解決できれば良しとしよう。

そんなこんなでようやく日本に帰ります。 もうこれ以上なにも無いことを祈って。 
ひとつ車輪が取れたスーツケースには、お土産のワイン2本と、お気に入りのバッファローウイングのソース2本が入っているので、割れなければいいな、と。 

台湾へ行って来ます!

今日はこれから台湾へ。

午前中は外せない会議があったので、午前中は仕事をして、夕方に成田を出発する便に乗ります。今は成田空港のラウンジでビールを飲んでます。

イメージ 1

イメージ 2


まだ夕方の5時なのに外は真っ暗だね。冬っぽいな。
台湾の11月の気候はどうだったかな。 まだ真冬じゃないから寒くないはずなんだけど、住んでいたのに覚えてないもんだね。

冬になると偏西風が強まって、向かい風になる台湾までのフライト時間が長くなるんだよね。 夏季なら3時間なのに今は4時間掛かるくらい違うかな。まあ、その分、追い風になる帰りのフライトは2時間ちょっとで着くんだけどね。

偏西風、恐るべし。
今日は突然予定していた顧客との接待が無くなり、会社のメンバーだけでの夕食となった。

現地メンバーから「何食べたい?」と訪ねられて浮かんだ答えが、

「リトルインディアでフィッシュヘッドカレーを食べよう!」 だった。

幸い、昨日と今日は気温が25度前後で、常夏のシンガポールにしては涼しい。 
今の季節、日本から来るとこれでも暑いんだけどね。
これなら辛いカレーを食べても汗だくにならなくて済むだろう。

インド人街でもっともメジャーな「Banana Leaf Apolo」を選択。 
参考までに、これはシンガポール人によるチョイス。 
なんでも、ここのフィッシュヘッドカレーはシンガポールでTOP10に入るんだとの事。 
観光客だけでなく、現地の人にも人気があるらしい。

お店に入って、せっかくなのでインドのビールを。

イメージ 2

で、噂のフィッシュヘッドカレーがこちら。 うーん、なんか写真映りが残念なカレーだな。
実際の色合いはもう少し赤味が強くて、もっと美味しそうだったけど。
ちなみに、上に乗ってる黄色いのはパイナッポー。 I have a pen.....

イメージ 1

で、各自のテーブルには、こんなものがセットされる。
今回は白米でなく、ブリヤニという色付き味付きのご飯をオーダー。

イメージ 3

お米の長さが3センチくらいあるんだな。 パサパサで和食にはまったく合わないけど、
カレーにはバッチリ合う!  うまいよ、すんごくうまい!

ついつい食べ過ぎて、ホテルに戻ったけど、このまま横になると、いつも健康診断で指摘される、
開き気味の胃の入り口から食道に中身が逆流してきちゃいそうなので、胃の中が落ち着くように
このブログを書く決意をした次第です。

改めて思った。 やっぱりシンガポールはいいな。
今日からシンガポールに3泊4日で来ています。

朝、羽田を朝8:50に出発したシンガポール航空でした。 相変わらずここのCAさん達はガサツで、見ていると
心が休まりません。 根は優しくてフレンドリーなんだけど、行動がどーにもこーにも、ね。
まあ、世の中の男性には人気のある航空会社ですから、良いイメージは壊さないようにしておきましょうか。

あと、機内エンターテイメントの、日本語の映画、音楽がめっきり減ってしまったね。世界での日本の地位が
相対的に下がってしまっているってことなんだろうね。 頑張ろう、日本!

で、長い長いフライトに耐えてホテルに到着。 丸い円筒形のビルで、中が下から上まで吹き抜けになってる。
エレベータから吹き抜けを見下ろすとこんな感じ。

イメージ 1

部屋は、なぜかアップグレードしてくれて、20階のちょっと広くて良いお部屋、とのこと。
リーズナブルなホテルなんだけどね。

イメージ 2

今日は一人だし、明日と明後日は接待なので、B級のローカルフードを食べに行こう。

雨が降っていて、天気が悪いとタクシーがなかなか捕まらないので、徒歩圏内にあるショッピングセンター
を目指す。ここは、シンガポールに住んでいた頃、「朝マック」ができる最寄の場所だったんだよね。
週末の朝に出かけて、子供は「ハッピーミール」でおもちゃをゲット。 大人は、当時できたばかりの
「Mac Cafe」で少しまともなコーヒーを飲む。 もう10年以上前の話。

フードコートで一番最初に目に付いた「板麺」(バンミェン)を食べた。 写真が無いので、興味のある方は
検索してみてください。 文字通り、スープ麺です。 シンガポールでは基本的なメニューのひとつ。
多分、どこのフードコートにもある。 

ちょっと薄味だったので、お店に備え付けの赤唐辛子が漬かった醤油をつけながら食べると、美味!
懐かしいのと美味しいので、スープまで飲んじゃったよ! 
でも、値段が5ドルもした。 昔は2ドルだったか3ドルだったのに。 経済の発展は一長一短ですな。

食後にそのショッピングモールに入っている、「Cold Storage」というスーパーマーケットでお買い物。
「肉骨茶(バクテー)の素」や、外で飲むと高いから、部屋で飲むビール、その他もろもろ。 

イメージ 3

で、昔は無かったポップコーンのお店を見つけて、なぜか衝動的に買ってしまった。

イメージ 4

甘〜いキャラメル味なのに、タイガービールと一緒に。 気持ち悪いといわないで!

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事