こんなんdeたんか

連載長編小説 『絵画きのバラッド』(仮)スタートしました。普段、小説を読まない方にこそ読んでいただけたら幸いです。

全体表示

[ リスト ]

「お別れ」9

別れなど想定外である よってしておらんのだ言葉の準備 (愛沢いさむ)


枡野浩一さんのかんたん短歌blogへの投稿です。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

だからですね、オトコは黙ってサ○ポロビールなんです。(←ふるっ!)

2006/6/23(金) 午後 5:20 aki_scorpius 返信する

アバター

“こんにちはと 背中合わせのさようなら だからいつでも心の準備”って、なんだかネガティブですね(笑)辻仁成の“サヨナライツカ”という小説の冒頭にある詩がとても印象的でした。“いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない。孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい。愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある”と、続くのですが、出会いには必ず別れが付いてくるものだから、サヨナラの言葉をいつも用意しておく必要があるという事です。だからと言って無駄に別れに怯えず、サヨナラをいう日の為に悔いの残らぬよう人を愛せよーと言ったものの・・・まだまだそのレベルには、精神の方が追いつかないですね(笑)

2006/6/24(土) 午後 4:22 rine 返信する

顔アイコン

AKIさん>不器用ですから……※高倉健さんの声で。(←ふるっ!)

2006/6/25(日) 午前 3:55 愛沢いさむ 返信する

顔アイコン

RINEさん>返歌、ありがとうございます。ネガティブではないと思いますよ。真理です。どのような関係でも、別れのない出会いはありませんので。「無駄に別れに怯えず、サヨナラをいう日の為に悔いの残らぬよう人を愛せよ」とのポジティブな捉え方、好きです。僕もそうありたいと思います。言うは易し……ですが。

2006/6/25(日) 午前 4:01 愛沢いさむ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事