苫屋の烟

ヘーベルハウス建築記

全体表示

[ リスト ]

長崎原爆の日の8月9日。

この日の夕方、20時直前に東海道沖を震源にしたM6.9の地震がありました。
ちょうどこのときヘーベルのモデルハウスで土地契約の進め方を打ち合わせしてまして、震度3から4に近い揺れをモデルハウス内で体験しました。しばらく震度3を越える地震がなかった南関東ですが、これから建てようとしているヘーベルハウスでそこそこな大きさの 本物の地震 を体験できたのは契約前にいろいろ判断する上で貴重な経験でした。

● 震度の分布  M6.9、震源の深さ340km
イメージ 1

● そのときの会話

「地震です ・ ・ ・ ね?」

「あっ、ホントだ」

「 ・ ・ ・ ・ ・ 」

「これは大きいですね」

「大丈夫かな?」

「机の下にもぐります?」

「いや、大丈夫でしょう」

「走って見に行けば制震フレームが動いてるのを見れますかね?」
 * ヘーベルのモデルハウスには制震フレームがむき出しにされている部分があります。

「ヘーベルでこれだけ揺れるとかなり大きいですよ」

なんて会話をしつつ辺りをキョロキョロ見回してようすを見てました。

ちなみに、制震フレームは震度6以上にならないと動かないとのこと。

揺れはじめから本震まで少し間があり、これは遠いけど大きいかも?と思っていたらけっこう長い時間揺れてました。モデルハウス内での体感的には震度3の上あたりか震度4の下あたりでしたが、気象庁発表でもその通りでした。ヘーベル内に居ても、築45年の木造住宅で経験してきた体感震度とあまり変わらなかったようです。

ただし揺れの震幅の角がカチッとしているようで、アスファルトの上で経験した地震の感触に似ていました。
基礎からの立ち上がりがしっかりしている証拠でしょう。

今回は震源からの距離の近い静岡県よりも関東地方の方が震度が大きいというおもしろい地震でした。
おそらく関東ローム層の影響が出ているのではないかと想像してますがどうなんでしょう?

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事