自然の便り・岐阜かかみ野から

自然のの持つ楽しさや美しさを便りして行きたいと思います。

全体表示

[ リスト ]

近くの森を散歩しています。カメラを持って気が付いたらシャッターを押す。1月中旬の数日間、鵜沼の森を散歩途中で撮ったものです。


ウスタビガの繭
イメージ 1
少し高い小枝についています。こうした蛾の繭はめっきり少なくなりました。
ウスタビガの繭はきれいな緑色で数年経っても色が褪せません。


モチノキの実
イメージ 2
沢山の実成です。

コナラの冬芽
イメージ 3
里山で一番沢山生えている樹木。沢山の芽鱗で守られています。冬芽は5角形。
枝先に数個ついています。
これが春になるとそれぞれ伸びて枝になる。

コナラの枝先
イメージ 4
冬芽が伸びて同じ場所から4〜5本の枝が伸びています。少し遠くからでもこの独特の枝先を見るとコナラと分かります。

ルリビタキ雌
イメージ 5
私が休憩する周辺を縄張りにしているようです。

ルリビタキ雌
イメージ 6
かわいい眼で見つめてくれました。

ため池
イメージ 7
年末くらいまではこの池にマガモ、カルガモなどが100羽くらいはいたのですが、
すっかり少なくなって今では10羽くらいになってしまいました。何処へ行ったのか。

ルリビタキ雄
イメージ 8
そうがっかりするな、とばかりに姿を見せてくれました。
正面も良いけれどもきれいなブルーを見せてよ。


ルリビタキ雄
イメージ 9
きれいだね。

ラクウショウ
イメージ 10
池の岸辺にラクウショウの大きな木が数本生えています。樹皮。
ラクウショウ=落羽松。落葉樹で羽のような葉で松の仲間(今はヒノキ科ですが)

ラクウショウの気根
イメージ 16
別名ヌマスギというだけあって、ラクウショウの根元付近に独特の気根がニョキニョキと出ています。


ラクウショウの実
イメージ 11
枝先に沢山の実が生っています。

ラクウショウの実
イメージ 12
丸い実が沢山生っています。この割れ目が開いて中から種子が落ちる。

ラクウショウの種子
イメージ 13
地上に沢山落ちています。先日この種子は水に浮くことを知りました。
当然水辺なので水に落ちた種子は水が種子散布してくれると推測しました。

ラクウショウ冬芽
イメージ 14


ラクウショウの落枝痕
イメージ 15
これは羽状のように葉がついている枝ごと落ちた痕なので落枝痕。
上のトゲのようなものは鱗片葉。


今日の記事は終わります。
最後までお付き合い頂きまして有難うございました。


閉じる コメント(12)

こんにちは
我が方の庭先に植えられてる木の実が赤く熟して来ると野鳥たちが見付けて食べつくさはれています。
トミさんの里山ではルリビタキのオスやメスが見られたんですね。
私は引っ越す前のエリアでは毎年この時季に出遭いがありましたがこちらに引っ越してからは一度も出遇うことが出来ず残念です。
ルリビタキのオスメスを撮られてナイスです!!〜

2019/2/2(土) 午後 5:15 [ ひまじん ]

顔アイコン

コナラの芽が5角形をしているとは知りませんでした。
ルリビタキのオス・メスとも同じ日に会えてよかったですね。
私もやっと会えましたが別の日でした。
ラクウショウの気根を初めて目にした時は、こういう植物もあるのかと驚きました。

2019/2/2(土) 午後 5:38 [ 田舎のオヤジ part2 ]

今晩は(^^)
憧れのルリビタキはそちらでは都市部の公園にも出て来るようですね♪ 所違えばこれほどの差!
ルリビタキは春になると忽然とそちらから消えてしまうのでしょうね〜!夏鳥のオオルリやノビタキなどはトミさんの方で観察できると一週間から一月ほどでこちらにも来てくれるのですがルリビタキは愛想ない小鳥です それにしてもいいシーン♪ナイス

2019/2/2(土) 午後 7:45 [ 山鰍 ]

顔アイコン

ルリビタキの雄雌が見られたとは良いですね!
ラクウショウ種が水に浮くのですか!そこは見たことがなかったですが水辺の植物ですから水による散布なんでしょうね!ラクウショウの楽枝痕は観察したことなかったです。

2019/2/2(土) 午後 9:37 やすこ

顔アイコン

> ひまじんさん
この冬は野鳥が少ないような気がします。その所為か山の中にはまだ赤い実が残っているところが結構ありますね。
ルリビタキの雄と雌の両方を撮ることが出来ました。ラッキー。
今のところに越してきてからルリビタキのと出会いがないとは残念ですね。
ナイス有難うございます。

2019/2/3(日) 午後 2:39 トミさん

顔アイコン

> 田舎のオヤジ part2さん
このルリビタキは山の中で雌を見て、池に降りてきてから雄に出会いました。こういうラッキーな日もあるのですね。
ラクウショウの気根は面白いというか不思議なものですね。植物の工夫には感心します。
ナイス有難うございます。

2019/2/3(日) 午後 2:42 トミさん

顔アイコン

> 山鰍さん
どうもこのルリビタキの雌雄は最近よくほぼ同じエリアで出会いますので。それぞれ縄張りを持っているのではないかと思っています。
そちらでルリビタキとの出会いがなく素通りとはルリビタキは暖かい所が好きなのかな。
ナイス有難うございます。

2019/2/3(日) 午後 2:47 トミさん

顔アイコン

> やすこさん
山の中でルリビタキの雌を、池の畔で雄に出会いました。こういうtラッキーな日もあるのですね。
ここにラクウショウがあるのは前から知っていましたが、この冬初めてよく観察してみました。大きな木なので中々冬芽を観察できるような位置に枝がない。幼樹を見つけたので冬芽を見ることができました。
ナイス有難うございます。

2019/2/3(日) 午後 2:51 トミさん

顔アイコン

ルリビタキの雌雄が見れて嬉しいですね
ラクウショウの観察、いろいろ網羅されて流石です
モチノキの実、赤い実など残ったのを見つけるとそれもまた嬉しいですね
最近赤い実はクロガネモチの実、ナンテンの実を見つけました

2019/2/3(日) 午後 3:28 [ ちーちゃん ]

顔アイコン

> ちーちゃんさん
ルリビタキの雌を山の中でみて池に来てみたら今度は雄がいました。こんな日もあるのですね。ラッキー。
ラクウショウが池の畔にあることは知っていたのですが、大きな木なので眺めているだけでした。最近幼樹も見つけて冬芽を見ることが出来たついでに色々と観察してみました。
彩りの少ない冬に赤い実を見つけると楽しくなりますね。野鳥もこんな気持ちなのでしょうか。
ナイス有難うございます。

2019/2/3(日) 午後 5:16 トミさん

顔アイコン

ルリビタキの雌雄揃って写真に撮られたんですね。よかったですね〜。
コナラの冬芽は芽鱗が多くて綺麗ですね。
ラクウショウは大きな木でなかなか冬芽が観察できません。
落枝痕、鱗片葉、種子の観察もしてませんでした。
水散布なんですね。

2019/2/5(火) 午後 4:46 [ 散歩道 ]

顔アイコン

> 散歩道さん
この日は森の中でルリビタキの雌を池の畔で雄を見ることが出来ました。ラッキー。
たまたまラクウショウのまだ幼木を見つけたので冬芽を観察することが出来ました。ついでにと思い大きな木の下で沢山の種子が落ちていました。
ナイス有難うございます。

2019/2/6(水) 午前 10:08 トミさん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事