植物と生物防除のお話 和田哲夫

最近は植物の話が多くなっています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

美しい日本とフランスで見られる風景です。でも最近はあまり見ないですね。

フランス印象派の画家クロード・モネもこの積み藁を描いていますね。

フランスでも同じようにするんだと驚いた覚えがあります。

フランスでは稲藁ではなく、麦わらでしょうけれど。

家畜の餌に保存するのでしょうか?

日本では堆肥をつくるために積むのでしょうか?

堆肥は化学肥料のかわりになります。金のほうは江戸から舟で各地に運んでそうです。



他の国でもやるのかな?

小田原郊外蘇我の梅林、別所地区にて

追記・訂正:

というより、昔は堆肥と金肥だけだったはずです。

水分がなかには入らないので、堆肥にはならないのでしょうか。

屋根型を失敗したものは堆肥になりそうですが。

追記その2

日本では堆肥用かと思いましたが、調べてみると、藁こづみ、藁塚などとも言い、将来使うための稲藁の

保存のほうが本来の用途のようです。

こんど田舎の知り合いに聞いてみます。房総の田舎にはありましたから。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

なつかしい・・・。小さい頃(30年くらい前)には、周辺の田んぼでよく見られましたよね

2008/2/25(月) 午後 6:44 [ jmr**714 ]

顔アイコン

イギリスで家畜用に使う「藁」は二種類あります。Hay(ヘイ)http://en.wikipedia.org/wiki/Hay と、Straw(ご存知ストロー)http://en.wikipedia.org/wiki/Straw 私の農業経験だと、Hayは食料、Strawは下に引くベッド用です。Hayはちょうど干したススキの葉っぱのような感じの色とにおいがします。Strawは麦などを摘んだ残りのようですね。日本も藁をそのまま家畜に食べさせることはなかったそうです。家畜食料用に使う時は、藁を刻み、それにおからを混ぜていたそうです。50年くらい前の話です。

2008/2/26(火) 午前 7:51 [ kag**aski ]

顔アイコン

ありがとうございます。よく分かりました。hayは干草。
ストローは稲藁か麦わらというということですね。藁は栄養低いですからね。日本の積み藁はまさにストローです。
モネのはとなると、ヘイでしょうか?

2008/2/26(火) 午前 10:09 tommyinokashira


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事