大人の遠足 ・お山歩日記

皆の、楽しい山登りを願い、山登りを始める方の参考になるブログになれば嬉しい。

【登山口駐車情報】

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

乗鞍岳もマイカー規制により畳平らまでバスやタクシーを利用することになります。
長野自動車道・松本ICから39繊,よそ一時間

シャトルバスの乗車券は、センター右側発券されています。往復2,500円。
料金・バス時刻表
畳平まで、およそ50分の乗車になります。<標高 1500m>

イメージ 1

イメージ 2



およそ200台の無料駐車場。

イメージ 3



トイレも水洗。
 
イメージ 4



センター開館中は食事も可能。

イメージ 5



温泉は、道路を挟んでセンター向かいに、「湯けむり館」があります。
チョット汗を流したいだけなら、湯けむり館そばに無料の温泉「せせらぎの湯」を利用してください。
男女別で21時まで電気が灯ります。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11



乗鞍観光センターより先に、三本滝レストハウスにシャトルバスのバス停もありますが、料金は同じなのであまりお勧めしません。<標高 1800m>

ここから畳平まで14劼箸了、自転車か徒歩なら通行可能です。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15



終点、畳平からの登山口。<標高 2,702m>

イメージ 16


※ コンビニ等買い物は、新島々駅近辺で済ませましょう。

この記事に

開く コメント(2)

大分自動車道<湯布院IC>を起点として

イメージ 1



湯布院ICの道路を挟んで向かい側が<道の駅> ゆふいん。


イメージ 2



登山口まで最後のコンビニ

イメージ 3



天気の良い日はすがすがしい上り坂。
 
イメージ 4



湯布院ICからおよそ15分程度で到着します。
県道11号線の一本道。
無料の駐車場は、30台ほど停められます。

イメージ 5



トイレは、紙がないので注意。

イメージ 6



水は出ますが、というよりチョロチョロと出ています(笑)飲めません!
この山には水場がないので、普段より余計に持つことをお勧め!

イメージ 7



バスも一時間おきくらいに走っていて、最終19時まであります。

イメージ 8



駐車場の向かい側が登山口になります。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12



無料駐車場入れなかった方は向かい側に有料の駐車場があります。
乗用車1回500円でした。
駐車場の近くの道路のわきに5台ほど停めている方もいました。

イメージ 13


由布岳から見た駐車場

イメージ 14

この記事に

開く コメント(0)

大山(だいせん)の夏山登山道・登山口へのアクセスは大きく分けて2つあります。
山陰自動車道(無料区間)で言うと、米子東ICと大山ICからのアクセス。
どちらのICからも大山寺に向かいます。
最初に米子ICを利用される方は、ICの近くにガソリンスタンドと向かいにコンビニ(ポプラ)があるので、利用される方はここが最後になります。

イメージ 1




イメージ 2



大山ICを利用される方は、5kmほど大山寺に走った右側にガソリンスタンドAコープが隣接しています。
大山の駐車場に到着すると、コンビニなどはないので注意してください。


イメージ 3



大山寺に到着したら、右側に進路をとってください。
 
イメージ 4



登山口に一番近い駐車場は、南光河原駐車場。大山寺橋を渡った左側になります。



橋の向かいにモンベルのショップがあるのでナビの方は電話番号検索で・・・


イメージ 6



駐車場は、山と川側に分かれて40台ほど駐車可能です。
この駐車場も、スキーシーズンには有料になりますがそれ以外は無料です。

イメージ 7



登山口は、駐車場から50mくらい先の横断歩道の左側になります。

イメージ 8

イメージ 9



この登山口を2分ほど登り、少しすすむとこの場所に到着。
案内標識には、「大山頂上」と指示があるのでここからは一本道。
標高差900m、道のり3kmの整備された急な木の階段が山頂近くまで続きます。

イメージ 10



この駐車場に停められなくても、大山情報館周辺の大駐車場がスキーシーズン
以外なら無料で利用できるので安心してください。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



参考までに・・・・・

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17



麓の安い温泉  皆生温泉“おーゆランド” 大人400円 サウナ・露天風呂
※ ホテルと隣接しており綺麗な温泉です。石鹸・シャンプーが常備されていません。

イメージ 18



※ 参考までに・・・・・


この記事に

開く コメント(2)

最近では、甲斐駒ケ岳へのアクセスは北沢峠(2000m)を利用する登山者が多い。
現に私もその一人です(笑)
標高差2200m黒戸尾根コースは、きつく時間がかかる。

故深田久弥さんも、日本百名山の中で「日本アルプスで一番つらい登りは、この甲斐駒ヶ岳の表参道かもしれない。何しろ六百米くらいの山麓から、三千米近い頂上まで、殆んど登りずくめである。わが国の山で、その足許からてっぺんまで二千四百米の高度差を持っているのは、富士山以外にはあるまい。木曽駒ヶ岳は、木曽からも伊那側からも、それに近い高度差を持っているが、登山道は長く緩くつけられている。甲斐駒ほど一途に頂上を目がけてはいない。」

※ 今回ファンの方から、黒戸尾根の登山口・駐車場を紹介してほしいとの依頼があったので紹介します。

国道20号線を甲府方面から30km、道の駅はくしゅうのある交差点を左折します。
無料の天然水は、この道の駅でGetして下さい。
※ 日向山へのアクセスが途中まで同じなので、ドライブレコーダを参考にして下さい

イメージ 1



すぐに、正面に甲斐駒ケ岳が姿を現します。
新しい道路も出来ていますが、直進します。

イメージ 2



集落が途切れる頃に、このような看板が一番下に“竹宇・駒ケ岳神社”ここの
T字路を左折します。※ (ひなたやまのドライブレコーダー4分付近がこの場所です)

あとは、一本道(2kmくらいかな?)。終点が市営の無料駐車場になります。

イメージ 3
 
イメージ 4



後1kmの表示。

イメージ 5



黒戸尾根の登山口は二つの駒ケ岳神社があります。もう一つは横手・駒ケ岳神社。

イメージ 6



駐車場は広く、第二駐車場まであり、100台は停められそうです。
大きなキャンパー用のスペースもありました。
※正面が一般車両・手前が大型車ストリートビュー

イメージ 7

イメージ 8



トイレ

イメージ 9



駐車場の一番奥が登山口になります。

イメージ 10

イメージ 11



5分ほど歩くとキャンプ場があり、キャンプ利用者は、駒ケ岳神社の手前まで車を入れられます。
わぉ〜ここから日向山に登る登山者はいるのだろうか・・・?


イメージ 12



竹宇・駒ケ岳神社です。

イメージ 13



本堂の下に釣り橋があり、ここを通過すると本格的な登山道にあります。

イメージ 14



ここまでは観光客も多い。昨日の雨のせい?水の色がいつもと違う。

イメージ 15


橋をわたりきったら本格的な登山道になります。

イメージ 16


参考までに・・・・・


むかわの湯・クーポンあり






この記事に

開く コメント(2)

酒田から向かった案内です。【山形210号線と秋田131号線を地図で確認】

【道の駅 鳥海 ふらっと】から国道7号線(吹浦バイパス)を象潟方面に2kmほど走ると
このような看板がある。鳥海ブルーラインに入ります(無料)。

イメージ 1



鳥海ブルーラインに入ったら、鉾立登山口まで17km(25分)。登りばかりの道路が続きます。

イメージ 2



普通に走ったので、予定どうりの時間に到着。
象潟口コースとも呼ばれ鳥海登山の玄関口。 秋田県営鉾立駐車場(標高:1,140m)。駐車場300台。

イメージ 3


前泊なので、トイレのそばに駐車したが、登山者の駐車場は決められているようだ。
下山時に気がついた(笑)
 
イメージ 4



上の駐車場は、登山口に近いが、下の駐車場は登山口から遠い。
小屋の周りは、お金を落してくれる観光客がメインの駐車場なのでしょうか?

イメージ 5

イメージ 6



稲倉山荘・8:30から17:00まで食事などが出来るお土産屋さん。
【この写真の前に立ってみる(ストリートビュー】

イメージ 7



鉾立山荘と鉾立ビジターセンター。

イメージ 8



トイレ(夜間照明は点灯中)水洗(清掃はよくされています)

イメージ 9



案内板

イメージ 10



登山口(観光用として展望台(10分)まで、このような階段が整備されている。

イメージ 11



※ 追加 <大平登山口・駐車場>

[国民宿舎・大平山荘]隣の無料駐車場。

イメージ 12



トイレ

イメージ 13



登山口は、この駐車場から1kmほど先にあり、道路の脇に駐車スペースがある。この石の階段を登っていく。
御浜(おはま)・鳥海湖まで2:40分、鉾立から比べると40分ほど距離が多いコース。


イメージ 14



※ 参考までに・・・・・



【道の駅 きさかた(象潟)・ねむの丘】
温泉は90分350円+休憩所。食事もお手ごろ価格。
鳥海山前日等の休憩にお勧め。 (9:00〜21:00)
※ コンビニやATM・ガソリンスタンド(酒田より安い)も隣接していているので便利かも。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17


さかた海鮮市場8:00〜18:00
※生の魚ばかりでなく、仕出や惣菜などもあるので車中泊やテントにも便利。 

★ 【鳥海ブルーラインドライブレコーダー】をリンクさせてもらいました。早送りで再生しているのでしょうか?
ブルーラインのイメージはつかめそうです。下記に通過地点の時間を表記しました参考に。

 5:50 国民宿舎・大平山荘通過 
 6:17 大平登山口通過
 7:00 鉾立駐車場通過

この記事に

開く コメント(4)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事