ここから本文です
伊豆の響き
身の回りの出来事、昔録音していたFM、サンタナに関してなど

書庫和太鼓

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前回優勝チームのリハーサル動画と準優勝チームの本編動画(これは画質悪し)を紹介しましたので、今回は3位入賞チームのリハーサル動画をアップしました。

私はこれが一押しと思ったんですけがね。
ちょっと外れました。

この記事に

開くトラックバック(0)

公式映像がまだ出ない中、優勝チームが撮影したリハーサル映像が公開されていましたので一足先にご覧あれ。


準優勝チームの「和太鼓虎之介」
こちらは当日ストリーム配信された映像ですね。

この記事に

開くトラックバック(0)

日本太鼓秩父祭 2010年

秩父祭で有名なあの秩父で有名な太鼓団体が集まった太鼓祭が開かれるという事で片道4時間半かけて行ってきたときの物です。

日にちは5月2日
場所は秩父ミューズパークでした。

ブログを始めた頃に紹介し音も聴けるようにしたかも知れませんが、現在ではその記事があったとしても聴けなくなっているはずです。
そこでYouTubeにアップしたついでに改めて記事として残すことにしたわけです。


ステージから離れた場所に座ったため音のクオリティは落ちますが私にとっては思い出深き録音です。

この記事に

開くトラックバック(0)

 日本太鼓ジュニアコンクールに出場する東京都代表の「美原高校和太鼓部」が今年の1月15日に「都立青梅総合高校」の「農林太鼓まつり」にゲスト出演した時の動画でDVDを作成しました。

イメージ 1

 DVD作成を思い立ったのは、昨年見に行った大学生の太鼓フェスティヴァルにゲスト出演していた美原高校の演奏を聞いて気に入ったからです。
 正直大学生以上の演奏を聞かせてくれたのでその名前を一度で覚えてしまいました。
 それが今年になって3月に開催される日本太鼓ジュニアコンクールの東京都代表校として出場するということが分かり、それほどの高校ならYouTubeにも動画がアップされているだろう探したところ、先に述べた農林太鼓まつりの動画が見つかった訳です。
 
 この農林太鼓まつりの動画は2名の方が綺麗な映像で公開していて、そのうちの一人の方が公演すべてをアップしていましたのでその詳細を知ることが出来ました。
 舞台構成は、1部で「青梅総合高校和太鼓部」が6曲。2部で「美原高校和太鼓部」が5曲。3部で双方が1曲づつと最後に合同演奏曲というものでした。

 動画の探し始めは「美原高校」が目当だったのですが、「青梅総合高校」の和太鼓部はコミカルな掛け合いや舞台狭しと踊りながら演奏する曲もありました。またステージ衣装もチーム法被だけでなく色とりどりの半纏を纏ったりして、演奏を聴くだけでなく見た目も楽しめるものでした。
 
 そんなわけですっかり両校が気に入りDVD作成と相成った次第。

 良かったら応援してあげてください。

青梅総合高校

美原高校

 あと、ジュニアコンクールには東京から白鷗高校も出場します。
 私は、これも昨年ですが大江戸助六太鼓の門下生として高校の部活とは別に修練を積んでいる白鴎高校生がいることを知りました。
 この時の演奏は、門下生の動画としてすでにブログで紹介していますのでそちらもご覧いただければと思います。

 東京に移り住んで2年、ようやく骨のあるところが私のアンテナに引っかかるようになってきましたのでこの先楽しみです。

この記事に

開くトラックバック(0)


国道一号線が未舗装であった頃の写真が珍しかったので、1968年に録音したものと合わせてYouTubeで公開しました。
家族で写った集合写真の中に、姉と私と笛を持った父が写っていますが、録音は姉が社会人になってから行ったものなので、この写真は録音時からさらに10年以上前の1950年代中頃でしょうか。

山車を引っ張っている場所は小田原市酒匂。
ここが私の生まれ故郷です。
撮影場所は「上輩寺」付近の国道一号線です。
寺はまだ残っていますので地元の人はすぐわかると思います。

山車の引手の中で法被を着た子供は私一人。
親の気持ちが今になって胸に染みます。
どれほど大事に育ててくれていたのか。
写真を見て初めて気づきました。
いままで何度もこの写真を見ているのですけれど、そんな事感じなかったです。

演奏を聴きながら、改めて両親に感謝感謝!!

この記事に

開くトラックバック(0)

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事