ここから本文です
嵐とともに〜主婦の独り言
ご訪問、ありがとうございます。

書庫全体表示

先日ブロ友さんが、月刊ドラマに「魔王」と「怪物くん」の脚本家の西田さんが智くんのことを語っているよと教えてくれました。
この本、近くの本屋で探したのですが、私が行った本屋では取り扱いしていなかったので、雑誌の抜粋を教えていただいたところ、サトシックとしてはとても嬉しいコメントだったので、ご紹介します。
 
Q. 西田さんから見た、俳優・大野智の魅力とは?

間違いなく、自然体が魅力、無邪気な、肩に力の入っていない人、飾らない人という印象。
怪物くんのキャラがハマる大人はそういないと思うけど、多分、無理に自分を格好良く見せるんだとか、大人である自分でいようとしすぎなかった。
かといって、怪物くんを演じるから子供っぽく演じるという意識も無く…
すごく難しい役じゃないですか。
そこを素直に「だってこんな感じでしょ」みたいな風に出して演じてくれたことが自然に見えたところだと思います。
それが彼の一番の魅力だと思いますね。
子どもに媚びなかったところが、怪物くんがきちんとしたドラマとして成立した一番の理由だと思う。

舞台では殺陣がすごいと聞いているし、もっといろいろなことが出来るだろう。
それを小出しにできる。
自分そのままで飛び込んで行って、染まろうという人なんじゃないか。
魔王は怪物くんの二年近く前に放送されたが、実は企画自体は怪物くんの方が早く立ち上がっていた。
怪物くんの企画を進めている途中で、魔王の脚本を書いたが、この彼が、怪物くんもやるんだという頭があったので、不思議な感じはしましたね。
 
脚本家の先生が、こういう形で智くんを褒めてくださったのが、智ファンとしてはとても嬉しいです。
これを読んで、一番びっくりしたのが「怪物くん」の企画が「魔王」より早く立ち上がっていたことでした。
 
「魔王」の無表情で感情を押し殺した静かな役の成瀬先生と、表情豊かで子供っぽくわがままな怪物くんはまるで正反対で、「魔王」に嵌っていた私には、怪物くんを演じる智くんが、全く想像できませんでした。
 
「魔王」の成瀬先生があまりにも素敵だったので、昨年の春、「怪物くん」のドラマが決まったときは、役者大野智を潰す気か…と大騒ぎした一人です(笑)
そんな思いで観始めた「怪物くん」でしたが、老若男女に愛されるキャラにしてくださって、本当に嬉しかったです。
 
西田さんは、後に「怪物くん」の脚本を書くことを頭において、「魔王」の脚本を書いたそうですが、この両極端な役をより印象的に作り上げたのは、智くんの実力を認めてくださったていたんじゃないか…そんな感じがします。
 
西田さんの「素直で無邪気で飾らない人、カッコつけることなく、どんな役にも自分から飛び込んで行って、その役に染まろうとする…」という智くんの印象は、智くんの役者としての才能をとても高く評価してくれているんだと感じ、本当に嬉しく思いました。
西田さんも怪物くんはとても難しい役だと感じていたみたいですが、そんな怪物くんをまるで実在しているかのようなキャラに作り上げ、それを見事に演じた智くんを役者としてより高い位置に押し上げてくれたと思っています
関東では「怪物くん」の再放送をやっていましたが、このコメントを読んだ後に見る「怪物くん」は、また一味違ったものに見えました。
 
西田さんは殺陣がすごいことをご存知で「大野くんはもっといろいろなことが出来るし、それを小出しに出来る」と言ってくださっているし、きっと業界の中でも、智くんの才能を認めてくださっている方が沢山いると思うので、また違った役で智くんをドラマに抜擢してくれたら嬉しいな。
私としては、殺陣が多く見られる時代劇の「素浪人」の役なんかが見たいなぁ〜なんて思いますけど…
智くんの素敵な刀捌きなんてみたら、確実に倒れます(笑)
 
嵐さんが10周年を迎えた2009年は記念イベントがあって、とても忙しかったと思うけど、智くん個人としては2008年の方が、忙しかったと雑誌で話していたことがあります。
2008年といえば、舞台「テンセイクンプー」、個展「FREESTYLE 」、「魔王」、初めての国立でのコンサート、「24時間テレビ」、「歌のおにいさん」の撮影…それに加えて、水面下では「怪物くん」が動き出し、「ニッポンの嵐」の企画も立ち上がった年だと聞いているので、智くんは本当に息つく暇もないほど忙しかったのでしょうね。
 
本来、智くんは仕事と趣味とのバランスを取りながら今までお仕事をしてきたと思うので、2008年は本当に大変な年だったと思います。
「魔王」で撮影の合間に釣りに行って黒くなって監督さんにしかられたというエピソードは笑い話になっているけど、本当は心のバランスを取り戻すための釣り…プチ逃避行だったのかなぁ〜と思いました。
2008年は智くんにとって、「自分のため…」「ファンのため…」そして「嵐をもっと大きくするため…」に、今までの芸能生活の中で一番頑張った年だったのかもしれませんね。
だから、智くんがラジオで、忙しい仕事の合間に趣味を楽しんでいる話をしてくれるとホッとします。
これからも趣味で心のバランスを取りながら、私たちに夢を与えてくれたら嬉しいです。
 
11月26日、智くんのお誕生日に公開される映画「怪物くん」も、西田さんの脚本です。
映画での、よりパワーアップした怪物くんの活躍が、今からとても楽しみです。
 
 
 

この記事に

  • ステキな記事UPありがとう♪

    明日は魔王祭りだわ・・・♪♪
    その後怪物くんみたいなー(☆▽☆)ノ
    智くんの2008年はホントに大変な1年やったよね
    やせ細ってプラズマTV級な体を心配しつつも
    凄く凄くカッコよく成瀬先生を演じてたよね。。
    あーーーーーー大好き♪♪この頃より先にあの
    わがまま王子の怪物くんの話があったのか〜
    TVの世界ってわかんないね〜〜凄い世界で
    智くん頑張ってるんだね♪益々好きになったよーん

    ポチ☆

    カフェ あのん

    2011/6/2(木) 午前 2:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ともっちさん、こんばんは♪
    ファンにとってはとってもうれしい記事ですね☆『役者:大野智』をきちんと評価してくれているって気がします。
    怪物くんの企画の方が魔王よりも先に立ちあがっていたことには驚きですが、智くんの起用は最初から決まっていたようですね。
    智くん本人は大変だったと思いますが、いつものように自然体で演技していてやっぱり凄いなぁと思います。
    こういうところが他の嵐メンバーが尊敬しているところなのかもしれませんね。

    ろーたす

    2011/6/2(木) 午前 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    すいません。書ききれなかったのでまたろーたすです(+_+)
    以前に何かの雑誌だったのか忘れちゃいましたけど、智くんは「自分はどうなってもいいやという気持ちでやってきた」というようなことを語っていました。
    頑固だけど、心根の優しい彼のことだから、自分のことよりもまずは周りで自分を支えてくれる家族や仲間やスタッフのことを優先してしまうのでしょうね。それは今も変わらないけど・・・
    素敵だなと思う反面、自分を追い込みすぎてしまわないかと冷や冷やしてしまうこともあります。
    心のバランスを取るのがとても上手なんだと思います。それが、釣りだったり絵を描くことだったり、フィギュアを創ることだったり、最近始めたラジコンや鉄道模型だったり・・・一見内にこもってしまいそうな趣味に思えますが、あえてそうすることで、自分の気持ちをリラックスさせているのかな。なんて勝手に考えています。

    ろーたす

    2011/6/2(木) 午前 2:33

    返信する
  • おっはよん

    この記事はともっちさんの大ちゃんに対する愛に溢れた、そしてなんて大ちゃんのことわかっているんだろうって思える記事だったよ〜

    「魔王」は見てたよ〜
    でもその頃はまだ「嵐」の大ちゃんと言う意識はあまりなくて、あっ初主演のドラマなのね〜ぐらいの気持ちだったの…

    「魔王」やってた年はそんなに大変な年だったんだね〜
    「魔王」の時は一人の俳優、大野智として凄いな〜ってみてた「Truth」も大好きな曲だったし…

    自分の大好きな人を褒めてもらえると嬉しいよね
    ともっちさんのより深い大ちゃん愛知れた記事だったよ

    あっちゃん

    2011/6/2(木) 午前 8:46

    返信する
  • コンニチハともっちさん

    初めまして
    りんりんと申します

    素敵な事沢山書かれてあって凄く嬉しくなりました。
    私、智君ファンなので…

    教えてくれてありがとうございます

    お邪魔しました

    [ りんりん ]

    2011/6/2(木) 午前 9:40

    返信する
  • あのんちゃんへ

    こんばんは★
    私もこの雑誌の事をブロ友さんに教えてもらって、本当に嬉しかった♪
    魔王の智くん、本当に素敵だったもんね〜☆
    でも、魔王の前に怪物くんの話があったとはびっくりだったね。

    智くんの2008年はホントに大変な1年だったと思う。
    私も魔王の間、やせ細っていく智くんを見ていて心配だったけど、成瀬先生凄く美しくてカッコよくて、最高だったよね♪
    魔王と怪物くんは両極端な役だけど、それを見事に演じ分けた智くんの演技力、本当に素敵で惚れ直しちゃうね。
    TVの世界は私たちには想像できない世界だけど、その中で頑張ってくれている智くんに益々胸キュンだよね♪

    ポチ☆、ありがとう〜☆

    ともっち

    2011/6/3(金) 午前 2:09

    返信する
  • 魔王より怪物くんの話のほうが先だったなんて驚きです

    本当に正反対な役ですもんね〜成瀬さんは本当に素敵すぎて
    魔王をみて大野くんファンになった方も多いはずですよね

    怪物くんをやると決まったときは「大丈夫かぁ」って感じでしたが…大人にも子どもにも愛されてやっぱり大野くんの魅力、演技力はどんな役でもハマってしまうんですね



    今年も忙しいだろうけど、ドラマやって欲しいなぁ

    [ みぃこさん ]

    2011/6/3(金) 午後 1:00

    返信する
  • ろーたすさんへ

    こんばんは★
    智ファンにとってはとても嬉しい記事で、教えてくれたブロ友さんに感謝です。
    西田さんが『役者:大野智』をきちんと評価してくれているのが嬉しいですね。
    怪物くんの企画の方が、魔王よりも先に立ちあがっていたことには驚きでしたね。

    智くんにとって2008年はとても大変な年だったと思います。
    でも、与えられた仕事を最高な形でこなす智くんを他メンは尊敬しているんじゃないかと思いますね。
    流石、嵐のリーダーです。

    私も智くんは周りで自分を支えてくれる人達のことを優先してしまうと思うので、そこが素敵だと思うけど、自分を追い込んでしまって苦しくならないといいなと思います。
    だから、今までどおり、趣味で心のバランスを取っていつまでも私たちに夢を与え続けてほしいですね♪

    ともっち

    2011/6/4(土) 午前 2:05

    返信する
  • あっちゃんへ

    こんばんは★
    智くんの記事なのに、最後まで読んでくれてありがとう♪
    私の智愛、感じてくれて嬉しい〜☆

    あっちゃんも「魔王」は観てたのね。
    「魔王」の智くんは、サトシックとしては、美しくてはかなくて最高だったよ。
    だから、智くんが「怪物くん」をやると聞いたときはとても心配だったんだけど、結果、とても愛らしいキャラにしてくださった西田さんに感謝だったよ。

    「魔王」やってた年は智くんにとって、とても大変な年だったみたいだけど、俳優「大野智」として成長できた年でもあると思うので、智くんにとってはとても大事な年だったと思う。
    「Truth」も私も「Monster」と同じくらい好きな曲なの。

    自分の大好きな人を褒めてもらえると嬉しいよ〜☆
    西田さんのことまで、好きになりそうだよ(笑)

    ともっち

    2011/6/4(土) 午前 2:20

    返信する
  • りんりんさんへ

    こんばんは、初めまして♪

    りんりんさんも、サトシックなんですね。
    智くんの事を褒めてくださった西田さんに感謝ですね。
    私も、西田さんが智くんの事を高く評価してくださって、とても嬉しくなりました。

    また、お時間のあるときに、遊びにいらして下さいね。
    お待ちしています♪

    ともっち

    2011/6/4(土) 午前 2:25

    返信する
  • 鍵コメさんへ

    こんばんは★
    私もこの記事、とても嬉しかったです。
    西田さん、こんなに智くんの事を高く評価してくださって…
    だから教えてくれたお友達にもとても感謝してます。

    鍵コメさん、いつもこちらに来て智くんのことを褒めてくださるのが、本当に嬉しいです。
    いつもありがとうございます。

    私も演技、歌、ダンス…それに加えてアーティストとしての顔を持つ
    智くんが本当にすごいなと思っているのですが、一番好きな所は、それを自慢しないところ、周りが騒いでも昔から変わることなく自然体でいる所です。

    いつもはボーっとしている感じなのに、一度スイッチが入ったら顔が変わりますよね。
    いつもの可愛い智くんと、スイッチが入った時のかっこいい智くんのギャップのふり幅の大きさに、本当に惹かれてます。

    翔くんも唯一、メンバーの中で頼れるのが智くんですよね。
    昔は二人で真面目な話をよくしていたと聞くので、今でもいざという時は真剣に話しているんじゃないかな?

    私も智くんのリーダーのもと、他のメンバーが色々な方面で魅力を発揮してがんばってくれたらいいなと思います。

    ともっち

    2011/6/5(日) 午前 2:29

    返信する
  • みぃこちゃんへ

    こんばんは★
    魔王より怪物くんの話のほうが先だったなんてびっくりですね〜
    本当に正反対な役なのに、智くん見事に演じきって、素敵でしたよね。今でも魔王のDVDが売れているみたいなので、成瀬先生の智くんをみてファンになる人は、今も増え続けていると思いますよ。
    怪物くんをやると決まったときは「大丈夫かぁ」って感じでしたが…大

    今年も忙しいだろうけど、ドラマやって欲しいですね〜☆

    ともっち

    2011/6/6(月) 午後 10:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事