グランドマザーのひとり言/押花と共に

押花・ネーチャークラフト・レカンフラワー・アートプリント・高齢者になっても出来る事沢山あり嬉しい悲鳴を上げてます。

TOP

すべて表示

3月11日あの日の満天の空・・・

今日は3月11日東日本大震災が有った日です。
私はすい臓のCT検査、心電図検査のため大学病院へ。
待合室で見る震災のニュースを涙目になってみてました。
 
あの日我が家はガタガタだったので新築の長男宅へ。
保育園から帰宅してた2歳孫のみっくんは心細い顔して父親から離れない。
母親は職場が離れられなくて帰宅できない状態。
 
真っ暗闇のリビングで取り合えづ持参した非常食とお茶で夕飯。
ラジオとPCで情報を集めるがとてつもない災害で理解が出来ない状態。
リビングから空を見上げた長男が「お母さん星、凄いよ!」
キラキラ満天の星空沢山の方々が亡くなってることを知りながら
不謹慎にも「うわ〜凄いキラキラな星空!」と云っちゃいました。
孫と長男と私夫もキラキラ輝く星空を見上げ、
遠くに見えるコンビナートが燃える薄明りを見てため息。
 
あの時一緒に星空を見た孫のみっくんは今小学4年生。
3月生まれのみっくんはお誕生日が来る度あの時の話が出る。
 
私の病気が発覚し病院に見舞いに来て泣きじゃくる私の耳元で
「婆ちゃん頑張れ、婆ちゃん頑張れ」と励ましてくれた。
頼れる頼もしい男子になったみっくん。
あの時の星空は記憶にないかもしれないがお誕生日に語り繋いで行こうね。
この画像はネットから頂いてきました。
イメージ 1

 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事