石井智子フラメンコスタジオブログ

〜石井智子スペイン舞踊団メンバーとスタジオスタッフが綴る、ムイ・フラメンコなブログ〜
松本美緒です。

18日金曜日、カサ・デ・エスペランサに出演させていただきました。応援してくださった皆様、ありがとうございました。

初めて出演するにあたり、智子先生からはタブラオで踊るために必要なエッセンス、タブラオならではのHOW TOを、小さなことから大きなことまで沢山ご指導いただきました。

それが私にとっては目から鱗なことばかりで、新たな発見との出会いを、楽しくそして刺激的に感じながら日々準備を進め、本番を迎えました。

当日は、会場を埋め尽くす沢山のお客様の応援、エスペランサオーナー田代さんをはじめとするスタッフの皆様のお気持ちに支えられ、そして共演者の皆様のパッションを全身で受け、心からの感謝と幸せを感じながら、とても穏やかで充実した気持ちで舞台に立たせていただきました。

そしてフィン・デ・フィエスタでは、斎藤克己先生と、智子先生が飛び入りで舞台に登場してくださるというまさかの展開に!!眩しすぎる光景を同じステージから観るという、贅沢な体験をさせていただきました。

関わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、また次の舞台に向かって精進していきたいと思います。

松本美緒

イメージ 1

この記事に

扉が命

こんにちは。原麻沙美です。

今日、出勤してみると、受付で黙々と作業をなさっている滋さんのお姿が。
新しい飾り棚を組み立てていらっしゃいました。

イメージ 1


「ごめんね、邪魔だったかな。気にしないで。」
と本日もすこぶる渋い、いいお声。

では、自分の仕事に取り掛かろうかしら。と思ったものの…、
「あれ?」「どうなってるんだ?」
などというお独り言が?最初は優しくスルーしておりましたが、

「時間がないぞ。」
「落ち着け〜。」
「やってらんね〜ヨ。」
「おぉ、オレって素晴らしい!」
と、すぐ隣で繰り広げられる、凄まじい展開の“滋劇場”(笑)

気にしないでって言われても気になり過ぎます!!!

ということで、すっかり引き込まれてしまった私も
ちょこっとだけお手伝い。

イメージ 2

滋さんいわく「こうゆうのは扉が命」とのこと。最後に命の扉をしっかりと付けていただき、ジャーン!!!

イメージ 3

イメージ 4


先だって智子先生が受賞された芸術祭大賞のトロフィーをバーンッ!!と飾りました。

わぁ〜〜♥このトロフィー、近くで見るとほんとに凄いインパクトです。
生徒の皆様、受付にいらっしゃった際はぜひ間近で拝んでみてくださいね。

気になる滋劇場の最後は?といいますと、またもやいいお声で「苦労かけたな」でした(笑)!

滋さん、ありがとうございました!

原 麻沙美

この記事に

松本美緒です。

この度、高円寺にある老舗タブラオ「カサ・デ・エスペランサ」に出演させていただくことになりました。

素晴らしい共演者の皆様とご一緒させていただけることに感謝し、よい舞台になるよう精一杯つとめたいと思います。

ソロで出演させていただくのは初めてですので、時間を見つけてはエスペランサにうかがい、勉強と称してカウンターにお邪魔させていただいていますが、熱いステージにアットホームで暖かい雰囲気の客席の、とても素敵なタブラオです。

5月18日(金)19時開場 20時開演 です。

お越しいただける場合には、割引券をお渡しさせていただきますので、私かスタジオ受付にお声掛けいただければと思います。宜しくお願いいたします。

※直接ご予約の場合
「カサ・デ・エスペランサ」
https://tablaoesperanza.com/

松本美緒

イメージ 1

この記事に

月二回クラス

こんにちは。原麻沙美です。

『のんびり和気あいあい!いい意味で頑張らなくてもいいクラス!』

が売りの月二回クラス。3期目となる今期は人数も増え、木曜のお昼クラス、夜クラス、土曜クラスと3枠に拡大し、毎回活気に溢れています。

そんな中、先日の土曜日、定例の「月二総会」らしき「ザ・飲み会」に私もお誘いを受け、レッスン後に遅れてでしたが顔を出させていただきました。

行ってびっくり!人数多っ!!!

土曜、木曜所属の方が入り交り、いつの間に仲良くなったの?と思われる意外な方まで。みなさんほろ酔いで、それはそれはいい感じに盛り上がってました。

自己紹介タイムでは笑いっぱなし。一言話す度に茶々が入るのでなかなか終わらない愉快極まりないループ。

そして、フリートークでは、それぞれがどれ程月二回クラスが楽しいかということを私に力説して下さり(まるで私が勧誘されてるんじゃないかと思うほど。)

また、出るつもりのなかった発表会に参加してどれ程良かったか、どれ程チームがまとまっていたかの自慢話になり…(笑)

※ここで申し上げておきますが、私、お酒を一滴も飲めない人間ですので頭の中は至って冷静。

意を決して「それ、もう何回も聞いた。」と申しても、
「がははは!!!それでですね…。」とまた同じ話。ガクッ…。今思い出しても笑いが込み上げます。

月二回クラスに所属する方は、それなりにフラメンコの経験がある方(中〜上級)です。経験がある分それぞれに思うことも豊富。出産などで一度フラメンコを離れることになった方、がむしゃらに頑張ってきた方、時に頑張りすぎて疲れた方など、いろんな経験を積んできたからこそ、お互いの思いが分かり、お互いに優しくなれている気がします。

みんなフラメンコが好きだからどんな形であれ続けて行きたいんだよね、という共通の思いがあるのでしょう。そんな方たちにとって、この月二回クラスの存在は、丁度いい癒しと刺激の場になっているのではないでしょうか。

(とジンジャーエールを飲みながら私は一人冷静に分析したのであります。)

とにかく、みんなが楽しそうで良かった!私も嬉しかった!
呼んでくれてありがとう〜〜!!

「先生、この会、春夏秋冬、年4回行いますのでまたいらしてください!」

と言われ。。。 いや、4回は多いでしょ(汗)

せめて年に一回くらいでしたら、みなさんの自慢話にとことんお付き合いいたしますよ〜〜(笑)

**原 麻沙美**

イメージ 1

この記事に

我らがアイドル

こんにちは。清水真由美です。

先日舞踊団の数名で、加藤みや子ダンススペース50周年記念公演
「MIYAKO KATOH DANCE SPACE 50th ANNIVERSARY」を鑑賞させて頂きました。

ジュニアから大人までプロ・アマ総出演、
クラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、ヒップホップ等々、沢山のジャンルのダンスが繰り広げられ、とても興味深かったです。

そしてなんと、本公演には我らがアイドル蒼生君が出演!

「あのね、加藤みや子先生の舞台に出させて頂くことになったんだけど・・・」

智子先生からお声掛け頂いたのは1ヶ月程前。この日を楽しみにはしていたのですが、その期待を大きく上回り、2つの作品で堂々と演技し踊っていて、なんだかすごく胸がジーンとしました!

メガネに白衣姿で出演した「アンドロイド行進曲」では、ピトを鳴らして
アンドロイドを起動したり、壊れたアンドロイドを直したりと博士(?)の役。

ハンチングを被った少年役で出演した小品「霧の中のサーカス」では、
出捌けと着替えを繰り返しながら作品全体に渡って好演。

両作品とも、コミカルに演技しつつ、踊るシーンもしっかりあって見ごたえがありました。

そういえば、舞踊団公演以外の舞台作品に出演している姿を見るのは
初めてだなぁ・・・遠くに行ってしまった様でちょっぴり寂しい・・・、と思ったのも束の間、終演後はいつもの照れ屋蒼生君に戻った「有難うございます(ぺこり)」の姿に、ほっこりしました^^

蒼生君、かっこよかったよ〜!!

清水真由美

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事