石井智子フラメンコスタジオブログ

〜石井智子スペイン舞踊団メンバーとスタジオスタッフが綴る、ムイ・フラメンコなブログ〜

エスペランサライブ

皆さまこんにちは、谷口祐子です。

1月18日(金)に高円寺のカサ・デ・エスペランサで、舞踊団の松本美緒さんと共にフラメンコライブに出演させて頂きました。

私はエスペランサで踊らせていただくのは初めてで、分からない事や不慣れな事が多くありましたが、共演者の皆様や智子先生のお力添えもあり何とかライブを終えることができました。

イメージ 2

老舗のカサ・デ・エスペランサで踊らせて頂くという有難い機会を頂き、出演が決まった時から不安と緊張でいっぱいでした。臨機応変に対応する難しさを痛感しましたが、とても良い経験になりました。

振付クラスの皆さまも応援に来て下さり、本当にたくさんの方に支えられていることを実感いたしました。お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。27日にはマルワのコンクールに出演します。もう日もあまり無いですが、集中して頑張りたいと思います!

余談になりますが、ライブに使用したアクセサリーは、櫛だけですが本番2日前に急遽製作しました。せっかく頑張って作ったのでここに載せさせて頂ければと思います。

イメージ 1

この記事に

コンテスト開催!

皆さん、こんにちは。原 麻沙美です。

ある日、スタジオに現れたパンパンのお衣装ケース二箱。よく見ると見覚えのあるお洋服がいっぱい。智子先生のご好意で、マネージャーが生前お召しになっていたお洋服を、私たち生徒に形見分けしていただけるとのこと。

マネージャーは御年83歳でしたが、どのお洋服も可愛らしくお上品なものばかり。本当にお洒落でしたから…。

古くからゆかりのある生徒さんから順にお声を掛けると、あっという間にケースは空っぽに。
皆さん、マネージャーを偲びながら愛おしそうに選んでましたね。

さて、そこでです!私、勝手に開催しちゃいます!

『第1回 マネ様お衣装コーディネートコンテスト』

頂いたお洋服を〝貴女らしく〟コーディネート。振付クラスのメンバーに声をかけると15名がエントリーしてくれました。

イメージ 1

イメージ 2

おぉ〜〜。天国のマネ様、ご覧下さいまし!!皆さんとっても素敵ですね。

コーディネートはこ〜でぃねぇと♥

選考委員の私が勝手に賞を決めましたのでこの場をお借りして発表致します。パンパカパーン、おめでとうございます!

【最優秀賞】
エントリーNO.6鈴木尚恵さん

イメージ 3

ご婦人のお洋服をよくここまでプリティにアレンジされました!とっても似合ってますし二着エントリーの意気込みも買っての最優秀賞に決定です!

【ナイスアレンジ賞】
エントリーNO.1吉田恵美さん

イメージ 4

マネージャーがよくカチッとした着こなしで羽織られていたジャケットをファー使いでカッコよくアレンジ。デニムと合わせたところもナイスです!

【通販カタログっぽいで賞】(受賞2名)
エントリーNO.3岡田美恵子さん

イメージ 5

エントリーNO.10 丸山綾さん

イメージ 6



とってもお似合いよ。でもやっぱり通販カタログっぽい(笑)

楽しいことが大好きだったマネージャーですから、きっと喜んで下さっているはず!?

マネージャー、私たちはこれからもマネージャーの温もりと思い出を胸に、楽しくやっていきます。天国で見守っていて下さいね。

原 麻沙美

この記事に

松本美緒です。

平成最後の年の瀬も残すところあと僅かとなりました。

今年は、スタジオコンサート(発表会)、都民芸術フェスティバル、エスペランサライブ、小笠原伯爵邸スペインナイト、ガルロチでの智子先生&フンコさんのスペシャルディナーショー、読売ランドのプールイベント、真夏の夜のフラメンコ、ガルロチでのスタジオミニコンサート、そして先日の小松原庸子先生の公演、と実に多岐にわたる舞台に出演させていただき、充実の年になりました。
機会をくださり、指導をしてくださった智子先生と、関係してくださった全ての方々に、心から感謝しています。

特に、老舗タブラオ「カサ・デ・エスペランサ」に初めて出演させていただいたことは、自分のフラメンコ生活に刺激と彩りを与えてくれた出来事のひとつとなりました。

そのエスペランサに、年明け早々の1月18日(金)、再度出演させていただくこととなりました。

今回は、バイレ:鈴木旗江さん、当舞踊団の谷口祐子さん、カンテ:柏山美穂さん、 ギター:今田央さんの布陣で、新春らしいパワフルなステージをお届けできるよう、精一杯つとめます。

有難いことに既に残席が僅かなようですが、ご都合が宜しければ是非観にいらしてください!

イメージ 1

この記事に

憧れの光景

松本美緒です。

小松原庸子先生の舞踊団50周年記念公演に、当舞踊団から5名出演させていただきました。寒い中観にいらしてくださった皆様、遠くから応援してくださった皆様、本当に有難うございました。

最初に高円寺のお稽古場にうかがったのは今年の7月。暑さ真っ盛りの中ドキドキしながら5人で肩寄せ合って、おそるおそる扉を開けましたが、今ではコートを纏い寒い寒いと足早に門をくぐる、通い慣れた場所となりました。

庸子先生には、いつも熱心にお稽古をみていただき、技術的なことは勿論、表現の仕方や心のあり方についてまで、大切なことを多く学ばせていただきました。

遠い存在だった巨匠ですが、時折ユーモアたっぷりの発言で和ませてくださり、明るくてとても楽しい雰囲気のお稽古場でした。劇場入りしてからは、より良い舞台を実現するために、細部に渡り本番直前まで確認され指示を出される庸子先生を間近で拝見することができ、大きな刺激を受けました。

智子先生は、私がフラメンコを始めた頃はしばしば舞踊団の公演に出演されていましたが、今回は実に9年ぶりとのことです。お稽古場や劇場で、庸子先生やOGの方々と一緒にいらっしゃる様子を見られるのが、私にとっては新鮮であり、とても嬉しいことでした。特にOGの皆様との群舞を舞台袖から見た時には、憧れてみていた華やかな光景が目の前に蘇り、あの頃の気持ちを思い出し感動が胸に押し寄せました。

2日間ともほぼ満席御礼の大入りで、フィナーレではお客様の大きな拍手を、庸子先生やスペインのアーティストの皆様、智子先生やOGの皆様、現舞踊団の皆様と同じステージで体感し、とても幸せでした。ご挨拶の中で庸子先生が「智ちゃーん!」と声をかけられた時、そして智子先生が出演者を代表して庸子先生にお祝いのお花を渡された時、目頭が熱くなりました。この光景はずっと忘れることがないと思います。

今回学んだことをしっかりと自分の中に刻み、次の目標に向かって精進していきたいと思います。

松本美緒

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

こんにちは、杉浦桃子です。

16日の日曜日、小松原庸子スペイン舞踊団公演「ドゥエンデ・デル・フラメンコ 〜フラメンコの妖しい魅力〜」を観に行きました!

小松原庸子スペイン舞踊団は、私がフラメンコを始めた頃、憧れてやまなかった舞踊団でした。
今回の公演は名だたる舞踊団OGの皆様が出演!そして、智子先生と石井智子スペイン舞踊団メンバーも出演ということで、とても楽しみにしていました。

どの作品も、絵画のように美しく、踊りも、衣装も、装置も全てにおいて、小松原先生の世界観が溢れ出ていました!
特に智子先生が出演された「カフェ・カンタンテ」…恋人を亡くした踊り子が、男の影が見え隠れする鏡を見る姿は、切なくも美しく、とても印象に残りました。

石井智子舞踊団のメンバーも沢山の作品に出演され、複雑な構成や振付でもしっかりと役目をはたされていました。これまでの舞台経験が活かされている様でさすが!と思いました。

私にとっては、今年のフラメンコ納めにふさわしい公演でした。
この感動を胸に、来年はより一層、フラメンコな年にしたいと思います!

少し
早いですが、皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

イメージ 1
東京芸術劇場にて

杉浦桃子

この記事に

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事