石井智子フラメンコスタジオブログ

〜石井智子スペイン舞踊団メンバーとスタジオスタッフが綴る、ムイ・フラメンコなブログ〜

新人公演

こんにちは、舞踊団の杉浦桃子です。

8/24(土)日本フラメンコ協会主催の新人公演に出演させていただきます。舞踊団の谷口祐子さんも同日に出演です!

新人公演にソロで出演させていただくのは、今回が初めてです。曲はこれまで発表会やライブでも踊ってきたソレアを踊りますが、新人公演を目指しての練習はやればやるほど課題が見つかり試行錯誤の毎日です。

8月猛暑の季節となりますが、皆様に応援に来ていただけたら嬉しいです!スタジオ内ホワイトボードに、チケット申込み表を掲示してます。ご希望の場合はそちらへご記入をお願いいたします。パンフレットも置いてますのでご自由にお持ち帰りください。

先日開催された懇親会では、他のクラスの方々ともお話することができてとても嬉しかったです。新人公演の件では、温かいお言葉もかけていただき本当にありがとうございました!

皆様の応援を心に、出演まで1日1日を大切に準備して、本番でよい踊りができるように頑張りたいと思います!

杉浦桃子

イメージ 1
イメージ 2
↑8月24日(土)に出演します
松本美緒です。

第19回石井智子フラメンコスタジオコンサート"La Unica Flor" 。私にとっては、14回目の発表会出演となりました。

1999年に初めて出演した時、この刺激的でスリリングな時空間の虜になってしまいました。
以来、約1年半に1度の発表会の日を中心に人生がまわってきたといっても過言ではありません。そのくらい毎回熱い思いを持って、半ば興奮気味に取り組んできました。

前回の発表会からここに至るまでの期間は、大変有難いことに、外部の劇場公演・タブラオ・イベント・オペラ等多岐にわたる舞台に出演させていただ
く機会に恵まれ、新たなヒト・モノ・コトとの出会い溢れる日々を過ごしました。

そのこともあって、これまで同様の高揚感を持ちながらも、少し視野を広く客観的に、これまでとは違う感覚・意識を持って、本番に臨んだのが今回でし
た。

そうして自分が踊る環境を考えると、大勢のお客様を収容する立派な劇場には、ドラマティックな照明、心地よい音響、踊りやすい床が整えられており
、ミュージシャン達が全力で演奏をしてくれている。また、恙無い進行に尽力してくださる監督やスタッフの方々、妥協せず最後まで高みを目指して指導してくださりながらも本番は楽しく伸び伸び踊れるようにいざなってくださる智子先生が、安心感を与えてくれている。

見えていたけれど、視ていなかったことへの、尊敬と感謝の気持ちが自然に湧くと、本番特有の緊張や震え・あがりといったことが一切なく、心穏やかに舞台に出て行くことができました。

実り多き機会となった第19回。第20回にはどんな素敵なことが待っているのか、希望を抱きつつ新たな一歩を踏み出したいです。

松本美緒

イメージ 1
一緒にアレグリアスを踊った振付クラスのメンバーと。


衣裳の準備

こんにちは。原麻沙美です。

発表会まであと約1ヵ月になりました。
生徒の皆さんも仕事と練習の両立で慌ただしい日々を過ごされているのではないでしょうか。

私はここ数日、昼間のレッスンの合間を縫ってお衣装配布の準備に明け暮れています。

各グループの人数と枚数を照らし合せひたすら袋詰め。時々(これ大丈夫かな)とウエストあたりの太さも確認したり…!?無事に配り終えるまでは気が抜けません。

枚数を数えながら、ちょっと違うこと考えると数が分からなくなって「あ〜〜っ!」となり、また数え直して…。事務作業をされている亨さんの背後を行ったり来たりしながらず〜っとブツブツ呟いてます。

さてと、今日はここまで。

これからまた夜のレッスンが始まります。生徒の皆様、今日もお待ちしておりますね!

原 麻沙美

イメージ 1
※これで3分の1くらいの量です。
松本美緒です。

小澤征爾音楽塾オペラ「カルメン」の千秋楽を昨日終えました。

2月下旬に東京オペラシティのお稽古場で練習が始まってから昨日まで、一瞬一瞬が貴重で、京都、横須賀、上野と、夢のように時が過ぎていきました。人生を2月下旬まで巻き戻したいくらい、充実した時間でした。

小澤征爾先生は、報道にもあった通り京都公演後体調を崩され入院されていましたが、東京公演のカーテンコールには元気なお姿で登場されました。その時の会場の皆様からの割れんばかりの大拍手、スタンディングオベーションに、劇場全体が大きく蠢いているようで、身体が震え涙が溢れました。あの光景、拍手の音、胸にしっかり焼き付けました。

今は夢から覚めた後の切ない思いと、終わった安心感と、色々な気持ちが入り交ざっていますし、まだ頭の中でカルメンの楽曲がグルグル渦巻いていますが、気持ちを切り替えて、また次の舞台に向けて地道に進んで行きたいと思います。

オペラ「カルメン」という壮大な舞台を作り上げた全ての関係者の方々に尊敬の気持ちを込め、またこのような機会をくださった智子先生、指導してくださったサラ先生、一緒に踊ったダンサーチームに、そして何より劇場に足をお運びくださいましたお客様に心からの感謝の気持ちを込め、本当に有難うございました。

松本美緒

イメージ 1
第一幕は、智子先生をはじめとするメンバーは、カルメンの属する盗賊団として、カルメンの脱走を手助けしました。Rhinaさんはカルメンと喧嘩し負傷したマヌエリータ、私はそのお友達役で出演しました。

イメージ 2
第二幕は、踊りもお芝居も盛り沢山。何とフェステーロで有名なハビエル・エレディアさんがギタリスト役で出演!まさに本物のフラメンコが舞台上に実現しました。

イメージ 3
毎回本番前はピアノの伴奏についていただき、入念なリハーサルをしました。こちらは第四幕のお稽古風景です。
こんにちは。小木曽衣里子です。

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト「カルメン」に出演させていただくことになり、3/3(日)より京都入りし、リハーサルに参加しています。

間もなく迎える公演初日に先立って、3/12(火)には京都府内の小学生を招いて「子どものためのオペラ」が開催されました。

上演前には、オーケストラの各楽器の紹介が馴染みのある曲で行われ、会場が盛り上がったところで、カルメンの第一幕が上演されました。
子どもたちの素直な反応、拍手でいっぱいの会場に、出演する側としても大きな感動を受けました。

私はありがたいことに、一昨年に出演させていただきましたが、今年もまた新たな驚きや学びをさせていただいています。

塾長である小澤征爾さんが創るオペラの世界に関わることができることに感謝し、舞台に臨みたいと思います。

小木曽衣里子


http://tomokoishii.com/event/#carmen


イメージ 1

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事