Fondle セラピスト やまぐちともこのブログ。

【2018 おみくじ】 願望・・・おそいが後に叶う 口舌を慎みてよし 心静かに
こんにちは (^ー^* ) ヤマグチです。

ときどき、お客様から、「アロマオイル持ってるんですが、どうやって使ったらいいですか?」
そんな質問を受けたりします。


アロマが好きで、アロマオイルを買ってみた。
だけど、いろいろな理由で面倒になってオイルを途中で使わなくなってしまう人が多いみたいですね。
もったいないので使いましょ〜よ〜♡


今日は、そんな方に、とっても手軽にアロマを楽しめる方法を1つご紹介しますね。(*・∀-)v

イメージ 1


方法は簡単で特別な器具もいらない

マグカップアロマ


マグカップに湯気がたつくらいの熱いお湯を注ぎ、アロマオイルを3〜5滴 落とすだけ。


熱湯の蒸気と一緒にオイルが揮発し、いい香りが広がります。.゚+.(´∀`*).+゚.




急な来客の時などは、このマグを玄関やリビングにササッと置くだけで、良い香りでおもてなしできます♪

オフィスや、勉強部屋のデスクに置いておくと、集中力も高まります♪

今の寒い季節なら、アロマオイルの持つ、殺菌作用や抗ウイルス作用で風邪予防にも役立ちますよ♪



ただし、飲み物と間違えてうっかり飲んでしまわないように気をつけて下さいね〜 (* ̄ー ̄*)



この記事に

ぶっさいくな犬

 
実家で飼ってる犬 どん君 と遊んできた。 ((((о´▽`о))))♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3
 

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


こんなに、ぶっさいく だけど、かわいい♡って思えるって不思議だね〜 (´ω`*)

この記事に

間違った固定観念

【間違った固定観念】

マッサージは、疲れたときに、疲れている人がうけるもの だと思っていませんか?

マッサージは、疲れたときに受けると、とても気持ちが良い と思っていませんか?



マッサージは、 疲れたときも、疲れていないときも、誰が、いつ受けても 気持ちが良い! です。




お腹が空いていないときには、目の前にどんなに美味しそうなものがあっても食べられませんし、
もし食べたとしても美味しく感じられないでしょう。


だけど、マッサージは、疲れていないけど、揉んだり撫でたりされてみると、やっぱりめちゃくちゃ気持ちが良いと感じられます。



だから、疲れてない人も、フォンドルにお越しいただきたいです。(^ー^* )フフ♪


イメージ 1


● ご予約は ●

relaxation aromatherapy salon
Fondle  フォンドル

☎076-493-8088

24Hネット予約が便利です。




この記事に

フレフレ智子


外に出れば、あっちもこっちも雪だらけで、もう富山が嫌いになりそう…(´ヘ`;)

ここ2〜3日の間に降り積もった雪のせいで、お店が埋もれてしまいそうだったから

昨日は定休日だったけど、除雪しにお店に来てました。

ちょっと一仕事を終えて、母に愚痴メールをしたら


イメージ 1 

こんなメールが返ってきました。



変なところで 改行

激励の ことわざ

「負けるな智子 フレフレ智子」

ダサい応援フレーズ


。゚(゚ノ∀`゚)゚。。゚ 笑笑


慣れない携帯メールを一生懸命打ってる母の姿が目に浮かびました。


母の愛情です。


今日も頑張って除雪できました!




【ついでの話】

母は、昔からよくことわざを使います。
どおやら、ことわざ好きだと思われます。

私の好きなことわざは
「知らぬが仏」です。


この記事に

セラピストの仕事

 
 セラピスト募集イメージ 2

 誰かのためになれる仕事 

 お客様を笑顔にする仕事


  私たちと一緒に癒しを
    お届けしませんか?



セラピストのやりがいは、お客さまから直接感謝の言葉や気持ちをいただけることです。
 
ほとんどのリラクゼーションサロンで指名制度がありますが、
フォンドルでも、お客さまから指名をいただくことがとても嬉しく、頑張りがいがあります。
 
私も、これまで色々な業種でアルバイトをしたこともありましたが、
お客さまからこれほどまでに直接感謝していただける仕事は他にありませんでした。
 

自らの施術や接客が商品であり、それでお客さまが喜んでくれたり、笑顔になってくれることがやりがいに繋がっています。
 

体力的に大変だなと思うことも、時にはあったりもしますが、やりがいに支えられて続けられているのだと感じています。


セラピストになってみて気が付いたことは、世の中の方たちは、仕事、子育て、介護、学業、対人関係など、あらゆることが原因で心身ともに疲れているということです。
 
眉間にしわをよせ、ギュっと顔をこわばらせた表情で、お客さまが来店された時は、正直、「怖いな」と思ってしまいます。

 
ですが、いつもどおり誠意を込めて施術すると、終わる頃には、お客さまの顔つきが、がらっと変わり、非常に穏やかな表情で、「はぁ〜気持ちよかったぁ〜」と言ってもらえる瞬間は本当に本当に嬉しく思います。
 
きっとそういうお客さまは、顔がこわばるくらい、ストレスを抱えていらっしゃったのではないかなと思います。
 
誰でも、毎日生きていれば色々なことが起こります。身体や心が癒しを求めている人は世の中にたくさんたくさんいらっしゃるでしょう。
 

セラピストは、「身体がしんどい」「気持ちがふさぎこむ」など、ストレスを感じていらっしゃるお客さまに、癒しを提供することに対しての使命感を持って働ける仕事です。


このセラピストのやりがいと、使命感、そして私自身がアロマが好き、マッサージするのが好きだということから、これを私の天職だとも感じています。

 
リラクゼーションサロンには月に1回、自分へのご褒美に来店される方、日頃の疲れを癒しにくる方など様々ですが、セラピストは、そういった方々の「救い」になり得る素晴らしい仕事だと私は思っています。


  イメージ 1
relaxation aromatherapy salon
Fondle  フォンドル
山口 智子


セラピスト募集  セラピスト採用情報 ↓↓

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事