全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

カナダのTV局CTVが新しい『赤毛のアン』TVシリーズを来年放送すると発表。
すでに撮影は始まっていて、『赤毛のアン:ニュー・ビギニング』というタイトルで3時間の特番になるという。
50歳代のアンを演じるのはオスカー候補にもなった「フォーエバー・フレンズ」「勝利への旅立ち」のバーバーラ・ハーシー。そして12歳のアンを演じるのが1000人以上のオーディションから選ばれたトロント出身のハンナ・エンディコット=ダグラス(写真)。彼女は日本でも放送されたTV映画『アメリカンガール/サマンサの休日』にも出演している。
他に「ライ麦畑をさがして」のレイチェル・ブランチャードがルイーズ役で出演。
85年版のアンと「アボンリーへの道」を製作したサリヴァン・エンターテイメントが本作も制作する。


過去に日本でもモンゴメリー関連作品のTVドラマは放送経験があるので、本シリーズの日本放送も有り得そうです。

閉じる コメント(4)

赤毛のアンは小さい頃から本を読んでいたし、映画化されたときも見にいってきました!アン役の人がすごく好きだったな〜♡日本でも放送されることを期待したいです!!楽しみ(*^∀^*)

2007/10/17(水) 午後 5:14 mai*han**3

子供のとき、見た、アニメ版が1番思い出すんですが、
10年くらい前の、実写の映画版もよかったですね。
これも、放送されたらいてみたいです。

2007/10/17(水) 午後 11:47 [ ティルク ]

顔アイコン

>マイさん やっぱり皆読んだり観たりしていましたよね。それだけ日本人にとっても愛される作品だと思います。日本で放送されるといいですよね。

2007/10/18(木) 午前 0:00 tomomithenet

顔アイコン

>koujiさん 私もアニメ版のほうが一番印象に残っています。やっぱりシリーズもので長く続くもののほうがよりキャラクターに深入りしますね。劇場版も良かったと思います。

2007/10/18(木) 午前 0:04 tomomithenet


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事