全体表示

[ リスト ]

『板尾創路の脱獄王』

イメージ 1

舞台は昭和初期。どんなに過酷な状況に追い込まれようとも脱獄を成功させる男・鈴木雅之。彼に手錠などというもの意味がなく、独創的なアイデアと類希なる身体能力を駆使することで、ことごとく脱獄を成功させる。だがなぜか毎回脱獄後数時間で捕まってしまう。彼のことを世間は「脱獄王」と呼び、英雄扱いしていった。果たして脱獄を繰り返す鈴木の真の目的とは?

出演は板尾創路、國村隼、石坂浩二、津田寛治、オール巨人、ぼんちおさむ

ベテラン俳優を揃えた秀作。脱獄を繰り返す男というテーマに惹かれて映画祭で観たのだが、これが海外へ出してもいいくらい、初監督作とも思えない面白い出来だった。脱獄を繰りかえすもすぐに捕まってしまうその理由がまったく読めない。鈴木に興味を持つ國村隼演じる司法省の役人・金村と共にその謎を紐解いてゆくのが面白い。
よしもとの芸人による監督作がここのところよく出ているが、B級映画っぽさをみせながらも幅広い活動をしていて鬼才といわれるだけある人の作品。共演した國村隼や石坂浩二が舞台挨拶で彼の手腕を認める発言もしている。
やられた!と言いたくなるお馬鹿なラストは笑いが止まらなかった。
沖縄映画祭上映作品。

監督・脚本は板尾創路。長編映画初監督作品。次回監督作の予定はないそうだが、気長に待ちたくなる。2010年1月16日全国ロードショウ決定。


評価:★★★★




この記事に

閉じる コメント(7)

あらすじとこの画像だけで色んな想像が膨らんでしまいますが、
絶対、期待、大です!!
確かに芸人さん監督作品多いですよね。この作品の★四つに期待します♪

2009/6/6(土) 午前 9:52 そらちょこまま 返信する

顔アイコン

はじめまして、バルタンといいます。
突然のコメント失礼しますm_|_m

「脱獄王」面白いですよね。エンドロールまで笑いました。
でもまだこの面白さを分かち合える人が少なくて・・・ついついコメントしてしまいました。

沖縄でご覧になったんですか?実は私は・・・このために沖縄までわざわざ行って(笑)。みんなに信じられない!!と言われました。

2009/6/6(土) 午後 6:39 fpq**4ca*ame*dre*m 返信する

顔アイコン

>りょうさん
私もあらすじだけで観るのを決めたのですが、期待以上でした。
早く公開日程が決まるといいですね。

2009/6/6(土) 午後 9:08 tomomithenet 返信する

顔アイコン

>バルタンさん
ご訪問&コメありがとうございます。
レトロなタイトルといい奇想的な展開といい最後まで楽しめる作品でしたね。
私は沖縄映画祭で観ました。他でも上映したのかどうかわかりませんが。この作品が目的というよりは映画祭目的で沖縄へ行きました。

2009/6/6(土) 午後 11:52 tomomithenet 返信する

顔アイコン

これは面白そうですね。

不思議系の怪芸人と言われる彼は
たくさん役者のオファーがあるとか。

あまりしゃべらないという彼ですが
役者陣に指示とか出せたのかな?

2009/6/9(火) 午後 8:39 kind 返信する

顔アイコン

今年観た邦画(といっても大した数ではないのですが)の中では「ジェネラル〜」に次ぐ傑作です。
役者としても数多く出演していますが、その経験を上手く活かしていると思います。
この役ではあまりセリフがないのですが、舞台挨拶の時は割りとお話されていました。

2009/6/9(火) 午後 10:30 tomomithenet 返信する

顔アイコン

>『ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画』さま
TBありがとうございました。

2010/12/2(木) 午前 11:12 tomomithenet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


みんなの更新記事