全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

チャーリーカウフマン監督、フィリップシーモアホフマン、ミシェルウィリアムズ、サマンサモートン、キャスーリンキーナー、エミリーワトソン。

ケイデンコタードはニューヨークに住む人気劇作家。ある日突然愛する妻が娘を連れて家を出てしまう。
そんな時、マッカーサーフェロー賞受賞の知らせが届く。
失敗続きで行き詰まっていた彼は、その賞金で今のニューヨークの中に自分の頭の中に描いているニューヨークを作り出すプロジェクトを実行するが。

チャーリーはあまりに才能がありすぎてあまり観ている人に理解しずらいこだわりすぎる作品にしてしまう。
この作品もキャストは演技の素晴らしい俳優揃え、ユーモアあり最近でも最先端をいくようなシナリオで素晴らしいのですがあまりに凝りすぎて僕は登場人物やシーンを追うのが精一杯で疲れてしまった。
主人公の寂しさや孤独から逃れたい一心で大変な芝居を始めるあたりはすごいと思うがもっとゆったりと作品を楽しみたいと思った。
マルコビッチの穴が僕は好きです。
評価Cです。ただホフマンてすごい俳優だと思った。この役は彼しかいないでしょう。
11月14日より渋谷シネマライズにて公開。
【松井】




閉じる コメント(3)

顔アイコン

マルコビッチ,
アダプテーション,
ヒューマンネイチュアは大好きで
かれの脚本は凄いと思います。

Cですか・・・

2009/11/2(月) 午後 8:51 kind 返信する

顔アイコン

脚本家としては私も非凡な人だと思います。今作が初監督作となるわけですが、懲りすぎ・・・なんでしょうね。松井君も好きな人なので確かにCは意外に思いました。

2009/11/2(月) 午後 9:49 tomomithenet 返信する

顔アイコン

>『サーカスな日々』さま
TBありがとうございます。

2010/11/14(日) 午前 8:34 tomomithenet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事