全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ポールグリーングラス監督、マットデイモン、グレックキニアほか。

2003年イラク戦争時に破壊兵器の捜索の任務についた101部隊ミラー堆尉は、本部から指示を受けた場所がまったく嘘の情報とわかり上層部に疑いの目を向け始め、自分の隊だけ別行動をしイラクの高官たちの居場所を突き止めたが逃げられる。
しかしその情報をくれたイラク人とともに真相とアメリカ政府に反する人命優先でフセインとの交渉を求めはじめるが。

この作品は、今のメディアの情報はすでに国家による操作の危険をはらんでいる。
そして現実は、もっと悲惨な状況なのに先進国家の高官たちは、人命や住民たちの民主主義より自分たちの地位や理屈を作ることしか考えていない。そんな危険もあることを考えさせられた。
ミラーがイラクの危険地域に入り探索するときのハラハラドキドキ感と親近感の映像がより入り込める。
しかし夜間のアクションや動いている時もカメラと被写体が同時に違う動きをするシーンが見ずらい。
実話のように撮っているがフィクションでしょう。
評価Aです。
TOHOシネマズにて5月14日に公開予定。 【松井】




閉じる コメント(6)

戦争映画と言うよりは、国家政治の内容でしょうか?
興味あります!

2010/2/13(土) 午後 11:00 そらちょこまま 返信する

顔アイコン

どちらかといえば「エネミーライン」のような戦争映画になると思います。

2010/2/13(土) 午後 11:35 tomomithenet 返信する

顔アイコン

アメリカのCMが流れていた時にちらっと「Bourne」って文字が見えたので「え、Bourneってシリーズ終わったんじゃねぇの?!?!これ続き?!?!」って思ってましたが、違う物なんですね

2010/2/17(水) 午前 8:31 えびちゃん 返信する

顔アイコン

私も一瞬「続編のトレイラーキター!」と勘違いしましたw
でもちゃんと別の名前を名乗っているし、まったくの別物です。

マットがインタビューで1作目の前にあたるボーンの話を作る(別の若い俳優を使って、という意味で)かもしれないという可能性の話はしていました。

2010/2/17(水) 午前 10:52 tomomithenet 返信する

顔アイコン

脚本がヘルゲランドなのも
いいですね。

そのシーンは見ずらいとのことですが
酔わないで見れればいいなあ。

2010/2/17(水) 午後 8:39 kind 返信する

顔アイコン

この製作チームはいいですよね。

この手の作品ってリアルさを求めるために酔いそうになるような撮り方しますね。

2010/2/17(水) 午後 11:39 tomomithenet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事