全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

脚本、宮崎駿、監督、米林宏昌、声の出演、志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林

ぼくは、あの年の夏母の育った古い屋敷で一週間だけ過ごした。そこで僕は母の言っていた小人の少女に出会った。しかし彼女たちは人間に見られてはいけない掟があり床下に住んでいた。

ストーリーは、夢のあるファンタジックな内容だが宮崎駿アニメとしてはもの足らない感じ。
声の出演がいいキャストだけにあまり期待するとだめ。でもすべての年齢層の見るひとに勇気や夢や希望をあたえる宮崎駿作品としては合格作品です。
7月17日より東宝系公開。評価BBです。 【松井】




この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

予告しか見てませんが、舞台設定を日本にした割には、まあまあいい感じに仕上がってる予感がしますよ。
DVDを購入予定です

2010/7/28(水) 午前 10:22 えびちゃん 返信する

顔アイコン

色々と突っ込みを入れたくなる部分もあるそうですね。「借りる」ということについてですがw
私もDVD待ちです。

2010/7/28(水) 午前 10:42 tomomithenet 返信する

顔アイコン

『映画的・絵画的・音楽的』さま
TBありがとうございます。

2010/9/9(木) 午前 6:59 tomomithenet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


みんなの更新記事