tomoppyの『心color♪』

忙しいうえになんだか厄介なことに… んなわけでしばらく放置します!(>.<)

全体表示

[ リスト ]

火曜日の昼間  『湘南音楽療法研究会』の会長さんのお手伝いで
藤沢市内の会場の 介護予防教室に参加。

参加者は 16名。
女性が 多い。
高齢者が 集まる場所に行くと
女性の寿命の方が 長いことを実感する。

音楽療法って言葉を 聞いたことが無い人が 数人いた。
「皆さんは むずかしく考えずに
楽しく 聞いたり 歌ったりしてください。
私たちは 今 流行の
脳のトレーニングに なるようなことを 意識して進めます。
それは どういうことかと言うと 歌詞を覚えたり
回想といって 昔を思い出したり
お仲間作りを することです」
と 先生が 説明する。
お〜 さすが わかりやすい!!
今まで この導入説明に 苦労していたから
この説明は いっただき〜!

まずは “パピプペポ”をベースにした 発声練習。

集まっている方たちは 支援にも 要介護にも 認定されていない
いわゆる 元気なお年寄り。
アタシは ホワイトボードに
皆さんの発言を 書き出す役目だったんだけど
濁点忘れたり カタカナとひらがなが混じったり
ヘンテコリンなこと書いたり・・・
アタシの方が 療法受けた方がいいんじゃない?! って感じだった。

「うみ」は 歌詞を配っていない。
だいたい 1番は 皆スルッと歌えるので
2番を 思い出したり 知らない人は 覚えるのが 狙い。
♪行ってみたいな よその国〜
皆さんは どこに行ってみたいですか?
ハワイ エジプト イタリア 江ノ島・・・
江ノ島?! 近所じゃんって思っても そこは音楽療法
深くは 突っ込まないし 否定しない。
国名や地名を 当てはめて歌ってみる。

唱歌を数曲歌い 休憩。
部屋が乾燥していて ノドが痛い。

休憩後は ミュージックベルを 一人一本持ち
「夏の思い出」 にチャレンジ。
施設などで やるときは その音を持っている人を指し
ベルを振ってもらうんだけど
今日は きっと理解が可能な人たちだから と
先生が ボードに “ミミファ ソーファミ・・・・・・”
と 書いていく。
できるのかなぁ。
実際 やってみると 本当にできた!
すご〜い ちょっと感動して 鳥肌。
これが 元気な高齢者 なのねっ。
対象者によって やり方変える・・・ 
そうか すごいなぁ。

最後は 「四季のうた」 で 歌詞作り。
4人一組になって 5番の歌詞を作る。
与えられた時間は 10分。
本当は もっと時間取る予定だったみたいだけど
音楽療法は 何が起きるかわからない。
何が起きても 否定したりせず それを受け入れて
どう軌道修正するか・・・ が 音楽療法士の腕の見せ所かもねっ。
だから 予定通りになんて いかない方が多いかな。
言葉が思いつかないだの
字余りだの 字足らずだの と言いながら
発表の時間になる。
一組ずつ ピアノの伴奏に合わせ 実際に歌ってみる。
な〜んか 隣のチームをパクったでしょ〜 ってチームがあったり
すごーく美しくまとまっているチームがあったり と
大いに 盛り上がり 終了。

いつもの 施設の中でのセッションとは
かなり雰囲気が違い 皆さんの集中力もすばらしく
反応も早いので とても楽しかった。

これが 元気なお年寄りのテンポって ヤツなのね〜。

『心color』→かーまいん!

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

すっごいことやってんじゃん!最近‘音楽療法’とか‘アートセラピー’とか叫ばれてるけど、人間には誰にもそんな欲求があって、それを充足することで本来の人間性みたいなものを回復できるんだろうね、ところで僕もその音楽療法受けてみたい(笑)

2006/8/26(土) 午後 0:57 アレン 返信する

あれんさん 別にすごいことじゃないですよ〜。アタシの場合は半分遊びに行ってるようなもんですから。受けてみたい?!なかなかシビアな問題なのでオープンにしてもらえる現場って少ないんです。それに一応専攻みたいなものがあってアタシの場合は高齢者。そうじゃないと範囲広すぎて手に負えないので・・・対象ナシでやっている人もいますけどね。

2006/8/27(日) 午前 0:29 tomoppy♪ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事