ここから本文です
うつくしく ていねいに 暮らす
身も心も引き出しの中もうつくしく

書庫全体表示

キッチンスポンジを買いました。




ダイソーにて、みんなだいすきモノトーンスポンジ
イメージ 1
「茶シブ汚れに!清潔まるごと銀抗菌キッチンスポンジ」




よくある3層構造のスポンジが3種類入っています。
イメージ 2
「ブラック×ブラック」「ブラック×グレー」「グレー×グレー」




モノトーンのスポンジは、その存在感(のなさ)が魅力的
イメージ 3
でも、今回惹かれたのは、モノトーンだけではありません




このハード面が、茶しぶをとってくれるというのです。
イメージ 4
半信半疑でしたが、ワラをもつかむ思いでスポンジをつかみました。




わがやでは、カップ類の漂白剤は、塩素系ではなく酵素系を使っています。
イメージ 5
安全な反面、中は漂白されるのですが、口がつく部分の茶しぶまではとれません




ところが、今回のスポンジでこすっただけで魔法のようにとれました。
イメージ 6
塩や水ピカなど、いろいろ駆使した苦労はなんだったのという衝撃
(Before画像は自粛しますが、くっきり口の形の茶しぶがついていました。)




ただし、ハード面(不織布面)は、使える素材が限られています。
イメージ 7
陶器や鍋類以外は、スポンジ面で洗うようにしています。




スポンジの耐久性は、いわゆる「100均だな」って感じでしょうか
イメージ 8
2〜3日でへたってきて、がんばって一週間使える程度




わがやには


がんこな茶しぶが目立ってきたら

またこれを買ってみようと思います。




↓応援クリックよろしくお願いします↓



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事