ここから本文です
うつくしく ていねいに 暮らす
身も心も引き出しの中もうつくしく

書庫全体表示

わがやは(かつて)新築の分譲マンション




賃貸とちがって壁に自由に穴をあけられる…はずですが
イメージ 1
まっさらな壁に穴をあけるのはなかなか勇気がいります。




数年間、無傷でやり過ごしましたが、ある日ついに掛け時計を付けました。
イメージ 2
ピンなので、「ファースト穴」としてハードルの低いちいさな穴




額は、元から付いていたピクチャーレールを利用しています。
イメージ 3
わがやの中で掛け時計と額があるのはリビングだけ




ダイニングには神棚のために穴をあけました。
イメージ 4
市販の壁に付けられる棚ですが、そんなに大げさな穴ではありません




なくてもいいものですが、わがやには不可欠な神棚
イメージ 5
専用の場所を設けられたので満足しています。




どーんとハデにあけたのは寝室の姿見
イメージ 6
電動ドリルで盛大にあけました。




置き型や最小の穴で済む姿見もありますが
イメージ 7
見ためや掃除・安全性を考えるとベタ付けが一番です。




そして、トイレの壁にもひとつ
イメージ 8
扉収納はあるけれど、外付けの棚がないと不便だったので




当時はなやみましたが、今や元から付いていたかのような存在
イメージ 9
トイレは、かくす収納と棚の両方あったほうが便利です。




壁ではないですが「番外編」
イメージ 10
つい先日クローゼットに付けたフックも、一応よく考えてからあけました。




12年間で合計5箇所の穴

いずれも「絶対に必要」ではありませんが

一生のことなら便利な方がいい

「よく考えてからあける」ことだけ忘れずに




↓応援クリックよろしくお願いします↓



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事