全体表示

[ リスト ]

先日ブログにも処分価格としてUPしましたHO KATOキハ58盛岡タイプですが、嫁入前に2両から4両へ増備されました。
イメージ 1
キハ58M、キハ28のところに、キロとキハ58Tが加わりました。
これでさらにフリー感がUP!

イメージ 2
ありえんキロ28です。
似合いますねー、このカラーリング。
想像はしていても、実際に塗って完成するとキロの大窓が白いボディに大変良く合うのです。

イメージ 3
もう間違いなく4両の中にグリーン車が入っていたら、優等急行間違いなし!
ってか、優等急行って何よ。遜色急行への当てつけ?
っつーか、優等っていうなら特別にまで上げてしまえば・・・あ、特急になっちゃった。
さすがにキハ58系を特急まで上げると、フリーランスファンからもお叱りを受けそうですね。

イメージ 4
僕はキハ58系・40系の様々なカラーの中でも、この盛岡色が一番好きです。
この赤い帯の位置と言い、幅と言い、きゅっと全体を引き締めて精悍さを出し、みちのくの緑や雪景色にマッチしていると思うのです。
八戸から久慈に向かう間の海の青さとも合いますし、白いボディが排気で汚れてくると、おでこあたりのスス汚れが逞しさをも伝えます。
以前、僕のホームぺージの表紙をずっと飾っていたのも、この盛岡色を一番塗ったからでして、一時は塗りすぎて飽きたのですが、改めてしみじみとこのカラーのセンスの良さを感じます。

この四両もお客様の元で疾走してくれることと思います。

イメージ 5
グリーン繋がり、ってことではないですが、サロ165のスカ色も完成です。
これは先日発売されたTOMIXの70系の色に合わせたわけではなく、でんしゃくらぶの115系スカ色に合わせて調色しました。
とはいえ、クリームはばっちりなのですが、青はまだちょっと寄せが足りません。青がやや濃いのです。
この青の塗料に白を混ぜるのは本当に勇気が要りまして、この色も元になる塗料の瓶1個に対し、白を1/2滴です。
それでもかき混ぜると見た目にめちゃくちゃ変色してしまう。
でも吹き付けると大して変わっていないという。
これは経験から申しますが、青の顔料と白の顔料というのは、その成分が本当に仲が悪いのでしょう。
白を入れすぎるともう元に戻らなくなるんです。
いつも本当にビビりますね。
今回の調色はこの辺で切り上げます。
(でんしゃくらぶのスカ色はTOMIXのそれよりもやや赤が入っているんですよね)

この色でクモニ83も塗っておりまして、インレタとパンタの入荷待ちとなってます。
もちろんTOMIXのスカ色のほうでもクモニはに塗っております。
お休みまでにクモユニを作る元気があるかな?
そしていつかはクモニ83−800もやりたいですね。
その時は黙ってボナさんのキットを組むでしょう。
それでは。


閉じる コメント(2)

盛岡キロ28✨カックイ〜🎵

赤帯がシャープですね〜😆

サロ165-14も素晴らしい😄

2019/5/17(金) 午後 10:26 [ dc8**414 ] 返信する

> dc8**414さん

かっこいいんですよ、キロ盛岡。笑
あとキハ58系で似合いそうなカラーと言えば、利尻カラーとか。笑
これは56でやりたいところですね。(^^)

2019/5/17(金) 午後 10:56 [ 瀬戸川模型工房 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事