いろいろ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

トレジャータウンのキットの組み立てのご依頼がありまして、しばらく納期をいただいていたのですが、ようやく完成しました。
ちょっと簡単ですけど製作記をしたためます。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
エッチングキットは久しぶりです。
東京に来て初かな。
ダイヤモンドカッターで丁寧に材料を切り出します。
側板の窓につく板を内側に折り曲げ、窓ガラスパーツ(KATOの製品から流用だとか)の厚みに合わせるようになってます。

イメージ 4
ハンダで箱に組み上げます。
妻壁と屋根板の間に隙間ができることは、ネットでリサーチ済み。
箱がいびつにならないように、屋根材のたわみを調整していきますが、空いてしまうものは仕方ないですね。
パテで処理するしかありません。

イメージ 5
黒い瞬間接着剤系のパテを流し込み整形。

イメージ 6
画像が前後しましたが、このキットの一番の難関となったのは、側板と屋根の間に出来る隙間埋めです。
この車両の特徴でもありまして、これをパテで埋めて、平にする方針です。

イメージ 7
さっきも出てきた黒いやつで盛り上げるように埋めます。


ですが、これが失敗の元でした。

ここまで数日もかからなかった工作が、この黒い接着パテを選んだことで数か月の悪戦苦闘を強いられることになったのです。

イメージ 8

埋めて削って、スが出来てるのをまた埋めて。
それをやっていると、上にパテを載せるたびに、今までの下層のパテまで溶けて、スが広がるのです。
さっきの妻壁の隙間なんて一発で埋めれても、この屋根と側板の隙間は埋めれません。

それどころか、今までのパテが溶けて客ドアの上から漏れ出す始末!

イメージ 9
この画像は隙間や空隙がないかをグレーで着色して確認し、やすりを当てなおしたところです。

もう、何回手直ししたか分からないくらいです。

それでもボディが真鍮だったので、やすりに耐えれたのですけど、プラボディだったら完全にアウト。
というか、プラボディだったらこんな数回ものやり直しなんてしなくてもよかったでしょう。

正解は小手先の細いハンダごてを使って、この隙間をある程度はハンダで埋めておき、浅くなった隙間を瞬間接着剤か、エポキシパテで埋めて成型する、という方法でしょう。
とにかく綺麗な面として仕上がるのに2,3か月、何度もやり直ししました。
(こんなに日数がかかったのは、途中でくじけたからというのが真実)

イメージ 10
イメージ 11

やっとメタルの塗装に入り、粒子の密度からクレオスのシルバーを使って、あとはクリアで色合いを調整しようとしましたが、これもまた難儀でした。
クレオスのシルバーは粒子はKATOの製品(画像の上の車両)とそろっていても、明るく(白く)仕上がります。
これに黒を薄く溶かしたクリアを何度も吹き付けても、深みがでないのです。
ドアはガイアのダークステンレスシルバーでばっちり。
でもボディが気に入りません。
では一旦色を落としてやりなおせば?となると、屋根と側板の隙間を最終的にプラパテで埋めたため、色を落とせばパテまで落ちる、という問題に激突。
仕方なく、もう一度ダークステンレスシルバーを全体に塗り、ドアをマスキングして、悩むこと1か月。
ダークステンレスシルバーでは粒子が粗くてボディには向かないです。ですから、これに黒クリアを重ねても全く検討違いなのです。
最後にクレオスのガンクロームを使ってみたら、何とかKATOと質感も色目も合いました。

イメージ 12
左がKATO。右が本作。

このメタリック系の塗装は、吹いてクリアコート、吹いてクリアコート、の繰り返しです。
クリアコートしないと、マスキングの際に塗装が剥がれてしまう恐れがあるからです。
もちろん乾燥に24時間をかけます。
したがって、たった一両なのにまったく作業が進まない。
挙句に帯がインレタ仕様なので、もう神経ピリピリの作業。
インレタが無事に添付できたら、クリアコートを三回もかけて、入念にカバーします。

イメージ 13

上が本作、下がKATO。
これなら編成に組み込んでも違和感はないでしょう。
僕の仕事はここまでですが、これからお客様は窓ガラスを現物合わせて削りながらはめ込んだり、下回りとの合体をしなくてはいけません。
エッチングキットの難しさはこの艤装にありますし、やっている最中にボディに傷が入りそうですね。
ですので分厚いコートをしたわけですが・・・・大丈夫かな。

というわけで電車の事は良くわからない僕ですが、お役に立てれば幸いです。
長いことお待たせいたしました。






開く コメント(0)

連休から一週間ほどたちまして、みなさんボチボチ社会復帰されたと思います。
ネタらしいネタがなかなか完成しませんので、ここ最近に納入した作品を掲載します。

イメージ 1
Nゲージ キハ40−2008 

今までさんざん作った播但線色ですが、さすがに安定した仕上がりです。
このワインレッドの発色は、西日本商事さんが発売した同色キハ47セットを購入して色合わせしたものです。
でもあれから数年が経ってますので同じ塗料でも環境が違ってしまい、若干の色のブレがでているのかもしれません。
手元にキハ47セットがもうとっくにないので比較しようがありませんが。
このレッドもあと瓶に半分くらいしかありません。
HOのトラムウェイ・キハ40−2000が発売されたら一両くらいは塗りたいですけど、西日本更新に改造するのがメンドイなー。(Nであれだけ多くを改造したっていうのに)

イメージ 2
そのトラムウェイキハ40−500(M)です。
これはお客様ご注文分。
こいつももうブレがない仕上がりになりました。やっぱり数をこなせばそうなりますね。
HOにはグレーのナンバーインレタがないので、どこかで発売してくれないかなー。
夏には2000番台がでます。東北とこの男鹿(五能)は地色が一緒。
それに合わせてか、トラムウェイはクリーム一色の塗り替え専用製品を発売してくれます。
このキハ40系統のインレタは今後ニーズがあると思うんですけどね。

イメージ 3
14系ユーロピアを7両一気に塗りました。
正直言って定番の中でも一番精神力を使うのがこのユーロの塗り替えです。
幅の狭い太いを合わせて4本のラインマスキング。
これを水平に貼っていき、客ドアの折り込みまでカバーしますが、このカバーが意外と難しい。
すぐ剥がれます。だいたい一両マスキングするのに3,40分はかかります。
あと、妻面につくダンパー?みたいな別パーツに塗料が載らない。
ミッチャクロンでもすぐに剥がれます。取り扱いに注意が必要となっちゃいます。
こいつの作業が終わるころには目がチカチカになっちゃいますね。
そして脳がどかーっと疲れるのです。
したがって、このユーロをとりかかるのには踏ん切りと根性がいるわけです。


現在作っているのはホビダスキハ40X2(まだやってんのかよ)、東急サハ・エッチングキット(もうすぐ半年になるのにー、塗装が気に入らなくて4回目のやり直し)、クモニ83X2、サロ165スカ色、キハ58盛岡X2、キハ48東海X2とありまして、待機中としてキハ58九州X2などがあります。
そんなんなのに、クモユニが作りたくなったり、クハニとかモハとか作りたくなっちゃたりしているんだから困ったものです。
あーついでに書いちゃうと放置プレイ状態のやりかけが、Nゲージでキハ41X2、キハ40−500初期X2、GM板キット・クモ二83−100、などと書き出せばそのうちその自虐行為に自沈してしまいそうなくらいにあります。

ま、みなさんもそうでしょ?(笑)

商品にもどりますと、ストップ中のクハ87新潟。
クリアパーツにモールドされている枠をマスキングして塗るだけやん。
といっても失敗が怖い。ここで根性を試されるわけです。
この障壁のことを思えば、サハ75−100のほうがナンボか楽な筈!
しかしそっちも下回りとの組み上げアングルへの工夫がまとまらない!
商品の研究開発ってのは、ほんとに大変ですね。

というわけで「〇〇の製作」、なーんていう題名でブログは当分書けそうにないですね。
でも来週5/21〜27は取材を兼ねてお休みをいただきます。
完成をお待ちのお客様、大変申し訳ございません。
狭い練馬のアパートでの引きこもり生活、ちょっとここらで空気の入れ替えをして参ります。
どうぞご容赦くださいませ。w




開く コメント(0)

お休みをいただきまして、というのいつも休みのような、いつも仕事をしているような生活ですので、仕事場から抜け出してみました。
関東に住んだからには私鉄も潰さなきゃ、と昨年から始めて今回が第三回。
今回は多摩丘陵を中心とした路線を潰しました。

イメージ 1
まだ乗ってなかった西武多摩川線。
このましい形ですね、こいつ。
この西部の旧色、これは表現が難しいわ。とくにラズベリー。
なんとも言えない混合色ですね。現物を見たって配合がわからない。
かつてご依頼で塗った覚えがありますけど、ネットにある画像だけでは絶対にこの雰囲気はわからないですね。
そしてこの色もかつての色とはちがうのでしょうから。

イメージ 2

府中競馬場は開催してませんでしたけど、たった一区を乗りつぶし。
帰りは8両編成を僕一人で貸し切りでした。ゴージャスですね。

イメージ 3
京王相模原線を潰して、長津田に回ってこどもの国へ。
もちろんすぐさま帰りましたよ。用事ないし。w

イメージ 4

すぐに町田に戻って小田急へ。新百合ヶ丘から小田急多摩線に。
この画像は唐木田です。
すぐさま多摩センターに戻ってモノレールに乗って多摩動物公園に行き、そこからまた京王。

ちなみに僕の私鉄乗りつぶしの個人ルールとして、
・新交通システム、モノレール、ケーブルカーなどは鉄道として含めない。
・地下鉄も地上区間は含むが、地下区間はどーでもいい。ってか地下鉄は重視しない。
という超ワガママですので、多摩モノレールが途中で乗れてなくてもいいのです。
このルールだと我が地元のリニモは該当しなくなります。
ええ、乗ったことありませんし、乗る予定もございません。w
それでもすでに全国の私鉄の40%を超える完乗率です。

京王はその後高尾山口、京王八王子を寄って、新宿まで特急でワープしまして完乗。
途中で東急世田谷線も乗ろうかと思ったのですけど疲れたのでやめました。
ここは楽しみにしておきます。

イメージ 5
スタートが遅かったので(寝坊した)、三浦半島や相鉄まで乗れませんでしたが、こんなとこでしょう。
普段、電車に乗っているときは「早くいけよ」とせっかちなのですけど、乗り鉄をやっているときは車窓を味わいながらのんびりできます。
都内の車窓はほとんど住宅なんですけど、多摩や高尾のほうは故郷を思い出させますね。
「平成たぬき合戦 ぽんぽこ」で、ラストのほうにタヌキたちが山里を化けて再現しましたね。
そのときおばさんが「よっちゃん!」と叫びながらまぼろしであるかやぶきの農家に走り出したシーンが忘れられません。
今回の車窓にも、探せばそんな里の面影がたまに見えたりします。
田舎者の僕にはいいものですね。

さて、世の中の連休はあと三日になりました。
僕は今日も仕事場で模型をいじったり本を読んだり。
普段と違う時間の流れを楽しむことにします。
連休中の皆様もごゆっくり。
それではまた。

イメージ 6




開く コメント(0)

先日よりのブログにも書きましたが、

第16回 鉄道模型市 に出店します!

って、こんな直前に告知なんですから、もうちょっと何とか早めに大々的に告知したいところですね。
今頃フォントサイズだけ大きくしてもねぇ。
いつもギリギリなんでスミマセン。

出品物を用意するのが大変でして、連日シンナーと眼精疲労でぼーっとしてます。
そんなごみ箱をひっくり返したような状態で、出品物の一部をご紹介です。

イメージ 1

なんだこりゃ?

今まで作ったNゲージ、キハ40系の余剰パーツです。

TOMIXとKATOで合わせて約400両分の余剰です。これは僕が仕入れて販売した分で、お客様からの種車送付での分は含んでおりません。
もうね、アホみたいにありましたので、マトモそうなパーツを袋詰めしてみました。
ほとんどワンコインです。
この他にもKATOのパーツやTOMIXのインレタなどクズみたいな値段で出します。

もちろん、Nゲージの余剰車両も数十両くらい持っていきます。

たった数十両かよ・・・って、もともとそんなに持ってませんので。
ええ、アホみたいな値段です。

HOゲージの余剰車両も持っていきます

状態があまりよろしくなく、改造の種車にしようと思っていたものですが、もう自分の工作をやっている時間がありませんので放出です。
TOMIXの10系寝台の超中古が数量とか、洋物とかですね。

なんせこの鉄道模型市というのは、物々交換や余剰ジャンクの放出が原点だったとかですので、問題ないでしょう。
あ、状態のいいモノもありますからね。多少は。

そしてメインはやはりこちらです。

イメージ 2

トラムウェイ・キハ40の塗り替えの見本展示と塗り替えのご予約の受付です。

実物をご覧になって、ご予約を承ります。

お値段はホームページの価格表にありますが、
イベント出店として消費税サービスさせていただきます。

また当日会場でも 見本品を販売させていただきます!早い者勝ちです!

その際に、見本品は後日こちらから発送させていただきます。(送料無料!)

要するに見本品がイベントで持っていかれちゃうと飾るモノがないんですよ。へへへ

イメージ 3

こんなカラーも完成マジか。いや間近。

ほんとはUPしたくなかったけど(修正前だから)、ネタがないので・・・・・

それと昨年の蒲田でお披露目したキハ58KATO改造のこいつらも大幅値下げ!

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

キハ58−1100の前面のケーブルは現在取り外し中です。
って、取り外してから画像を載せろっての。

ええ、今回のブログはもう忙しくてクチャクチャなのと頭がパニックなので、
フォントサイズを大きくすることでアピール度を増すという原始的な手法になりました。


というわけでイベント前にもう一度完成写真群を載せれてたらうれしいなー。

瀬戸川模型工房 でした。




開く コメント(2)

今年に入って、Nゲージのご依頼が戻りまして、フリーランスも2,3収めさせていただきました。
で、今回は僕には珍しいELの特定化です。
EF64は僕にとってなじみのあるELでして、地元の近くの中央西線、20第の頃に住んだ南武線でも見かけました。
ご依頼は67号機だそうで、広島貨物色だそうです。

イメージ 1

とくに加工として難しいtころはありませんが、屋根上のドームの横のグリルをプラ板でふさぎました。
ポイントは色でしょう。
黄色の扉はモリタのデザートイエロー。
スカイブルーと薄グレーは一から作りました。
屋根上はねずみ一号です。
屋根上機器の塗り分けが好みの出るとことで、今回はこういったご指示のもとに塗りました。

イメージ 2
イメージ 3

ご注文は上回りだけでしたので、撮影用にと、僕の下回り、パンタグラフだけをつけてみました。
ガラスまでは入ってませんので、ちょっと締まりませんね。

ナンバープレートはレボリューション・ファクトリーのものを塗り直し&磨きだしです。
インレタはかなりの種類を使いました。
JRFマークはオークションで落としたもの。
メーカーズプレートは種車がKATOなので、付属されてませんので、くろま屋さんのもの。
その他、エンドマークJR貨物銘板、換算数値、所属などもくろま屋さんです。
インレタ代だけでかなり費用がかかってしまいました。

イメージ 4
イメージ 5

塗装は下のライン(0.8mm)、とラジエターの塗り分けぐらいでしょうか。
塗っていて面白かったです。
この67号機は愛知県にも居たそうで、ちょっと親近感がわきますね。

僕もカマは嫌いじゃないのですが、勉強をし直ししなくてはいけません。
それにかける時間が今はないですね。
でもこうやって特定機のデーターを僕なりにググっていきますと、だんだん興味がわくというものです。
僕もEF64は一両のみ0番台をもっております。
そのうちなんか変わった特定機にしたいものです。
手すりを交換したり、ジャンパー栓やエアホースを交換したりするとカッコよくはなるのですけど、どうも視力に不安が・・・
(今回もインレタの字が読めなくて、お客様に頼んでくろま屋さんに連絡し、何がどの列の何段目か図示してもらいました。とほほ)

さて、本日トラムウェイの第二弾キハ47、48−500が発売されました。
こりゃまた忙しくなりそうです。
見本が完成するのはまだ先ですが、ホームページには近日には塗り替え工賃が分かるようにしておきますね。


開く コメント(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事