ここから本文です
やっと会えたね、お帰りなさい
おかしな形はおかしな形なりに均衡があって、それがみんなにとってしあわせな形ということも、あるんじゃないかなぁ

Melbourne




枯れ葉舞うMelbourneに来ております


イメージ 3



イメージ 2



イメージ 1

開くトラックバック(0)

今が旬の胡瓜
 
 
イメージ 1
 
最近では見かけなくなりましたが、白い粉が付いたような胡瓜。
実から自然に出てくるロウ、ブルームと云うんだそうです。
 これが、 農薬だと思われて消費者から嫌われたため、
ブルームの出ないブルームレスのキュウリが開発されました。
 
現在ではほとんどのキュウリがブルームレスです。
キュウリの美味しさはしっかりとした固い身と薄くて
パリパリした皮のバランスにあるのですが、
実はブルームレスのキュウリは皮が厚く、
身が柔らかいのでおいしくありません。香りも劣ります。
 「昔のキュウリの方がパリパリして美味しかった
と思われる方はこれがこの違いが原因。
 
不幸な時代ですね。
ブルームレスのキュウリは皮が厚い分、店頭で
日もちが良いので販売店からも歓迎され、
 あっという間に市場を制圧してしまったんだとか。
 
イメージ 2
 
 
マヨネーズでバリバリと胡瓜を頂きます・・・・
 
 
 
あ、でも味噌の方が好きかも・・・・。
 

今日の料理・・・

さてさて、今日の料理は何かしらん?
 
 
先ずは食材…ショクザイ・・・・ん?
 
  
 
 
二宮尊徳は夏前にナスを食べたところ
秋茄子の味がしたため冷夏になることを予測した。
 
 
イメージ 2
 
 
二宮の予言どおり冷夏で凶作
天保の大飢饉)となったが、桜町
では餓死者が出なかった・・・・。
  
 
 
イメージ 1
 
 
 
小学校で昔みかけた、薪を背負いながら
本を読んで歩く姿が有名な二宮金次郎
学校教育や、地方自治における国家の
指導に「金次郎」が利用された経緯には、
尊徳の実践した自助的な農政をモデル
とすることで、自主的に国家に献身・
奉公する国民の育成を目的とした
統合政策の展開があった。
この「金次郎」の国家の政策論理に
同調する形で営業活動を行った
石材業者や石工らによって広まった
とされる・・・
・・・・・フムフム・・・・。
 
 
で、
 
今年の茄子のお味は如何・・・・・?
 
 

今日の食材

今日の夕飯は何にしようかしら・・・・。
 
 
 
 
 イメージ 1
 
 
 
 
 
 
久しぶりのヒュウ登場!
すっかりシニア犬の仲間に入りました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事