過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

ガンダムの後、まぁ時間もあることだし、どこかをぷらつく
ことになりました。

上野からふらっと歩いて、アメ横に突入。
年末に向けての賑わいが始まりつつあるアメ横は
活気の塊でした。初めて歩いたわけだけども、こんな雑多な
町があるのか!?と驚くくらいごっちゃごちゃ。
でっかい商店街みたいな感じだけど、店の並びが
古着屋・アクセ屋・靴屋・魚屋・古着屋・靴屋・八百屋・・・
突っ込みどころ満載!!

露店を並べる怪しさ150%のプリペイドカード屋
イチゴ・メロンを串にさして売る八百屋
突然始まるマグロ解体ショー
お菓子の叩き売り
完全にパチモン丸出しのブランドショップ・・・

ここはもう一度ゆっくり時間をかけて見なければなるまい。
僕が手を出しそうな「タラコひと箱1500円!」とかを制してくれる
誰かを付き添いにつけて・・・

庶民の喧騒の町を後にして、今度はセレブでおなじみの
六本木ヒルズへ向かう。なんとなくアン・ルイスを連想してしまう
僕の年齢はそれなりの年齢なのです。
ここはまたおしゃれでした・・・ただ人が多い!どこを覗いても人だらけ。
おまけに旗持ったツアコンが先導するおばちゃんツアーの集団も
現れ、なにがなんだかわからない場所になっている。

飲食街とファッション街は人が溢れていたので、少し空いている
場所へ出てみた。そこにはお金持ちしか通ってはいけない風な場所が・・・
迂闊にも踏み入れてしまったのだった。

どっかで見た看板だなぁと思いつつ近寄ると「ALINA」の文字。
おお!アルピナ!BMWのチューンドメーカーではないの!単独ショップ
なんてはじめてみたぞ! というわけで、じわじわと近寄る。
外に展示してあるのは写真の「Z4」ロードスターS 約1千万円の商品である。
店内には僕がまだ見たこともない青のBMWが3台展示してある。
なんだろうあれは・・・フラフラとガラス越しにへばりついて見る
B6?ん?? 600なんとかやら700なんやら・・・とは書いていないな・・・
あまりに敷居が高いので、遠巻きにフラフラ見ていると、中のおねぇさんが
ドアを開けてにこやかに「どうぞ中をご覧くださいまし」
あかん!そんな客じゃないってば!どう見ても庶民やろうに!
そんな笑顔で見るなぁぁぁ
というわけで、場違い承知で突入敢行。

B6・B7とはBMWの6シリーズ・7シリーズのアルピナチューンのことを
指すようだ。B6ロードスターはZ4が子供に見えるほどの
重量感である。4Lのエンジンでこのボディ・・・なのに1900kg
軽い。相当絞ってある。真っ白な本皮シートに木目のインテリア。
贅ここに極まれり・・・である。
「この車(B6ロードスター)はジュネーブモーターショーに出展したばかりで
1号車なんです。まだラインに乗ってない世界で一台の・・・」
とはおねぇさん
恐れ多くて触れない。そしてお値段のほうは・・・
21000000円・・・・お家が買えるじゃないですか・・・

めまいを覚えてフラフラと外へ・・・あかん、あの中におったら
庶民の体は壊れてしまう。

その後、贅沢な夕食を友人Eにご馳走になり、さらに庶民に拍車をかけた。

東京・・・恐るべし・・・

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

多少強引ではあったけど、夜勤明け直行で上京してみました。
色々なストレスで鬱屈した生活にテコ入れ!

僕は慢性的に金銭が不自由であるゆえ(ご飯に使いすぎか?)
今回も長距離バスを選択。8:30名古屋駅太閤口発で
仕事は7:20に終了。名古屋まで15分の距離ということは
一度家に帰る余裕はない。旅行バック会社持ち込みで備える。

最近しょうもないトラブルが頻発するチームDにとって
珍しく何事も起こらない夜勤が終わった。これも一重に僕の日頃の
行いであろうと思う。最近起こるしょうもないトラブルは
多分僕以外のチームDの誰かの日頃の行ないだと信じている。

引継ぎミーティングもそこそこにロッカーへ向かい、お出かけの服装
にお色直し。スーツでくぐった門を遊び着で出るのはなかなか晴れがましい
気分だ。

7:50に名古屋駅到着。8:10の集合時間にはちと時間があるので
キヨスクでお茶などを補給し、無事バスへ乗車。
夜勤明け・心地よいバスの揺れ・いつもの薬・・・これだけ揃えば
そりゃ電池切れのように眠りこけること必至。
13:30頃、東京駅へ到着。ちなみにこのバス。片道3500円の
超お買い得バスなのである。往復でも7000円。とってもバリュー♪

今回目指す目的地は「上野」えらい地味な感じがするが、なんと
上野の森博物館で「ガンダム展」が開催されているのだ。
というわけで無理やり誘われた可哀相な友人Eを引きつれ
いざ入館!

ガンダムをモチーフにした新鋭アーティストの発表会だった・・・
完全にガンダムだと思っていったので、ガンダムライクな抽象的作品が
中心というか、それが全て・・・。こんなはずでは・・・
ガンダムをちょっと知ってるよぉ〜んくらいの人だと
なんのこっちゃすっとこわからん感じ。気の毒に友人E
なんもわからんかったであろう・・・すまぬ。

とはいいつつも、1/1コアファイター模型。フラガナン機関による
ニュータイプ判別実験など、なりきりアトラクション(?)も
面白く見れた。
僕の目撃した面白場面は

1.ええ年した男が真面目に
「このニュータイプ検査の根拠は?」と係員に問い詰めていたのを目撃。

2.コアファイターの操縦席が「思っていたよりもちっこかった」と
一言言ったばっかりに、その連れに「戦闘機のコックピットについて」
というお題目で長い説明を開始されている男3人組を目撃。

3.ガンダム展記念限定プラモデル(ガンダムシースルーバージョン)
を発送販売の申し込み用紙に 数量5個 と書いている親父を目撃。

4.完全受注生産「1/16コアファイターレプリカ」312900円
専用アクリルケース42000円の販売ブースを発見。

なんだかなぁ・・・という感じでした。

率直な感想
「同じ公園内の国立科学博物館に行けばよかった・・・」

以上!

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事