ここから本文です
ワトスン
ダブロクを手に入れた今日この頃。

書庫全体表示

またもや昔を懐かしむ


 もう何回目かわかりませんが、何度見ても飽きないんですよ・・・
1989年版牧瀬バージョン。





これも今見ても笑えますし・・・






これなんかもう殿堂入りにしてもいいくらいだと思います。


憧れの松本孝美お姉さん。









で、気になったのが1989年の日本のバイクメーカーは何作ってたんだろうということです。



 まずは、ホンダ。

イメージ 1

”NSR250R SP”

言わずもがなの名車ですね。
これたしかエンジン始動がカードキーじゃなかったかと記憶してますが・・・
ミッションがカセット式で入れ替え簡単♪
2ストの可変排気バルブもコイツから。





ヤマハ。

イメージ 2

もちろん、”TZR250”

後方排気。スイングアームがスゴイことになってますね。




 スズキ。

イメージ 3

これしかないでしょう。 ”RGV250γ”
一躍有名になったのがこれでしょう。

イメージ 4

シュワンツカラーのペプシガンマ。





カワサキ。

イメージ 5

 ”KRー1S”

もう、レーサーレプリカ全盛の時代ですが、カワサキはレーサーを持ってませんでした。でもあまりの盛り上がりに、”それっぽいレプリカ” として作ったのがこれ。

普通、レーサーレプリカってのはまずレーサーありきなんですが、当時のカワサキはレースやってなかったのでレーサーが無い。
盛り上がってるからレースやろうってなった時、
「うちらレーサーないじゃん」
「KR1がそれっぽいからあれでいこう」
と作ったのがこれ。

イメージ 6

 ”Ⅹ−09”

ベースはKR1。
レーサーがあってレプリカがあるはずが、”レーサーレプリカ” というバイクをレーサーにしたというアンチレプリカを謳っていたカワサキらしいレーサーです。

こいつのエンジンがまたえげつなくて、Vツインなんですが、”逆Vツイン” というとんでもないエンジンを搭載しています。

イメージ 7

もうどうなってんだか・・・






ともかく、この1989年は各社2ストレーサーレプリカでしたねぇ。
各社カタログ上は45馬力。実際は超えてたでしょう。ガンマなんか、?4馬力近く出てたとか・・・

良くも悪くも皆、前を向いて進んでいました。
だからこそいろんなものが生まれたんでしょう。

お金があるっていいですよね・・・





  • 2スト。私は1ktまででした。車体がカッチリしていてドライな乗り味がステキでした。

    手がかかり過ぎるのでもう
    乗らないだろと思いますが、ステキな時代でしたねー。

    [ good and old 80s ]

    2019/3/15(金) 午後 10:51

  • 顔アイコン

    > good and old 80sさんこんにちは。

    あの、甲高い乾いたエキゾーストノートは最高ですよねぇ。

    数年前にKSR2に乗ってましたが街中でもトップエンドまで回せる楽しいバイクでした。
    いいのがあればまた欲しいですね。

    [ ワトスン ]

    2019/3/16(土) 午後 4:45

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事