ここから本文です
ワトスン
ダブロクを手に入れた今日この頃。

書庫全体表示


 ここ最近特にブロンコの加速力が弱ってきてます。
キャブでごまかそうとしてましたが、実はだいぶ前からタペットからカチカチと耳障りな音がしてました・・・

まあ、目くじら立てるほどの音では無いんですが、キャブでごまかすのも私の力では限界なのでタペット調整します。

因みに購入後初なので約2万キロです。





イメージ 1

イメージ 2






ブロンコのタペットカバーのパッキンはOリングなので再使用は可能ですが、初めて開けるので交換しときます。

イメージ 3

ま、さすがに毎日乗ってるので綺麗です。




イメージ 4

クランクのカバーとフライホイールの窓を開けてクランク(17mm)を反時計回りに回しながら圧縮上死点を出します。排気の上死点ではロッカーアームが排気バルブを押してる状態ですので排気側のアームは動きません。
両バルブがチキチキと動く所が圧縮上死点です。





イメージ 5

言うほど狂ってはいませんでしたが、10mmのナットを緩めて、スクエアボルトで調整します。

この調整ですが、人によって好みがあります。
SOHCなのでオーバーラップを変えることはできませんが、それでも体感はできます。

今回は少し早めに開き始めるようにしてみました。

んー・・・ちょっとやりすぎたか・・・
アイドルが少しだけ上下します。加速は良くなりました。
しばらく様子見です。




イメージ 6





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事