ここから本文です
湘南でカスタムナイフを制作しています

書庫制作中

すべて表示

前回から10日程、ヒルトを取り付け

イメージ 1

ロウ付けとピンのカシメ

イメージ 2

そしてハンドル。
スタッグ、マンモス、カーボンは決まっていたが、その他の3本を何にしようか迷っていたがようやく決まって、左上から定番のグリーンキャンバス、ダイドスタビのシカモア、そしてこれもスタビダイドの材となりました。

イメージ 3

それぞれのハンドル材を取り付け用に加工、接着開始。

イメージ 4

接着硬化したらボルトの穴あけ

イメージ 5

スタッグとマンモスを除く4本は接着後のボルトの穴開けまで終了、この後外形を罫書き、研削とパイプの穴開けにと進みます、スタッグとマンモスはダミーのハンドルを仮付けしてヒルトの高さまでスペーサーを削ってからハンドル材を取り付けるつもり、マンモスはその厚みの関係からラップドタングで進めることとします。

イメージ 6


ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事