ここから本文です
トナミコの釣り日記
新・旧問わず印象に残っている釣りを日記にして投稿していきます。
最近ハマッている海のフライフィッシング。
 
今回も近所の波止へ。
 
メインはアカカマスですが、
 
ターゲットがいろいろいるので
 
狙ってみたくなります。
 
まずはアカカマス。
 
なんだかんだ言っても
 
産卵期のこの釣りは理屈抜きで面白い!
 
安定の釣り♪
イメージ 5
前日、急いで巻いた、手抜きフライはご愛嬌 。
 
40センチを超える良型もでました。
 
連発したところで次のターゲット。
 
堤防先端の角に見えている「ヒラスズキ」
 
これをサイトで狙います。
 
前回の釣りで、
 
ヒットパターンは掌握しているつもりなので
 
ほぼ確信の釣り。
 
ヒット直後の走りは、小型の青物を彷彿させましたが、
 
足元でのエラ洗い!魚体が躍り出ました!
 
やはり、ヒラスズキです♪
 
跳ねて跳ねて跳ねまくる
 
いかにもアフターっぽい魚。
 
#6タックルでは、まあまあスリリングなやりとりでしたが、
 
時間をかけて無事ランディング。
 
70センチ弱の完璧な魚体!
イメージ 1
イメージ 2
近場でこのクラスが出れば上出来。
 
I氏のタモ入れに感謝!ありがとうございました。
 
次は・・・
 
先ほど堤防際の水面直下に
 
色の濃いアオリイカを発見!
 
そこでこれを狙ってみます。
 
エギング自体久しぶりでしたが、
 
「昔とった杵柄」でしょうか・・・
 
何とか形になっているようです。
 
そして、ラインのテンションが抜けるアタリに
 
体が勝手に反応してアワセを入れていました。
 
良型ではありませんが・・・
イメージ 3
400gほどのメス。
 
嬉しいお土産♪
 
最後はアジング。
 
前回と違い・・・、
 
カマス&フグの猛攻にあい、ワームの消耗が著しい状況。
 
そしてアジが釣れても、型が小型化しており、面白みに欠け、
 
特筆すべき釣果は出ずでした。
 
ただ、想定外だったのは・・・
 
50㎝クラスのヒラスズキの外道的ヒット!
イメージ 4
 
渓流タックルでは限界を超えるやりとり。
 
時間が掛かりましたが無事キャッチ!
 
嬉しい外道♪
 
本日の釣果。
イメージ 6
イメージ 7
アジは最大で25センチ、20センチ級が主体でした。
 
楽しませていただきました。
 
魚達に感謝!ありがとう。
 
 

この記事に

癒し系の釣り・堤防釣り。
 
僕の釣りの原点。
 
気負わず、特定の釣りスタイルにこだわらず、
 
様々な釣りを気軽に楽しめるのが強味。
 
今回もメインはいつもの海のフライフィッシング。
 
カマス用の6番タックルに加えて、
 
10番の青物・大物を意識した高番手を用意!
 
更にアジング用の渓流タックルも・・・。
 
「来る者は拒まず」の精神で
 
狙えるものは全て狙おうという魂胆。
 
(朝寝坊せずエサの確保が出来ていれば石鯛も狙っていたかも知れません。)
 
本日の釣りは一言で言うと「魚たちが協力的」
 
する釣りする釣りがそれなりにうまく行きます。
 
朝はまずはカマス狙い。
 
いつも通りにお約束的に、サクッと釣れて頂きました。
イメージ 4
 
ウォーミングアップが完了したところで次はヒラスズキ狙い。
 
実は前回同行したM氏から目撃情報を頂いておりました。
 
スズキ相手に10番タックルはやりすぎなので
 
6番タックルで挑戦。
 
「マドラーミノー」を結んでリトリーブしてみると
 
いきなりのチェイス!
 
しかしその後は沈黙。
 
カマス狙いに戻りながら、二刀流で合間合間にキャストしていると、
 
カウントしすぎたシンキングラインが
 
根掛かりの感触!最悪です。
 
「やはりどちらかに集中せねば」と二刀流を戒めながら
 
ラインを引っ張ってみると・・・なんと動きます!魚です。
 
カマスとの重量感の差!勘違いのようでした。
 
そして、ラインは横に走り、突然のエラ洗い!ヒラスズキです♪
 
あまり跳ねさせるとバラシそうだったので弱気&慎重にやりとり。
 
根に行かない魚との王道のやりとりの方法。
 
I氏のタモ入れで無事ランディング!ありがとうございました。
 
60センチ弱の綺麗な魚体。
イメージ 5
イメージ 6
タックルは久しぶりの登場「ufmスティーリーボロン・STS−906」
 
活躍していただきました。
 
その後は潮止まりを迎え静かな海へ・・・。
 
カマス達も沈黙です。
 
状況が動いたのは午前10時過ぎ。
 
I氏のカゴ遠投釣りで20〜25㎝クラスのアジが連発!
 
僕も横にお邪魔してアジング!
 
すると明快な吸い込みバイト!
 
合わせると心地よい強引♪
 
25㎝ほどのアジが釣れました。
イメージ 7
 
ちなみにロッドはお気に入りの
 
ufm・トラウトスティンガー ボロン TSS−60。
 
このクラスでもバットから入るので
 
超ー楽しい♪
 
その後も連発!
イメージ 9
エンドレスで釣れ続けました。
 
デイゲームでこれだけ楽しいアジングが出来る幸せ♪最高!
 
時折尺を超えるサイズが混じる展開。
 
これは今回の最大31センチ!
イメージ 8
渓流用のタックルではギリギリの攻防でした。
 
ここまででも十分楽しませていただきましたが、
 
実は最後にドラマが待っていたのです!
 
アジングがお腹一杯になったところで
 
数年前からチャレンジしている
 
ロックフィッシュへのフライタックルでのアプローチ。
 
ここで強烈なアタリ!
 
無敵と信じてやまない10番タックルでも全然止まりません!
 
フライライン全てを引き出され、
 
なすすべなしで、根に張り付かれる始末。
 
惨敗感漂う中、しばらく待ってみましたが、
 
進展はありません。
 
船から引っ張ることも考えましたが、
 
仕掛けを切るつもりで、
 
一か八か引っ張ってみることに・・・。
 
すると、「ズズッ」とラインをこする感触とともに、
 
少し動きました。
 
ここで一気に勝負をかけます!
 
竿を折るつもりで強引にあおると
 
動き出しました!一気に畳み掛けます。
 
そして足元まで寄せると・・・茶褐色の魚体!
 
70センチ近いアラ系の魚のようです。
 
ここでI氏のタモ入れが一発で決まりました。
 
ありがとうございました!
 
タモの中をのぞくと・・・
 
どうやらチャイロマルハタのようです。
イメージ 1
4キロ近い魚体!
イメージ 2
 
釣りは筋書きのないドラマ!
 
本当にラッキーでした♪
 
本日の釣果。
イメージ 3
 
カマスはそれなりでしたが、アジは60匹を超える爆釣でした。
 
楽しませていただきました。
 
魚達に感謝!ありがとう。
 
 
 
 

この記事に

癒し系の釣り・フライフィッシング。
 
第二弾は渓流のニジマス狙い。
 
朝寝坊して昼前にゆっくりとスタート。
 
当日は最高気温31℃の夏みたいな猛暑日でしたが、
 
避暑としては最高!
 
清らかな冷たい水の中で
 
遊べる幸せ♪
イメージ 7
お約束的に釣れてくれる
 
無垢のニジマス達。
 
虹色鮮やかな個体。
イメージ 2
イメージ 5
 
赤い帯が印象的な個体。
イメージ 3
 
黒点の多い個体。
イメージ 4
 
特に特徴のない個体も・・・
イメージ 6
 
それぞれに個性があり
 
とても綺麗!
 
出会いに感謝して丁寧にリリース。
 
ちなみに竿は
 
バンブー(竹素材)ロッド。
イメージ 1
 
「急がない、騒がない」
 
この歳になってようやくわかる 
 
独特の釣趣。
 
あまりの心地よさに
 
釣りに没頭!
 
気がつくともう夕方。
 
楽しませていただきました。
 
魚達に感謝!ありがとう。
 
 
 

この記事に

癒し系の釣り・フライフィッシング。
 
マンパワー(人力)で効率を求めないのんびりモードの釣り。
 
今回は仕事前の数時間の釣り。
 
僕の中の春の風物詩。
 
ノッコミ期となる
 
アカカマスのフライフィッシング。
 
もう始まっているはずと
 
近所の波止へ。
 
現地に着いて驚きました!
 
ありえない量のカマスのウロコ。
 
堤防に積もっているほど。
 
でも釣り人は誰もいません。
 
同行のS氏と一時間ほど
 
竿を出してみましたが、無反応。
 
実は終わっていたのでした。
 
ここで作戦会議。
 
逃げるが勝ちということで
 
ポイント変更してみることに・・・
 
さて、仕切りなおし。
 
実績のある堤防内側を
 
カウント40でリトリーブを探りながら攻めてみると
 
4投目に待望のアタリ!
 
40センチ近い良型のアカカマス。
イメージ 3
イメージ 4
ちなみに・・・
 
タックルは6番指定。ラインはシンキング・タイプ4のシューティングシステム。
 
フライはストリーマー♯4。
 
その後は連チャン!
 
S氏との競演。
 
ワンキャスト・ワンヒットの
 
爆釣を演じるのでした。
 
そして、
 
仕事の関係で
 
後ろ髪を引かれながら
 
午後11時前に終了。
 
本日の釣果。
イメージ 1
イメージ 2
 
約3時間の釣り。
 
ほんのひとときでしたが、
 
楽しませていただきました。
 
魚達に感謝!ありがとう。
 
 
 

この記事に

昨日、釣果のあったポイントへ。
 
柳の下の二匹目のドジョウならぬ石鯛を狙いに・・・。
 
久しぶりの休日ですが、なんと雨天。
 
「午後から雷を伴い豪雨」との予報だったので
 
午前中の短期決戦。
 
メインは「朝の満潮潮止まり狙い」なので
 
潮的にも良い作戦。
 
今回の同行はN氏。
 
並んで竿を出しました。
 
昨日よりもウネリが大きいので、
 
低い釣座からの竿出しは危険との判断で
 
今回は置き竿でのチャレンジ。
 
釣り開始からしばらくは、
 
ウネリの影響で竿先が右に左にふらつき
 
釣りになっていない状況が続きましたが、
 
潮が追っ付けてきて、
 
仕掛けの預かり方が良くなった午前7時過ぎ
 
突然チャンスが訪れました。
 
明快な押さえ込むアタリの後、
 
気持ちよく竿が舞い込みました。
 
引きはまあまあ。
 
浮かせてみると銀ワサ♪
 
ボッテリとした豊満な
イメージ 1
イメージ 2
3キロクラスの魚体。
 
その後は例によって潮が離れ、
 
短い時合は終了。
 
今回はデジカメが壊れたので現場写真がありません。
 
画像は後に携帯でとったもの。
 
魚に感謝!ありがとう。
 
 
 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事