砺波野.jp ブログ

http://tonamino.jp の運営ブログです。

全体表示

[ リスト ]

世界で一番といわれるパリの都市計画は、いくつかの広場を焦点に、放射線状の道路網が町をまっすぐに走っている、という基本的な構造です。
特に凱旋門では、ロータリーの周囲、12方向へ道路が伸びていて、その上に上った人は、「ここが世界の中心」という思いを自然に持つと言います。

これに対して、中国の北京や西安、それをまねた奈良や京都などには、東西南北に碁盤の目のような道路を走らせる都市計画がありましたが、これは最初から人為的に都市を作る場合に有効な方法なので、市場町や城下町など自然な立地や地形の影響を受けて成立した都市では、効果がさほど期待できないと思われます。

だからでしょうか。ほとんどの場合、日本の都市計画には、全体としての理想像がないように思います。
総合計画といいながら、単なる道路拡幅やバイパス作り、区画整理の集合体に過ぎないのではないでしょうか。

砺波市の都市計画にも、
 1.市役所・駅・総合病院・ショッピングセンターなど、主要な建物が直線で結ばれていない
 2.仮に駅が中心として、その駅前から伸びる各道路に、合理的な役割がない
 3.道幅の大きな主要な道路が、大きくカーブを描いて方向を変えている
といった欠点があるように思います。

そもそも、砺波市中心市街地(出町)は、周囲の農村にとっての利便性が高いという理由で発展した町です。また、高速道路のインターチェンジも町の発展に大きな役割を果たしました。目的地にスムーズに到達する道路網は重要な課題ではないでしょうか。

そこで、以下3点を提案したいと思います。

1.パリ・凱旋門広場を例に、放射状にのびる12方向への主要街道の維持・整備
2.それらを結ぶ環状線の整備
3.管理・指定とは別の、わかりやすい道路の愛称づくり

1.の、12方向の主要街道は、ほとんどができていると言えるでしょう。
北を時計の12時方向とすると、
1時方向・・・高岡へむかう国道156号線
2時方向・・・柳瀬地区・権正寺橋へむかう道
3時方向・・・婦中・富山へむかう国道356号線
4時方向・・・中野地区・雄神橋へむかう主要地方道
5時方向・・・井波庄川へむかう国道156号線
6時方向・・・(これのみ未整備。苗加苑にむかう道が候補か)
7時方向・・・福野・福光方面へ向かう主要地方道
8時方向・・・小矢部市津沢地区・金沢へむかう国道356号線
9時方向・・・小矢部市水島地区へ向かう県道
10時方向・・・小矢部市石動地区へ向かう主要地方道
11時方向・・・高岡市福岡地区へ向かう
12時方向・・・高岡市立野地区へ向かう道

あとは、これらの整備の方向を明快にし、広い環状線を整備し、名前をつければ、たいへんわかりやすい道路計画・都市計画になると思うのです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事