全体表示

[ リスト ]

弾数だけは多いの

  
徐々に今年度のクラブ馬が始まり、セレクトセール終了とともに我らがキャロットクラブの募集予定馬発表もありましたね。
 
昨年はマルティン、ラフェクレール、ティフィンの初仔たちが揃って募集されちゃったもんだから、ユニオンも含めて1年で5頭も出資することになっちゃって大変でしたが、今年はマルティン仔(ネオユニ)は流産、ラフェ仔(クロフネ)はセレクトで売られ、ティフィン仔(キンシャサ)は募集されずで、愛馬の仔が1頭もいません。
 
なので純粋に走りそうな馬を狙える!って思ったら…。
 
おや、ジンジャーパンチの13はディープ産駒だったんですね。 わたくし、初年度産駒のジンジャーミストに出資してみごとに未勝利でした。。
同時期に繁殖入りした名牝アゼリの14はリーチ氏に2.5億で売れちゃったし、ジンジャーパンチもそろそろ産駒勝ち上がりくらいはしないと。 最高のダンナを迎えて勝負ですね。
 
今年の大ブレークは間違いなくハーツクライ産駒でしょうけど、1頭しかいないんじゃ人気必至じゃないですか。
しかもかつて出資したティフィンの弟となるササファイヤーの13のみとは…。
うーむ、なんだか難しいドラフトになりそうだ。。
 
 
 
                           
 
 
 
ほんで、今年の新馬たちも徐々に始動し始めています。
 
最初に入厩したのはティフィンの仔ルフナなんですが…。
 
 
7/3  庄野厩舎
2日はゲート練習中心の調教を行いました。3日はゲート縛りを行いました。
「ここまで駐立がかなり不安定だったので、ゲート練習も他の馬が少ない馬場内ゲートで行っていたのですが、もうひとつ進歩が見られないため、今日はゲート縛りを行いました。最初はスッと寄ったのですが、中に入ったとたんに前脚を折り曲げて寝ようとして、それを起こすと今度は後ろにモタれて仰向けになってしまいます。自分で頭絡などの馬装を抜こうと後ずさりするし、2回目からはまったく入らなくなってしまったりと、縛りの効果を得るのは難しい状況です。まだ心身の若い2歳馬で、環境の変化にパニックになっている可能性もありますが、いずれにせよこのまま進めていくのはマイナスが大きそうです。もう少し様子は見てみますが、一度放牧に出して頭の中をリセットしてあげることも考えています」(庄野師)
 
 
私も色々な馬に出資してきましたけど、これほどゲートでお行儀が悪い仔は初めてですね〜。
 
結局放牧に出されてしまいました。
でも、嫌いじゃないよ、こういうお転婆娘はw エスクルシーヴァを超える超個性派を目指しちゃいましょう(笑)
 
 
で、入れ替わりで入厩したのは期待の牡馬ムーンセイル
 
 
7/9  牧厩舎
9日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「空港で順調に調整を進められていましたから、7月の夏の時期ですがいったん入厩させていただき、デビューへ向けた第一歩を踏み出していくことにしました。繋もそうですが、見た印象としてはまだ全体的に緩い印象がある馬なので、先々良くなってくる馬でしょう。それなので、一気にネジを巻いていくのではなく先を見据えながら育てていければと思っています。体調面の不安はなかったのでさっそく動かし出し、今週からゲートにも行き出してますよ。今日は古馬に先導してもらってゲートへ行き、練習は1頭で行っていますが、一連の流れを慣れさせて問題なく対応してくれています。反応自体はまだまだですが、順調と言えると思いますよ。まずはゲートまでということになるかもしれませんが、合格を目指して進めていきます」(牧師)
 
 
コメントどおり「ゲート試験までっすよ」ってことらしいですね。 まあここまで順調ですし、じっくり育ててもらいましょう。
 
ところで、コメント最後の(牧師)を「ぼくし」と読んだのは敬虔なクリスチャンの僕だけでしょうか?
 
えーと、すみません。なんでもないです。
 
 
 
 
しかししかし、今年はなんつったって数だけは多い我が厩舎ですから、次の入厩者がすぐ出てきてくれました。
 
マルティンスタークの仔グリューヴァインです。
 
6日に札幌競馬場に入厩したと思ったら11日にスススイ〜とゲート試験に合格!
 
 
7/16 札幌競馬場
16日は札幌ダートコースで追い切りました。
「先週のゲート試験合格後も特に反動は出ず、順調に調整できています。入厩してすぐにゲートをパスしてくれたので、ここからは焦らず時間をかけて仕上げていこうと考え、目標を札幌3週目の芝1800m戦に置いて、ジョッキーは吉田隼人騎手を確保しました。今朝はダートコースで併せて馬なり程度の追い切りを行いましたが、手元の時計で6ハロン87秒台、ラストは12秒7といいペースで滑り出すことができました。ここから少しずつピッチを上げていきたいですね」(牧田師)
8月9日の札幌競馬(2歳新馬・芝1800m)吉田隼騎手で出走を予定しています。
 
 
あっという間にデビュー話まで出ちゃいました。
ゲート試験も受かっちゃったのでマイルールにより新規書庫も開設です。記事の更新をするかどうかは置いといて…爆
 
かつて若かりし頃にお母さんにも乗って1勝を挙げたことのある吉田隼人騎手だそうです。 まあ、騎手は特に可もなく不可もなくってとこなんですけど、デビュー戦のチョイスにちょいとびっくりですね。
 
なんですか? なんかツアーのときに「ダート!」ってズバッと解説されたんですけど…。。
 
しかも翌10日に牝馬限定の芝1500mが組まれているのに、牡馬混合の1800mの方なんですね。
 
まあこの時期はまだ中距離を狙った大物も少ないでしょうし、2歳馬としてはだいぶ落ち着いている仔のようなので、ゆったりした距離を選んだのかもしれませんね。
アーデントもデビュー戦で出し抜けを食らった牝馬に負けちゃったもんね〜。
 
お稽古のタイムもダートでこれなら十分合格点をあげられるんではないでしょうか。 やっぱりダート馬なんじゃね?って疑問も再燃しちゃいますけど。。。
 
 
イメージ 1
 
 
1頭の出資馬のデビュー戦として、もちろん楽しみにしていますが、それよりもあの愛してやまないマルティンの娘がデビューするってことに深い感慨を覚えます。
 
毛色やら馬体重やら、ちょっとお母さんとは違う雰囲気ですけど、どんな走りをしてくれるのかな。
お母さんのように一生懸命走ってくれるといいんだけどな。。
 
  
 
 
   
 
 

閉じる コメント(4)

ことしは、ブレイク産駒もキューもいないので、去年取り損ねたマイティースルーに行こうかと、あとは新しい牝系を探しに東サラに二年ぶりに出資しようかと。

2014/7/17(木) 午後 9:55 ターコイズ・ブルー

キャロット募集がやってきましたね。
今年は僕の愛馬っ子2頭がラインナップしました。
昨年はフェルミオンっ子を厩舎で断念しただけに今年は期待したいです。
今年は車にリフォームと金欠ぎみなので、愛馬っ子2頭に出資しちゃえばお腹いっぱいかも?
8月10日札幌牝馬限定の芝1500mは我が出資馬のベルディーヴァが出走と巷では言われているようです。
ルフナちゃんはゲート大変ですね
僕のとこのマルケサスは連続4回もゲート試験を落ちましたが、今はちゃんとスタートを決めてくれていますよ

2014/7/19(土) 午後 11:03 dresswave

顔アイコン

ターコイズさん<
お久しぶりです。
クロフネの肌にゴールドアリュールですか!ダート色が強そうですが、社台系の豪華な組み合わせですよね!!

2014/7/21(月) 午後 3:18 ぎんだら

顔アイコン

はなさん<
こんにちは♪
フェルミオンさんはベーカバド産駒ですか〜。これまた微妙なところをつけましたね〜(^^;
ルミナスさんはハービンジャー牡馬か〜、これはなかなか期待できそうな配合ですね!

はなさんの2歳馬もそろそろデビューですか。今度はガチらないようにお願いしたいですねw

2014/7/21(月) 午後 3:26 ぎんだら


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事