全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全244ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

五月病継続中

イメージ 1


この時点では、餡が邪魔して焼きそばかどうかわかんないよね。
でも食べかけは焼きそばの美しさが損なわれるし…(´・ω・`)


そういうわけで、ブログのリニューアル(かなり雑に)しました。


更新するかどうかは別として。。



年甲斐もなく絵文字を使ったのは実験だからです。

浮わついているとか思わないで

汗が目に入っただけさ

  
来週の月曜日はNFLのスーパーボウルなんだよね。
私の応援するブロンコスもセインツも出られませんが、前年覇者シーホークスvs毎年本命ペイトリオッツの対戦はとてもエキサイティングです。
なんとか会社を抜け出してリアルタイムで観たいのですが…。

ところで、フットボールとかサッカーボールのボール(ball)は、横棒のボールですよね。
ボウルっていうと、普通は料理とかで餃子のタネやハンバーグをこねこねするときに使うアレですよね。

ウィキってみると、やっぱりballではなくてbowlと綴るんですね。 スタジアムがボウルのような形状をしていることからボウルゲームという言葉が生まれ、そこからスーパーボウル(super bowl)と命名されたようですね。

NFL豆知識だね。 興味ない人には何の役にも立たないけど…。



                            



というわけで、1月25日京都1R未勝利戦ダート1200mでグリューヴァインがみごと初勝利を挙げました〜!

当日のダートは重発表で、脚抜きの良い馬場だったことも味方してくれたのかもしれませんね。 ただ、牡馬もいる中での勝利は価値があると思います。

パドックの様子もとても良かったですし(少し気合が乗りすぎているようにも見えましたけど)、抜けた1番人気馬が他にいましたけど、私はレース前から勝てそうな気がしていました。 ほんとですって。

1枠1番でダート短距離ですから、スタートで後手を踏むことだけが心配でしたが、ポンと出て楽に番手につけることが出来ました。 4コーナーを回って1番人気馬が外から競ってきましたが楽に突き放して後続の追い上げも振り切って2着馬に1馬身半くらいの差をつけてゴール。 完勝やねっ!

前々日に誕生日だったので素敵なプレゼントになりました。



1/25  牧田厩舎
25日の京都競馬では五分のスタートから無理せず好位を追走。直線半ばで抜け出すと危なげなく優勝。
「前走は1400mでも追走に手間取りましたが、今日は楽についていけました。まだ力がつききっていないので、脚抜きのいい馬場、直線平坦な京都コースも合いましたし、内枠も良かったと思いますが、何よりも一度使って馬が変わっていましたね。レース後も息遣いなど楽そうでした。このレースぶりなら上のクラスでも楽しみです。今日はありがとうございました」(藤岡佑騎手)
久々を叩いた効果は抜群で、前走とはスタートから行きっぷりが違いました。現状まだ力がつききっていない中でもこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、今後が楽しみでなりません。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


おやおや? 今年初勝利をプレゼントしたってーのに牧田調教師からのコメントがありませんな〜。 もうちょっと感謝してくれてもいいんじゃないの?


イメージ 1


グリチャでレース確定後に配当とかと一緒に血統も読み上げてくれたときに、母 マルティンスタークって聞こえてきたら急にブワッと込み上げてきてしまいました。 前日飲み過ぎて吐き気が…、じゃないですよ。 美しい感激の涙が、ですってば。

かつての愛馬マルティンスタークには深い思い入れがありましたので、その子供がまたこうして競馬場で走ってくれてしかも勝ってくれるなんて。 嬉しいだろうなとは思っていましたけど、これほどとはね。 ちょっと自分でもびっくりしましたよ。

目を赤くしてたもんだから、ウチのばーちゃんに心配されちゃいましたよ。 「なんでもねーよ、目に汗が入っただけだいっ!」なんて青春っぽく強がったりして。。  



さて、勝ち上がることができたので、今後の方針も気になるところです。

初戦は芝を使ったくらいですし、そのときもそれほど悪い競馬ではありませんでしたので、クラシックを目指して再度芝を試してみてほしいと思うんですけどね〜。

ちょっとテンションが高い仔でもありますので、このまま在厩でいるよりは一旦放牧を挟んだ方がよさそうですけど。


放牧中のルフナムーンセイル、入厩したばかりでゲート試験も受かっていないアルフヘイムだって後に続いてもらわないと困りますぜ。

ユニオン勢は早々とバロネットが引退してしまったし、アヴェントゥリーナもさっぱり可能性が感じられない辛い状態なんで、せめてキャロ勢にはがんばってもらわねば。
 
 
 
調教師さんからのコメントが更新されたので、追記しときましょ。
 
 
1/28 牧田厩舎
28日は軽めの調整を行いました。
「先週はありがとうございました。一度使って馬は良くなっていましたし、直前の追い切り内容からもここはなんとか勝ちたいと思っていたので、とにかくホッとしました。レース後も今のところ特に疲れた様子は見せていません。ここ2戦はダートを使っていますが、芝1800mでデビューさせたぐらいで、芝がダメとは思っていません。佑介も軽い芝はいいと思うと話していましたし、札幌ではソエもありましたから、ここでもう一度芝を試してみるのもいいのではないでしょうか。番組を見ると京都の最後に牝馬限定の芝1400mというちょうどいいレースがあるので、そこを視野に入れて調整していきます」(牧田師)
2月22日の京都競馬(3歳500万下・牝馬限定・芝1400m)を視野に入れています。
 
 
おー、続戦ですか。
 
さらに、ほとんど希望通りの想定をされているし。。
 
ただ、次走もし勝っちゃったとしたらトライアルまで行っちゃうつもりかしら? そうなると休み無しになっちゃうよねぇ。 あまり無理はしないでもらいたいけどね。。
 
 
   
 
 
 
    

新年初ぽち

  
あけましておめでとうございます。
もう10日以上経っているのに…。
 
先週から風邪をひいていまして、インフルエンザじゃないんですけどちっとも治りません。 せっかくの連休もうだうだ寝ながらテレビ見てるだけ。 つまんねーの。。 
ちょっとだけ期待していたルフナも負けちゃうしあまり良い新年ではありません。
 
まあそんなんですけど、昨年末にアーデントが勝利してくれてちょっとしたあぶく銭も入ることになりましたので、ここへきてようやく1頭出資することにしました。
 
キャロのHPで残り100口ちょっとの残口アナウンスが出たのですぐに申し込んだんですが、翌日には満口発表。
出資できたかどうか不安でしたが確認書が送られてきたのでどうやら大丈夫だったみたい。
 
 
 
出資理由は簡単なもので、愛犬タキオンが昨年夏に死んでしまったのでアグネスタキオンの血統に出資したくなったってだけなのね。 
実際なんの関係もないんですけど、タキオンの血統って全く縁がなかったのでいい機会かなとw
 
で、Aタキオンもすでに亡くなってしまっているので、今のところは母父タキオンを探すしかないわけです(そのうちディープスカイの仔とかに出資する機会があるかもしれませんが)。
となると今回のキャロ募集馬の中には3頭いまして、そのうち関西馬は既に満口、残るは関西馬2頭のみだったわけです。
 
というわけで、募集番号29番のメガクライト13(父クロフネ)と、33番フェルミオン13(父ベーカバド)について様子見していたんですが、フェルミオン13のお兄ちゃんストレンジクォーク君が3戦目でみごとな勝ち方をしたもんですから、そこから一気に売れた感じですね。
私はどちらかというとメガクライト13の方に傾いていたんですけど(芦毛だしw)、お兄ちゃんのレースを見て衝撃受けちゃいました。
 
さて、フェルミオン13に出資するにあたって、一番気になったのは父のベーカバドって誰?ってことでした。
 
ウィキってみると仏GⅠのパリ大賞典とか勝ってる優秀なお馬さんなのね。 まあ、種牡馬になれるくらいなんだからあたりまえでしょうけど。。
 
父はあの Sea The Stars と同じ Cape Cross 。 なんかおされ〜♪
全体的な血統としてはスピードとスタミナがバランスよく配合されているイメージですよね。 はい、あくまでもイメージですw
 
はっきりいってよくわからんのですが、価格もお手軽ですし楽しめればいいかな〜。
 
 
イメージ 1
 
 
黒鹿毛っていうのも素敵ねっ。
 
 
33.フェルミオンの13
牡 黒鹿毛 '13/5/3生
父:*ベーカバド×母:フェルミオン (BMS:アグネスタキオン)
関東 中川公成 厩舎 生産:ノーザンファーム
総口数:400口 募集総額:1,400万円 1口出資額:35,000円
 
 
9/1 NFイヤリング
馬体重:425kg 
体高:155.0cm 
胸囲:174.5cm 
管囲:20.7cm 
 
 
12/26  NF空港 馬体重:470kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。順を追ってハロンペースを高めていますが、堪える面もなく順調に進めることができています。精神的にもリラックスして走れていますし、乗り込むことで馬体も引き締まってきていますので、今後も肉体面の強化を図っていければと思います。
 
     
馬体もグングン成長中なようで。。
 
 
 
  
 
 

年末在庫一掃セール

新規調教師免許試験の合格者が発表されまして、騎手出身としてはツインターボの中舘さんとナリタトップロードの渡辺さんが合格してましたね。
 
中舘さんは私と同年代なので、嬉しくもあり少し寂しくもあります。
 
たくさんローカルを回らせていただきました。その時に、ここを勝たなければこの世界からいなくなる馬をたくさんたくさん見てきました。そのギリギリのところで勝たせなければいけませんので、いろいろなことをやってきましたが、それをしっかりできる、勝たせることができる調教師になるのが目標でもあります。
 
こんなコメントが彼らしいっすね。 良い調教師さんになってね。
 
さて、調教師さんといえば、私が出資している2歳馬たちの調教師さんは全員今回がはじめましての先生ばかりです。 というか、もしかしたら私って同じ調教師さんに出資したことってないかもしれない。。(ユニオンの当歳馬で手塚先生が二度目となりそうですが)
 
まあ、調教師さんにもいろいろなタイプがいらっしゃるのは当然で、とても良い印象を残してくれた方もいれば、もう二度とごめんだわって方もいます。
 
で、今週唐突にキャロ馬2頭がデビューしちゃいます。
1頭目は期待の牡馬ムーンセイルなんですが、この仔の調教師さんは牧光二先生。
 
 
11/26 牧厩舎
26日は軽めの調整を行いました。
「いい意味で変わらずに調整を進めることができています。先週半ばまでは坂路を主体に動かしていましたが、週末よりコースでも時計を出し始めていますよ。まだハッキリと断言できるまでの状態にはないのですが、最初に抱いた感覚よりもちょっと違ってきているかなと言うところがあります。こなせるかなと思いますが、もしかしたらもう少し距離を詰めたほうがいいのかもしれませんし、ダートという選択肢もあってもいいのかな、など。正直に言うと生き物相手ですし、若い2歳馬でもあるのでここだと早々と言い切らず、引き続き可能性を探っていければというのが本音でもあります。デビューに関してはもう少しお時間をいただければ幸いです。今週は変則日程ですし、雨の影響から馬場コンディションがあまり良くありません。それならば週に1回の負荷のかけ方でもいい段階だと思っていますし、金曜日か週末に時計を出すようにしてもいいのかなと思っているんです。明日の馬場状態が思ったより良ければ前倒しするかもしれませんが、今のところ今週の予定はそのような形で考えています」(牧師)
 
7月にゲート試験に合格して、いったん天栄に放牧。 その後11月6日に美浦入りしていました。
 
天栄では冴えないコメントばかりだったので年内デビューはねーなとタカをくくっていました。 だって、26日の段階でもこんな感じだったんだもん。
 
それが、翌週には具体的なデビュー予定が出て、あれよあれよというまに出走となりました。
 
 
12/10 牧厩舎
10日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒4−68秒2−53秒7−39秒7−13秒5)。
「今朝はだいたい6ハロンくらいで時計になるところを取り入れていますが、先週の動きはある程度手応えがあったことを考えると、ちょっと物足りなくは感じましたね。そのあたりはまだデビュー前で馬体がしっかりとし切れていないのでまだ安定していないのかもしれませんが、普段辛口な乗り手のスタッフからは感触はいいものがあると聞いています。一度使ってもう少しピリッとしてきてほしいなと感じるところはあるものの、ここまでの調教で良さを感じられる馬ですから、もちろんしっかりと結果につなげて行けるようにしたいですね。今回は芝の2000mから始動しますが、そこでいい走りができればもちろん最高ではあるものの、今後進めて行く中でいろいろな面を見せてくれるでしょうから、状態や状況に応じて臨機応変に対応していきたいですね」(牧師)
14日の中山競馬(2歳新馬・芝2000m)に後藤騎手で出走を予定しています。
 
 
正直、こんなんでレースに出していいの?って思いますけど、どうなんでしょ?
 
まあ、今週も古馬と併せてウッドでそこそこ追えているとは思うんだけど、なんかパッとしないというか、半信半疑というか、先生のコメント回りくどくてよくわかんなーいというかね。。
 
今年の2歳馬のレースが散々な結果なのでテンション上がらないってーのもありますが、いまいち期待しずらいですねー。
 
 
イメージ 1
 
8月の画像しかないの。。 
 
でかそうですねー。 ちなみに天栄を出るときは517キロでした。 うーむ。。
 
 
 
 
そんでもう1頭は関西庄野厩舎の牝馬ルフナ
 
11月30日にデビュー予定でしたが、熱発により回避。
改めて1週おいて13日(土)芝の1200mでデビューです。
 
私的には熱発後に好走した例を知らないのでこちらもまた期待薄です。
 
 
12/10 庄野厩舎
10日は栗東坂路で追い切りました(54秒0−39秒7−26秒1−13秒2)。
「今朝は坂路で追い切りました。道中は馬が行きたがるようなところもあったのですが、それでいて終いを13秒2でまとめていれば文句ありませんし、最後までしっかりと走ることができていました。いいスピードを見せていましたし、動きも良かったですよ。当初は追い切りも浜中騎手に跨ってもらおうと思っていたのですが、スイッチが入ってテンションが上がりすぎる可能性もあったので、それはやめることにしました。熱発で回避した影響はなく疲れなどもありません。ただ、馬が少し元気すぎるので、当日は落ち着いてレースに臨むことができればいいですね」(矢島助手)
13日の阪神競馬(2歳新馬・芝1200m)に浜中騎手で出走を予定しています。
 
 
当初予定していた鞍上が藤岡康太騎手から浜中騎手に変更になったそうですが、えーと、悪いけどそりゃ逆に願ったりでしょw
 
鞍上は強調できますけど、掛かってガーっと行っちゃって直線パッタリなんてことがなければいいですけど。。
 
 
 
ついでにですが、一応アーデントもチャレンジCに登録なんかしてヒヤヒヤさせたんですけど(だってあのエイシンヒカリが出るんだよ!)、スルーっと回避してくれてセーフ。
 
 
それでってわけじゃないんだけど今週は現地応援はなしです。 土曜日に忘年会が入っているんで無理なんです。
 
その次の週もグリューヴァインアーデントとユニオンのバロネットが出走を予定してるんですが、ここでも忘年会が絡んできて微妙なのよね〜。
 
 
年の瀬にきてなんだか在庫一掃セール的に出走してますけど、なんも出ないよりはまあいいかw
 
誰でもいいから勝ってくれー! 今年1勝しかしてねーんだぞー!!
 
 
 
  
 
 
 

大人になったの

  
いつも仲良くして頂いているお仲間さんのお馬さんがここ最近活躍でして。
 
Gリさんのステファノスとか、Rルさんの良血馬ディアデラマドレとか、Mchiろーさんのマイネルラクリマとか。 Iさんのハープスターなんかはもう雲の上のお馬さんですもの。
いいないいな〜、ジェラしいな〜。。
 
まあ別によそ様の仔と比べるわけじゃないんですけど、ウチの仔たちったら出走したとしてもドべとかビリとか最下位とかなもんだから、ついついお母さんとしても愚痴のひとつも言いたくなっちゃうわけよ。
 
2歳馬軍団はキャロ4頭、ユニオン2頭の大所帯だというのに出走はわずかに4回、入着どころか掲示板も無し。
ていうか着順だって、6/13、8/14、8/9、16/16 (着/頭数) という散々な結果なんです。
 
おまけに、募集時に一次で抽選になったムーンセイル(ヴェラブランカ12)が当たらなければ出資したであろうヴァージナル(ベビーグランド12(最終的に満口になってないよね)が、先週1番人気で新馬戦を鮮やかに快勝する姿を見たりすると、嬉しいような悲しいようなレロレロな気持ちになっちゃいます。
 
いい加減少しはウチの厩舎にも光明が差してくれないといやんなっちゃう。。
 
なのに、アルフヘイムはカイ喰いが悪くなっちゃうし、グリューヴァインは天栄で外傷負っちゃうしでまだまだ夜明けは遠くミッドナイト深夜状態。
 
今週末はユニオンのアヴェントゥリーナが距離短縮に活路を見いだそうと出走を予定していますが、前走がさっぱりだっただけにどうなんでしょ。 なんだか早めに見切りをつけようとしているかのように急いで使っているようで嫌な感じなんですけどね。。 被害妄想でしょうか?
 
 
そんな中、唯一の希望が最後に出資を決めたあの仔。
ルフナです。
 
キャロットの会報にもちょこっと載りましたけど、ゲート練習で寝ようとしたり仰向けになったり大暴れしてた仔です。
 
それだけ大騒ぎしますと、当然NFしがらきで再教育を受けることになるわけでして、座禅を組んだりお茶やお花のお稽古をしたりして三か月間みっちりと行儀作法を学んできました。
そのお蔭もあってようやく栗東に戻ることができ、先日やっとゲート試験に合格することができました。
やっと大人のレディーになってくれたんだねぇ。。
 
 
11/6 庄野厩舎
5日はゲート試験を受け、無事合格しました。6日は軽めの調整を行いました。
「今週から試験を受けるゲートで練習するつもりだったのですが、思ったよりも落ち着きがあるので、先週木曜、金曜と本番のゲートで練習してみました。周囲に馬が多くても特に問題なかったですし、これならと思って水曜日に試験を受けました。駐立も安定していましたし、発馬も水準ぐらいに出てくれて無事合格。NFしがらきで我慢強く練習してくれたことがここで実りました。まだ競走馬としてスタートしたばかりですが、まずは一歩前進しましたし、このまま疲れが出なければデビューに向けて進めていこうと思っています」(庄野師)
 
 
いやー、よかったよかった。 ホッとしましたよ。
一時はどうなることかと思っていただけに、ゲート試験に合格しただけですけど喜びもひとしおです。
 
 
11/19 庄野厩舎
19日は栗東CWコースで追い切りました。
「除外の可能性も頭に入れて来週の競馬から使って行くつもりで今朝はジョッキーを乗せて追い切りました。併せて5ハロン70秒を切るぐらいの時計でしたが、追い出してからの反応が良く、終いはいい伸びを見せていました。普通キャンターよりも、速いところに行って良さが目立ちますね。小柄な馬ですが体力がありますし、いいスピードを持っています。康太も好感触でしたよ。ゲートのこともありますし、テンションを上げないように気をつけて進めていきます」(庄野師)
30日の京都競馬(2歳新馬・芝1400m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。
 
 
デビュー戦の具体的な予定も出てきましたね。
 
聞くところによると、このCWでの調教パートナーは、新馬勝ち→コスモス賞2着→野路菊S3着のグランカマラードさんのようで、強めに追って0.6秒先行していた相手の内に入り馬なりのままルフナが0.1秒先着したとこと。
ホンマかいな! すごいやんけ!!
 
藤岡康太騎手といえばディアデラマドレさんとの相性バツグンでキャロの勝負服のよく似合う女子のエスコートには定評のあるイロ男やないですか。 ついつい調子にのってエセ関西弁も飛び出してしまうというものです。
 
これは期待せずにはいられまへんがなですが、除外等々もありますので直前になってみないとわからないところもあります。
ただ、30日に競馬場に出掛けるとすれば、キャピタルSに出走する(予定)アーデントの応援に府中に行っちゃうかもしれないよね〜。 だってその日のジャパンカップの出走メンバーがスゲエ豪華なんだもんねぇ。 オホホー。
 
 
イメージ 1
 
 
 
    
 
 

全244ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事