ここから本文です
江ノ島や釣り施設での釣果記録。

6月13日 磯子

憧れのイシダイ、40cmを超えるサイズが釣れたことはない様だが、20〜30cm前後が釣れている磯子海づり施設へ行くことにした。

大きさへの憧れももちろんあるが、30cm前後の食べ頃サイズが狙って釣れれば面白い。

イメージ 1

http://isogo.yokohama-fishingpiers.jp/sp/choka.php

到着は午前11時30分頃。
1日を通して曇り予報、降水0mmとなっていたがいざ釣り始めると土砂降り。

心折れかけるも簡易カッパで続けることに

イメージ 2


しかし浅い。干潮でヘチ際にはテトラが入っているとはいえ、水深は30cm〜2mくらい。

磯子でのイシダイは投げや浮きでも釣れているがヘチ釣りが1番数出ているという。

南、中央、東、チョイ投げと確認してみたが全て浅い。
クロダイなら解るが、この浅さで30cmのイシダイ?

エサはイガイ。
釣果は…またお前か

イメージ 3

ナマコがいるということは水温が低いのか?

イメージ 4

いったん全てリリース。

昼食を食べてから再開するもフグ、フグ、フグ。

いちいちタモで掬うのが面倒で、どっちにしろハリスを交換しないといけないのでぶら下げて自動でリリース。

それでも釣れてくるのはヒガンフグのみ。
あまりにもフグばかりなのでバケツに貯めるとこんな感じ。

イメージ 5


見に来た施設の職員もびっくり。イシダイの話を聞くと午前中にヘチで30cmのイシダイが釣れていた様。
釣った方に話を聞きたかった。

午後5時まで続けて釣果は
フグ20匹、ハゼ1匹、ナマコ1匹だった。

この記事に

6月6日 江ノ島

エサのイガイを採るついでに、先にサザエポイントの確認に行く。

すると今までにないほどたくさん付いて居る。
海藻のたくさんある所に多いが、こんな所にも

イメージ 1


何個獲れたかわからないほど。
タコ釣りの方と雑談しながらサザエを獲っていると、タコ名人見事に釣りあげる。

イメージ 2

頂いてしまった。300gくらいか。

イメージ 3


釣り始めたのは正午頃。

イメージ 4


エサはイガイ。
しかし、アタリがまったくない。
イガイの剥き身がそのまま戻ってくる。

先行者の話では朝方にカワハギ数匹と手のひらサイズのイシダイが釣れていたそうだが…。

僅かに竿を曲げたのは

イメージ 5

25cmほどあり良型なので食べてやろうか?と考えたが、欲しいと言う方が居たので進呈。

同じく25cmほどの無駄に大きなハコフグも2匹釣れたが、こちらも欲しいと言う方が現れ進呈。

午後4時まで続けたものの結局フグが3匹しか釣れなかった。

そして帰りにスカリを上げるとタコも見事に脱走済み。


お持ち帰りはサザエのみ

イメージ 6

この記事に

5月30日 江ノ島

江ノ島到着は午前10時過ぎ。

イメージ 1


エサはイガイ。

開始2〜3投でいきなりドスンと来た。
掛かった直後はイシダイかと感じたが引きに強さがない?

大物感は伝わってくるのに意外とすんなりあがってくる。

浮いたのはなんとクロダイ。

イメージ 2

イメージ 3


ハリス3号10cmのカワハギ仕掛け、それもハリス止め。

よく喰ったし、よく獲れたと思うと同時に30cmクラスのイシダイの方が引きは強いんだなと再認識。

それから午後3時半頃まで続けた釣果は

イメージ 4

眼の無いカサゴ

イメージ 5

エサ取りは少ないもののやはり居るのは

イメージ 6

そして本命

イメージ 7


お持ち帰り

イメージ 8

イメージ 9


クロダイはエラを抜いた状態で2.4kgもあった。内臓は若干ドブ臭かったものの、身は美味しく食べることができた。

この記事に

5月23日 江ノ島

江ノ島到着は午前11時頃。
エサはイガイ。

イメージ 1

付餌に使えるサイズが少なく苦労する。

この日は先にサザエポイントを確認。
波、風で見え辛いが水面付近にいるサザエを獲ることができた。

イメージ 2

アオウミウシがキラリ

またまた口元の崩れたイシダイが釣れた

イメージ 3

イメージ 4

これは奇形かも。

午後4時頃までの釣果は

イメージ 7


イメージ 8


お持ち帰り

イメージ 5


肝も卵も大きく、とても美味しかった。

イメージ 6

この記事に

5月16日 江ノ島

江ノ島到着は午前10時過ぎ。

イメージ 1


エサはイガイ。

やはりアタリは少なく、しかもビリビリとしたアタリでフグばかり。

イガイは特に軟らかい部分だけが吸い取られるように喰われる。
イガイの隙間から出てきたイソメもエサに使うが反応がない。

ひたすら打ち返すことしばらく。

イメージ 2


来た来た今シーズンの1号。

イメージ 3

こちらも1号。

イメージ 4

すぐ2号…。

正午頃、小さなアタリに一呼吸置いて合わせてみると

ギュインと小気味よい引き、丁寧にやり取りすると
なんとまたもやイシダイ。

イメージ 5

ハリスはギザギザで危なかった。

イメージ 6


カワハギの追釣を期待して続けたが午後2時頃、早めに終了とした。

時間に余裕があったので、あまり期待することなくサザエポイントを覗いてみると

イメージ 7

やはり居るんだ。

お持ち帰り

イメージ 8


2週続けて豪華な夕食になった。

イメージ 9

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事