食うべき詩

お笑い芸人の件から生活保護受給者へのバッシングが一気に吹き出た。濫給と漏給のほんとの実態を知ってほしい。

全体表示

[ リスト ]

今回は転載機能に話を限定します。「ヤフーブログ文化」については別の機会に。

いわゆる「善意の転載」をめぐって、ヤフー・ブロガー以外の数多くの方からの批判記事が書かれたことで、ヤフー・ブログ転載機能をめぐる議論が拡大したと感じます。これまでもことあるごとにヤフー内外で話題にはなっていたわけですが、今までとは格段に議論が広がった気がします。これははてブ界隈の事情に疎いわたしの何の証拠も無い推測なのですが、えっけんさんがヤフー・ブログの転載推奨記事をブクマし、転載機能の問題について精力的に記事を書かれていることが、議論拡大・問題共有の原動力の一つではないかと思っています。

チェーン化することでの不測の事態の発生、誤報・個人情報の流布、自分で表現することの軽視、著作権問題、サーバー負荷その他様々な角度から指摘がされ、細かい差異はともかく「ヤフーの転載機能は問題あり」という認識を持つ人が増えてきたのはいいことです。

ヤフー・ブロガーを転載機能に対する態度で分けると3種類あります。圧倒的多数は無自覚にただそこにある転載機能を使う人。もうひとつは転載機能を利用・温存することを主張する人ですが、これは自らのブログの利害が背景にあるとわたしは見ています。そして転載機能の問題について批判的に発言している人。一例として記事をあげれば、たくやさんの07Y!ブログの機能(9)転載機能とその問題、千太さんの転載機能にまつわる不思議なできごと転載機能はnc-nd崩れたのか?「転載機能」の認識といった記事群がそうです。わたしも転載機能・引用・著作権あらためて「転載機能」の危険性について などを書いています。
ヤフー・ブロガーが他社ブログに書いている(???)ものとしては、わたりとりさんの「Y!B 天災機能(1)〜(10)」という連載があります。ヤフーは機能批判をしたブログを強制削除したことがあるので、実はヤフー・ブログで転載機能批判をするのはヒヤヒヤものなのです。参考強制削除とその顛末pincompさん。

転載機能について考え問題点を指摘するのは、ブログの世界で好ましくない事象があるので意見を言いたい、意見を交わしたいということだと思います。ヤフー・ブロガーの場合はそれに加えて、自分の利用するブログ・サービスを改善したいという気持ちが入ると思います。いずれにしても、機能の撤廃なり改善なりを求めることでは一致していて、それはどの会社のサービスを使っているかとは無関係に、この問題に関心のあるブロガーないしはネット・ユーザーとしての共通の声です。

にも関わらず、機能批判の中にいつの間にか当該サービス・ユーザー一般を軽侮ときには蔑視する言説が紛れ込んでいる傾向が見受けられるのです。使う人がいなければどんな機能も機能しないのは当たり前なので、ユーザーの問題があわせて論じられなくてはならないのは当然です。しかしそれはあくまで、利用の実態・ユーザーのリテラシーを対象化することによって、一層機能の問題点を浮き彫りにするということだと思います。ユーザーをおちょくるのが目的で機能批判を政治利用しているわけではないはずです。

ヤフー村、はてな村という表現を結構目にするようになりました。今回の「辺境部落」発言はその極端なあらわれです。異文化という言葉をあまり安直に使って、それぞれの帰属意識みたいなものを煽り立てるのは、ネタとしては面白いかもしれませんがあまり建設的には思えません。自分が帰属していないと見なした集団を侮蔑して、別集団に帰属していることを無意識に確認したい、優越感を得たい、そのために発言しているわけではないと思いたいです。広大なwwwの世界に境界線を引いたり柵を立てて行き来を制限するのは、なんとも面妖な試みだと思うのです。

※「善意の転載」そのものに言及したい気持ちはあるのですが、その記事を書かれた方とお互い言及しないという紳士協定みたいなものがあるので、特に「善意」という点には触れませんでした。
OYAJIさんへの公開書簡

閉じる コメント(23)

顔アイコン

なぜこのような確認を行なったかというと、,任△譴弌転載機能そのものをなくす、デフォルトの状態では転載不可にする、ヤフーブログ自体を利用しないという方向しか思い浮かびません。△両豺隋他ブログの方の言及は「善意の転載」についての疑問から発せられているので、これについて触れなければコメントを書くのが困難だと思ったからです。

2006/12/4(月) 午後 3:45 牛男 返信する

こんばんは。コメントいただきながら、レス遅くなってすみません。何度か蹴られまして^^; 別途、トラバさせていただきました。

2006/12/5(火) 午前 0:27 阿檀 返信する

わたりとりさん、いつまた強権発動されるかと考えるとコワイです。バックアップなんかしていないし。。。まぁ〜わたしなんか影響力少ないから何とも思ってないだろうしね〜。あ、わたしヤフー・ブログ好きですよ。本当は。アバター可愛いし。アイコン使えるし。SNS風味もあっていい感じ。それがイヤだって言う人がいるのも分かりますが。

2006/12/6(水) 午前 0:59 トンコ 返信する

たくやさん、pincompさんのブログを読んでいらっしゃったんですね。ほ〜それは初耳です。バック・アップしてるんですか!うーん。。。わたしもしておこうかな。。。

2006/12/6(水) 午前 1:01 トンコ 返信する

牛男さん、こちらこそ大変失礼しました。この記事は転載機能そのものや「善意の転載」についてというより、「転載機能を考えたり論じたりすること」について考えたものです。「ブログ世界の異文化接触」とか、わたしのいう「ブログの世間」について考える道すがらの記事です。

2006/12/6(水) 午前 1:05 トンコ 返信する

Adan Kadanさん、なぜか女性アバター。。。ひゃひゃひや!トラバいただいた記事昨日読ませていただきました。リアル世界でも文化を形作る基底には気候風土、つまり自然条件があるように、ブログ世界でも提供されたサービスの形態・機能によって差異のある文化のようなものが形成されるとは思います。それは良くないことじゃなくてむしろ面白いことだと思うのです。

2006/12/6(水) 午前 1:13 トンコ 返信する

このブログの「異文化」について考えるのは、実はいろいろな意味で楽しいというか、有意義であるというか、興味深いというか。。。コメントでは書ききれないので、自分で記事を書き、みなさんの記事を読んで少しずつ考えていきたいと思っています。

2006/12/6(水) 午前 1:17 トンコ 返信する

こんばんは。。。あの。。。リアルでは♀ですが^^; 実はここ6回ばかり続けざまに男性に思われていまして、某所では「マンダム」とか言われていたわけですが^^; …は、置いておいて。ブログ文化とサイト文化、スクリプト好きとW3C遵守テキスト純系、とか、分けようと思ったらいくらでもありますね^^ 野球ファン文化とサッカーファン文化みたいなものでw あ、それから、メールボックスのアドをお知らせしておきながら現在不調のようです、すみません。

2006/12/6(水) 午前 1:30 阿檀 返信する

顔アイコン

えーーー!!それはとんでもない失礼をしました!!男性だとばっかり思っていました。。。ものすごい先入観。Adan Kadanさん記事の切り口がとても面白いので今後とも交流いただけたらとてもうれしいです。

2006/12/6(水) 午前 1:51 トンコ 返信する

こちらこそよろしく、、で、、あの、、私も「健全系2次著作」出身だとか言ってもいいですか(*^_^*)

2006/12/6(水) 午前 2:00 阿檀 返信する

ほ〜♪同人関係ですか?関連の記事などもあるのでしょうか?もしそうなら楽しみですね〜。わたしは特にそういう活動とは縁がなく全く疎いので。

2006/12/6(水) 午前 2:04 トンコ 返信する

ちょっと見て来ました。いやー楽しみ楽しみ!同人誌関係の方と著作権がらみのお話がしたいと思っていたんです!!

2006/12/6(水) 午前 2:07 トンコ 返信する

出身、といっても、かなーーり昔ですがww エヴァンゲリオンのころにはすっかり枯れて見るだけの人(笑・全部ではないですが、部分的に見てました)。ただ著作権のことを調べはじめてから、「2次著作ってやっぱり「原作者のお目こぼし」なんだなぁ」というあたりは、けっこう追いかけました^^;

2006/12/6(水) 午前 2:46 阿檀 返信する

顔アイコン

Y!Bに活動拠点を置きながら(レイアウト的にwebページ的に使えるところとベースはシンプルなデザイン…?がイイのですが)、はてなブックマークも使っている私としては、時として「ヤフー村」「はてな村」とされるようなものの両方からかなりの距離感を感じることがあります。そういう二項対立のようなイージーな図式じゃない切り口で意見交換ができればいいのですが…。そういう意味ではY!Bの転載問題はちょうどいいテキストなのかもしれません。中には「Yahooの中のことなんだから放置しとけ」という星一徹な言説もあるようですが…。

2006/12/6(水) 午前 4:23 ナイジェル 返信する

Adan Kadanさん、エヴァンゲリオンにはハマらなかったんですね〜?時期的な問題ですかね。わたし今さらながらにハマってしまって。。。そういえば、ガイナックスは二次著作物に対して、限定的ですが比較的好意的に対応していますね。「お目こぼし」以上の、もうすこしオープンな著作権コントロールが広がるといいんですが。

2006/12/6(水) 午後 11:16 トンコ 返信する

おけけナイジェルさん、二項対立もごく一部だけの認識なんじゃないかな〜と思います。この1週間ほどあちこち見て回りましたが、一般のブロガーが書いているのは日常的な日記だし、「ブログ論」的なものを書いている人は目立つだけで少数だし、ブクマされる記事によってブックマーカーがある程度固定しているようだし。まぁあんまり意に介してい人が多数なような気がします。「えー?何が?関係ないじゃん。」みたいな。

2006/12/6(水) 午後 11:26 トンコ 返信する

ガイナックスはもともとファン出身だから、心情的にもファンに対して拒否的にふるまう理由がないし、ビジネスとしてもファンが「市場」になることを理解しているんだと思います。私はどうも、エヴァンゲリオンよりは作家の菅浩江のファンでして^^(ガイナックスの役員の奥さん)

2006/12/7(木) 午前 1:37 阿檀 返信する

ちょっと調べました。武田康廣さんの奥さんなんですね。庵野さんの奥さんもクリエーターだし。ガイナックスは広い意味でオタクっていうかファン活動の中から生まれてきた集団って感じです。インタビュー本をこの前買ってみました。

2006/12/7(木) 午前 2:29 トンコ 返信する

顔アイコン

確かに大きく見える「コミュニティ」でも実際は細分化されたクラスターだったりするので…どうしても「声の大きい人」が目立ってしまうんですけれど。だから「啓蒙」とかいう視点ではドツボにはまってしまうかも。いや、「二項対立を避けたい」といいつつはまっているのは自分自身だったりします(汗)。

2006/12/7(木) 午後 0:30 ナイジェル 返信する

おけけナイジェルさん、「啓蒙」という考え方、字面からしてちょっと問題あるかも知れませんね。啓蒙専制君主なんてわけの分らない歴史概念もありますしね〜。わたしの目にはおけけナイジェルさんは二項対立にハマっているようには見えません。事物バラバラに見るのではなく、必ず事物の連関を見て言葉を発していらっしゃるように思えます。

2006/12/9(土) 午前 0:30 トンコ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事