食うべき詩

お笑い芸人の件から生活保護受給者へのバッシングが一気に吹き出た。濫給と漏給のほんとの実態を知ってほしい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

Peace Philosophy Centreというサイトで、「福島原発事故についての緊急建言」を読みました。元原子力安全委員長や元日本原子力学会会長といった、日本の原発推進の中枢にいた16人の専門家が連名で3月30日に政府に提出したものです。なぜ、この極めて重要な「建言」が大々的に報道されないのか理解できません。(この「建言」が出されたれ経緯については、Peace Philosophy Centreのこちらのページを参照してください。)

一読して感じたのは、第一に、いわゆる原子力村の指導者であったこの人々が、人間としての良心を失っていないということ。地球規模の災厄に拡大し、人類史を画するほどの事態となってしまった今回の事故に対して、自分たちのメンツや意地や利害をかなぐり捨て、真摯に向き合っていると思いました。そして第二に、真摯であるがゆえに、「建言」が放つ悲観的なトーンが今回の事態の深刻さを物語っているということ。専門家中の専門家として原子力開発を推進してきた人々でさえ、何一つ楽観的な見通しを語れないのです。

以下、「建言」全文を掲載します。




福島原発事故についての緊急建言

 はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします。

 私達は、事故の発生当初から速やかな事故の終息を願いつつ、事故の推移を固唾を呑んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、今日に至るも事故を終息させる見通しが得られていない状況である。既に、各原子炉や使用済燃料プールの燃料の多くは、破損あるいは溶融し、燃料内の膨大な放射性物質は、圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている。

 特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである。

 こうした深刻な事態を回避するためには、一刻も早く電源と冷却システムを回復させ、原子炉や使用済燃料プールを継続して冷却する機能を回復させることが唯一の方法である。現場は、このために必死の努力を継続しているものと承知しているが、極めて高い放射線量による過酷な環境が障害になって、復旧作業が遅れ、現場作業者の被ばく線量の増加をもたらしている。

 こうした中で、度重なる水素爆発、使用済燃料プールの水位低下、相次ぐ火災、作業者の被ばく事故、極めて高い放射能レベルのもつ冷却水の大量の漏洩、放射能分析データの誤りなど、次々と様々な障害が起り、本格的な冷却システムの回復の見通しが立たない状況にある。

 一方、環境に広く放出された放射能は、現時点で一般住民の健康に影響が及ぶレベルではないとは云え、既に国民生活や社会活動に大きな不安と影響を与えている。さらに、事故の終息については全く見通しがないとはいえ、住民避難に対する対策は極めて重要な課題であり、復帰も含めた放射線・放射能対策の検討も急ぐ必要がある。

 福島原発事故は極めて深刻な状況にある。更なる大量の放射能放出があれば避難地域にとどまらず、さらに広範な地域での生活が困難になることも予測され、一東京電力だけの事故でなく、既に国家的な事件というべき事態に直面している。

 当面なすべきことは、原子炉及び使用済核燃料プール内の燃料の冷却状況を安定させ、内部に蓄積されている大量の放射能を閉じ込めることであり、また、サイト内に漏出した放射能塵や高レベルの放射能水が環境に放散することを極力抑えることである。これを達成することは極めて困難な仕事であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない。

 さらに、原子炉内の核燃料、放射能の後始末は、極めて困難で、かつ極めて長期の取組みとなることから、当面の危機を乗り越えた後は、継続的な放射能の漏洩を防ぐための密閉管理が必要となる。ただし、この場合でも、原子炉内からは放射線分解によって水素ガスが出続けるので、万が一にも水素爆発を起こさない手立てが必要である。 

 事態をこれ以上悪化させずに、当面の難局を乗り切り、長期的に危機を増大させないためには、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、関係省庁に加えて、日本原子力研究開発機構、放射線医学総合研究所、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取組みが必須である。

 私達は、国を挙げた福島原発事故に対処する強力な体制を緊急に構築することを強く政府に求めるものである。

平成23年3月30日

青木芳朗  元原子力安全委員
石野栞   東京大学名誉教授
木村逸郎  京都大学名誉教授
齋藤伸三  元原子力委員長代理、元日本原子力学会会長
佐藤一男  元原子力安全委員長
柴田徳思  学術会議連携会員、基礎医学・総合工学委員会合同放射線の利用に伴う課題検討分科会委員長
住田健二  元原子力安全委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
関本博   東京工業大学名誉教授
田中俊一  前原子力委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
長瀧重信  元放射線影響研究所理事長
永宮正治  学術会議会員、日本物理学会会長
成合英樹  元日本原子力学会会長、前原子力安全基盤機構理事長
広瀬崇子  前原子力委員、学術会議会員
松浦祥次郎 元原子力安全委員長
松原純子  元原子力安全委員会委員長代理
諸葛宗男  東京大学公共政策大学院特任教授

デモと桜

■×月×日、東京電力への抗議デモに参加。数日前にデモで逮捕者が出たらしいという情報もあったので、ちょっと緊張しました。道行く人の注目度がなんかすごかった。当たり前だけど。

■×月×日、短時間だったけど玉川上水を散歩しました。花見の季節、近所の井の頭公園はものすごい人出でうんざりするので、一回りしたら少しだけ足をのばして上水ぞいに歩くのが例年の習慣になってる。桜だけでなく色んな花をゆっくりと見ることができる穴場なのです。

イメージ 1
三鷹市の保護樹木になってる立派なソメイヨシノ。ほんとに見事です。ここを左に曲がると、鶏(ゴトウかな?)が放し飼いになってるキウイ畑がある。生え始めたハコベやヒメオドリコソウを引っこ抜いて鶏にあげると、コッコー!、コッコー!と壮絶な争奪戦が繰り広げられる。鶏飼いたいな〜。

イメージ 2
上水の土手にひっそり咲いたタチツボスミレ。桜ばかり見上げてこんな可憐な花を見そびれてしまうのはもったいない。

風に吹かれて

今、日本では大地震という天災と原発事故という人災で、多くの人々が苦しみ不安な時を過ごしている。歴史の教科書に載るようなできごと。だけど、それ以前にもわたしの暮らすこの国では年間3万人の人々が自ら命を絶ってきた。そして、わたしが今パソコンの電源を落として暖かいベッドにもぐりこもうとするこの夜更けに、道端で死に瀕している人たちがいる。だって、この国では毎年数百人の人々が路上で餓死・凍死・病死しているんだもの。その状況は今この瞬間も全く変わってはいないんだと思うと、すべてを忘れて安心して眠ることができないのです。

そしてこの時間この世界で悲劇は繰り返されてる。リビアでは傭兵の攻撃と誤爆とで人々が命を落としている。パレスチナではイスラエルの報復攻撃で数合わせのように命を奪われる人々がいる。たった今シリアやバーレーンでは圧制に声を上げた人々が殺され続けている。それに北朝鮮や中国では当たり前の自由を求めた人々が機械的に抹殺されている。「自由」なアメリカでは毎日300人以上の人々が銃で命を落としている。そのアメリカの貧しい人々は兵隊になって世界のあちこちで人々を殺し、沖縄では少女をレイプしている。それが、この世界なんですよね。。

         * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
Yes, 'n' how many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?
Yes, 'n' how many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
The answer is blowin' in the wind.

どれだけの道を歩けば
人間と認められるのだろう
いくつの海を越えれば
白鳩はやすらぎを得られるのだろう
どれだけ砲弾が炸裂したら
闘いは終わるのたろう
友よ、その答えは風に吹かれている
答えは風に吹かれている

How many times must a man look up
Before he can see the sky?
Yes, 'n' how many ears must one man have
Before he can hear people cry?
Yes, 'n' how many deaths will it take till he knows
That too many people have died?
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
The answer is blowin' in the wind.

どれだけ見上げれば
空は見えるのだろう
いくつの耳を持てば
人々の泣き声が聞こえるのだろう
どれだけ人が死んだら
もうたくさんだと分かるのだろう
友よ、その答えは風に吹かれている
答えは風に吹かれている

         * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

ボブ・ディランにそんなに思い入れはないんだけど、「Blowin' In The Wind」と「Like a Rolling Stone」は好き。んなことつぶやいたって大勢に影響はないけどさ。。
原子力関連施設で長年にわたって放射線管理業務に携わってこられた方のブログを見つけました。まだすべて読んでいませんが、ご自身で撮影された原発内部の写真・動画、図面などの内部資料が多数アップされており、わたしたちが原発について考える上でとても貴重な材料を提供していただいていると感じました。
原子力発電所及び原発関連施設

プロフィールには以下のように記載されています。
ところが、原子力発電は「作業者の被ばく」の上に成り立っている事を理解していただきたいと思います。作業者が人柱となり、彼等の被ばく無くして原子力発電は成り立たないのです。また、世界中で自然災害に勝った「人工物」の存在は無く、地震大国日本では心配が常に付きまとう。したがって、私の個人的意見としては、「これ以上原子力発電所は造らない」「原子力発電はあくまで次のエネルギー源を実用化するまでの繋ぎである」と考えているのですが、皆さんはどう思うでしょうか?
http://anjin.cocolog-nifty.com/about.html
わたしは、御用学者の「安全」宣伝をどうしても眉唾に感じるのですが、無謬の預言のごとき反原発論にも距離を置きたいと思う。「マグニチュードを政治的に改竄した」なんていう一種の「陰謀論」とか、どうもイデオロギー先行と感じてしまいます。わたしも含めてこの社会の構成員が、自分の頭でこの社会のあり方を考えていく材料が欲しいのであって、誰かの言う「絶対の真実」に飛びつきたいのではありません。前からずっとこんなこと言ってるけど、これってへそ曲がり?

今回の件で思うのは、一つは事故で放射性物質が環境に撒き散らされ多数の人々が被曝する恐怖、もう一つは平時であっても当たり前のように被曝労働が存在しているということ。福島第一原発で放射線を浴びながら決死の作業が行われていることを忘れてならないのはもちろん、たった今でも、稼動している日本中の原子力関連施設で、日常的に放射能に被曝し続けている労働者がいることに目を背けたくない。たとえ今回の事態が収束しても、原発がある限り、わたしたちの家庭生活と経済活動が、被曝労働を前提に成り立っているという事実から物事を考えたい。

そうそう、JAEA(独立行政法人日本原子力研究開発機構)の【「もんじゅ」がひらく未来】というページには、こんなことが書いてあります。
原子力発電所から人々が受ける放射線の量は、極めて少量です。200ミリシーベルト以上の大量の放射線を短時間に受けた場合の影響は明らかですが、少量の放射線の人々への影響は明らかになっていません。
http://www.jaea.go.jp/04/turuga/mext-monju/safety/safe-ri06.htm
今回の事故後、「放射線のレベルは低く直ちに健康に影響はない」と繰り返し言われていますが、事故前に原子力発電を推進する立場の組織が、「少量の放射線の人々への影響は明らかになっていません」と言っていることに注目したいです。これを読む限り、今回の放射性物質の拡散について、「健康に影響がない」のではなく、「健康に影響があるかないか分からない」というのが正確なところだと思うのですが、どんなもんでしょうか。

4月になったけど

4月になりました。3月11日から3週間。ものすごく長く、落ち着かず、忙しい3週間でした。別のこと書こうかとも思いましたが、やっぱりまだ震災・原発のことしか考えられません。。。

私は原発反対運動家ではありません。二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。
原発がどんなものか知ってほしい
前記事のコメント欄でwillpe1203さんにご教示いただいた記事。1級プラント配管技能士として福島原発などで働き、内部被曝の結果1997年1月にお亡くなりになった平井憲夫さんの体験がつづられています。今読んでいる岩波ブックレット「知られざる原発被曝労働〜ある青年の死を追って〜」(藤田祐幸)と同じように、「原発で働くこと」「原発とはいったい何なのか」ということについて、具体的なイメージをつかむことができます。
※貴重な記録を紹介いただいたwillpe1203さんにあらためてお礼を申し上げます。

雇用の喪失、家族の喪失、住居の喪失をもってホームレスというらしい。
そして、そうなったのは自己責任であるとさらに鞭打たれもする。
そやけど、ホームレスになったきっかけが災害である人も多い。
がんばろうニッポン!
それはそれでええやろう。
けど、この熱が冷めた頃、途方に暮れてへたり込んでる人を自己責任と片付けて行くのやろか?
行くんやろなぁ・・・。
地べた
釜ヶ崎で福井の原発の仕事にスカウトされたという低人さんの体験談。
ひねくれモノのわたしとしては、「がんばろうニッポン!」の大合唱が少し怖い。いや、これから先ずっと人々が助け合い支え合うことにつながれば素晴らしいんだけど。。。震災や原発事故をきっかけにして経済がますます悪くなって、疾病や障碍、その他あれこれの困難さを抱えた人々が、滑り台を滑るように職と住まいと人との絆を失っていくのが心配。より「弱い」人々が復興から取り残されて、これまで社会から見捨てられ続けてきた人々と同じように、また同じ「がんばらなかった人」の烙印を押され、「自己責任」の一言で見捨てられていくことが怖い。


■追記
牛男さんが吼えている。一緒に大声で吼えたい気分だ。夜中だけど。
ひとつ質問です。あなたがつらいときに、「大丈夫、がんばりなよ」って言ってほしいですか。それって、ものすごいプレッシャーをあなたに与えていませんか。植民地の人間にミルクティーを飲みながら人権を語ってんじゃねーよ。
金八先生とAKB48

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事